子どもが家に帰ったらやることを習慣化する方法~子ども版タスクリスト~

子どもが家に帰ったら、

靴をそろえていますか?
すぐに手洗いうがいをしていますか?

親としてはなかなか頭の痛いところではないでしょうか。

頭の痛い親御さん必見。
子どもが家に帰ってきたら、やらなければいけないことを確実にやってもらうためのアイデアの紹介です。

ウチでは、3歳の息子が保育園から家に帰ってきたときにやることをリスト化し、楽しみながらタスクを消化する、名付けて「機関車トーマスが応援してるよ!やることリスト」を作りました。

きっかけはこのブログ。
ビジネス書を育児に生かす(1)子供GTD 大人も子供も『ストレスフリーの整理術』: 子供と一緒に大きくなろう



▼お手製のやることリストはこれです。


玄関にこのやることリストを置きます。タスクをリスト化したA4サイズの紙をホワイトボードに貼り付けています。
それぞれのタスクの右隅には機関車トーマスのキャラクターを小さく印刷してあります。
タスクが完了したら、機関車トーマスのキャラクターを貼り付けたマグネットを、タスクの横にある同じキャラクターのところに貼るというわけです。

材料はすべて100円ショップです。
・ホワイトボード 200円
・マグネット×2セット 200円
・厚紙(マグネットにキャラクターを貼るために使用) 100円

昨日、初めて使いましたが、上々の滑り出しでした。

いつも嫌がっていたカバンから荷物を出すのを、「カバンから出したらゴードン(機関車トーマスのキャラクター)貼っていい?」と言いながら一生懸命カバンから荷物を出していました。そして、うれしそうにトーマスのキャラクターのマグネットを貼るのです。

今、一番息子がはまっている機関車トーマスのキャラクターを使ったのは、我ながらいいアイデアでした。

あとは、これを続けていくことが必要です。
楽しみながらできるしかけを作れば、子どもは喜んでやるし、自然と習慣化につながるなと思います。
強制する習慣化よりも、楽しみながら、習慣化したいものです。
子育てはアイデア次第ですね。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント