子どもが大きくなるにつれ寝顔を見なくなる?

先日、3歳の息子の寝顔をひさびさにまじまじと見ました。

もっと息子が小さいとき、まだ、赤ちゃんのときを振り返ると、毎日のように寝顔を見ていた気がします。ときには、匂いなんかかいじゃったりして。

そりゃ、赤ちゃんは、よく寝ているので、寝顔を見る機会が圧倒的に多いといのはあります。

でも理由はそれだけなのだろうか。

最近、3歳の息子の寝顔を見るのが以前より減っている気がします。
同じ部屋で寝ているので、当然、視界には入っています。
まじまじと見る、ということが減ったということです。

だからなんだ、というわけではありません。先日、ふと、感じたことを直感的に書いてみただけなので、話にオチやまとめがあるわけではありませんが、共感する方はいるのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント