「苦しい」ときにすべきは、他人との比較ではなくて、「自分との比較」 【心の処方箋 #5】



苦しいときや辛いときに、こう考えると、多少は楽になるかもという内容を拾い出しました。
苦しいときや辛いときに読み返そうと思う。


●「苦しい」や「辛い」は、しょせん脳内物質の働きによるもの。

●「苦しい」と視野が狭くなるので、鳥の目で見てみる。

●あと少しで「苦しい」は「楽しい」に変わる。

●「苦しい」ときほど「楽しい」をイメージするクセを。強引にでも「楽しい」をイメージする。

●「苦しい」ときにすべきは、他人との比較ではなくて、「自分との比較」。

●「海草」のように、受け流そう
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント