2018ロシアワールドカップ貯金

3歳の息子は、サッカーボールを上手に蹴ります。我が家には、小さなサッカーゴールがあるのですが、「シュートぉ~」と言って、ゴールに蹴り込みます。

完全に親の影響です。

というより、生まれてから、徐々に徐々に、サッカーに興味を持ってもらうためのしかけをいろいろしてきたのです。

まず、生まれてからすぐに、小さなぬいぐるみ生地のサッカーボールを与えました。ちなみにドイツワールドカップ仕様のボールです。



1歳の誕生日には、ふわふわの小さなサッカーボールをプレゼントしました。日本代表のエンブレムが付いた青いボールです。



2歳のときには、ワールドカップ南アフリカ大会の開催中だったこともあり、南アフリカ大会仕様のボールをあげました。



3歳になってからは、前述したミニサッカーゴールを家の中に設置しました。いつでもシュートができます。親もシュートしちゃっています。




子どもが歩けるようになってからは、自分が出るサッカーやフットサルの試合に連れて行きました。行きましたというか、今でも連れて行きます。

試合を見せるのはもちろん、試合前の練習のときやハーフタイムのときには、子どもとグランドでボールを蹴ります。

もちろん、公園でボールを蹴り合うこともあります。

ということで、サッカーに興味を持ち始めている子どもですが、いや、持たされているのかもしれませんが、それはおいておいて、この先、本格的にサッカーをしてもらいたいのです。

もちろん、強制はしませんが。

が、工夫はします。願います。祈ります。サッカーしてくれぇ~。


で、かなり前置きが長くなってしまいましたが、今回のブログのタイトルというわけです。

次回のサッカーワールドカップは、2014年にブラジルで開催されます。現在、日本代表はアジア予選を戦っているところです。

その次、2018年の開催地はロシアです。子どもは10歳になっています。
ちょうどいい歳です。
何が、って。
そう、一緒に見に行くにはちょうどいいの歳です。サッカーがよりおもしろくなっている歳でしょう。

あと6年。
がんばって貯金するか。
何十万かかるか知らないけど、6年かけて貯金するか。小遣い削るか。


ただ、ただ、

貯まったとしても、6年後に、子どもがサッカーをやっていなかったら悲しすぎますが。。。。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント