親の心構えフレーズ2012

以前、4歳の息子に対するわが家の子育て方針を紹介しましたが(わが家の子育て方針2012を披露します )その中の親の心構えを考える上でヒントになったフレーズや候補に漏れたフレーズをメモしておきます。



これまで読んできた子育て関連の本からポイントをまとめたフレーズがほとんどです。


●親の役割は子どもが自主的に行うための環境づくり

●親がやりすぎることは、子どもの生きる力を奪うことにつながる

●「高いから大切にして」など、しつけには、お金をものさしにしない

●親が人の意見にすり替えない
例)お母さんに怒られるよ、先生がこう言ったから

●親は答えを与えるのではなく、答えを見つけるための道筋をつけるためのお手伝いをする、いわばコンサルである。

●比べるのは昨日の我が子であり、過去の我が子である

●思いやりのある子に育てたいなら、夫婦がいたわり合う姿を見せなければいけない

●勇気とゆとりを持って待つ

●親は親として人生を生き抜く覚悟が必要である

●悪意のないいたずらは創造の源泉である

●「なぜ、そんなことをしたの?」という禁止のニュアンスではなく、「本当はどうしたかったの?」という意図を引き出す
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント