子どもが絵本好きになった秘密を公開します

4歳の息子は、絵本が好きです。
読んで、と言ってくることもあれば、ひとりでページをぱらぱらめくって読んで(見て)いることもあります。


なぜ、息子は絵本が好きになったんだろう。

改めて、考えてみました。

今までの子育てを振り返ってみると次の5つの要因が考えられそうです。


1 絵本好きの子どもに育てたいという夫婦で共通の想いがあった


2 毎日、寝る前に絵本を読むことを徹底している


3 「読書の日』を設け、1月に1回、新しい絵本を購入している


4 子どもの目につき、手にとりやすい場所に本棚を置いている


5 本棚に絵本を収納するレイアウトを、毎週、子どもの興味や関心に合わせて変えている


順番にみていきます。



1 絵本好きの子どもに育てたいという夫婦で共通の想いがあった

自分が本好きで、読書から得られるものは、とても大きいという実感がありますので、息子にも本を好きになってほしい。妻もその想いをわかってくれて、息子が絵本に触れる機会を増やすことに協力してくれています。



2 毎日、寝る前に絵本を読むことを習慣化した

息子が絵本に触れる機会を増やす方法として、絵本を読む習慣づけを考えました。
息子が寝る前に、膝の上に乗せ、毎日、絵本の読み聞かせをしています。自分ができないときは妻が、妻ができないときは自分が読み聞かせをします。



3 「読書の日』を設け、1月に1回、新しい絵本を購入している

このブログで何度も紹介していますが、「読書の日」という日を設けています。。毎月12日前後、、私と妻が交互に、息子に絵本を選び、多様な読書の習慣をつけるものです。詳細は以前(家族の読書の日の記事を参照。)





4 子どもの目につき、手にとりやすい場所に本棚を置いている

息子の絵本専用の本棚をリビングに置いています。読みたいときにすぐに手に取れる位置です。

本棚は、何冊か本の表紙が見えるように置けるものにこだわり、1歳の誕生日の時に購入しました。

▼これです




5 本棚に絵本を収納するレイアウトを、毎週、子どもの興味や関心に合わせて変えている

週1回、本棚の絵本のレイアウトを変えています。親として今読んでほしい本、今子どもが興味を持っている本、この2つを目立つように、表紙が見えるように並べているのです。



以上の5つを意識してやってきました。今も継続中です。これらを継続していくことが重要だと思っていますので、これらをやりつつ、他のアイデアもいろいろ考え、試していきたいです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント