MacBookAirを購入する前に知っておいた方がよいこと

 以前の記事(MacBookAirを買おうか悩んでいる方に伝えたい私が購入に至るまでの思考の流れ )で書いたとおり、さんざん悩んだあげくMacBook Air(11インチ)を買ったわけですが、私が購入前に知っておいてよかった内容やあらかじめ準備しておいてよかった内容をまとめておきたいと思います。MacBook Airの購入を検討されている方の参考になればと思います。



1 MacBook Airなどアップル製品には学割がある



MacBookAirやiPadなどApple製品には学割というものがあります。
これが学生だけではないんですね。
Appleのホームページを以下に抜粋します。(http://store.apple.com/Catalog/Japan/Images/promo-edudiscount-mbp.html)

学生・教職員割引の対象
個人購入の学生・教職員・教育関係者の方の個人購入が対象です。
 ◦ 大学生、専門学校生
 ◦ 小、中、高、大学、専門学校の教職員
 ◦ PTAの役員の方


 ここで私が注目したのはPTAの役員も対象になることでした。ウチは、今年、PTAの役員になっているからです。
 さて、いくら割引になるかというと、
 
 MacBook Air11インチは、通常102,800円(税別)ですが、学割で96,800円(税別)となります。一見、安く見えるかもしれませんが、税別です。Apple Storeのホームページで表記されている価格は税別になっているので注意が必要です。ちなみに、私は、10万円を切る金額を見て、思わず即決しそうになりました。

 税込で計算してみると、学割の場合111,024円が、104,544円になります。

 これだと、価格.comなどで最安値を調べて買った方が安かったりします。(カスタマイズする場合はAppleStoreでしかできないのでお得ですが)そこで私は価格.comでMacBookAirの値段を日々チェックすることにしました。


2 価格.comのアプリで常に最安値をチェックしておくとよい



 以前の記事(iPhoneアプリ「価格.com」で最安値が変動した場合の通知の設定の仕方~MacBookAirが気になるから設定してみた~ )で紹介しましたが、iPhoneアプリ「価格.com」でMacBookAirを設定すれば、最安値に変動があったとき、アイコンに数字がつくことで通知してくれます。


私はこれで日々チェックしていました。

でも、買うタイミングって難しいです。今日買ったら明日もっと安くなっていて後悔するかもしれませんしね。
そんなとき、家電芸人が言っていたかあた買いたいときが、買い換え時)という言葉を思い出し、「よし、もうガマンできない。、この金額なら後悔しない。」という購入モチベーションがマックスのときに買いました。

クレジットカードが使える最安値のところで購入したのですが、購入後は、後悔しないように、価格.comからMacBookAirの設定は解除して、一切、価格を見ないようにしました。


3 延長保障のサービスはAppleCareだけではない



Apple careという3年間の延長保障がありますが、2万円以上します。
私は、これまでパソコンやiPhone、iPad miniなどの電子機器を購入したとき延長保証に入ったことがないので、2万円にはちょっと抵抗感がありました。ただ、MacBookAirは、毎日、持ち歩こうと思っていたので、延長保証は気になるところです。

 たまたま、前述した、価格.comで、クレジットカードが使えて最安値のところが、3年延長保証のサービスがあって、約7000円でしたので、それに入りました。
 
 他にも3年延長や5年延長など、店によってはありますので、そういう視点で購入先を検討してもよいかと思います。  
 AppleCareよりは安いところが多いと思います。


4 Mac初心者ならマウスを買った方がよいのか?



 Windowsを使うとき、マウスは必須なので、MacBookAirを買うとき、あわせてマウスを買おうか悩みました。MacはMagic Mouseという有名なマウスがあります。



 ただ、Macのマウスパッドは、Windowsのものとは比べものにならないほど使いやすいと聞きます。
 パソコンを持ち運ぶとき、マウスがあるのとないのとでは、手軽感がぜんぜん違うので、できればマウスはなしにしたいと思っていました。
 
 実際、Apple storeで触ってみたら、確かに使いやすい。
 さらに、次の記事を見てマウスなしでいくことを決意しました。
Macのトラックパッドの操作性のすごさを知らない人に伝える記事 - 非天マザー by B-CHAN



 結果的にマウスはなくてもぜんぜん問題ありませんでした。MacBookAirのマウスパッドは本当に使いやすく、Windowsでマウスしか使っていない私にとっても全く問題ありませんでした。ただ、慣れるまで2,3日はかかりました。でも、あわせてマウスを買わなくてよかったと思っています。MacBookAirのマウスパッドは慣れれば慣れるほど、相当、便利になる気がします。


5 MacBookAirのケースをあらかじめ注文しておく



 私はMacBookAirを購入する決心がつき始めたとき、ケースを探しはじめました。MacBookAirが家に到着したとき、同じもしくは少し早いタイミングで到着するようにケースを注文しておいた方が、MacBookAirをすぐに持ち運ぶことができます。

 基本的には、通勤カバンに入れて持ち運びますので薄くて軽いのがベストです。カバンから出してケースごと持ち運ぶときもあるかもしれないので、できれば取っ手があるとありがたい。しかも、カバンに入れるときは取っ手が邪魔なのでしまいこめるタイプだとなおありがたい。さらに、予算は2000円くらいで。
と、そんな要望を満たすものはあるわけないか、と思っていたらありました。




 これはかなりおすすめです。まず、見た目がスタイリッシュでかっこいい。クッション性が抜群で出し入れがしやすい。MacBookAir11インチがちょうどよい感じで入るサイズです。また、取っ手をしまい込むことができます。あと、ポケットがついていて小物を入れることができます。

 今のところ私は、iPad miniかKindleを入れようと思っています。二つ同時に入れるのはキツいのでどちらかですが。
ちなみに、もう一つ候補として、これをあげていました。取っ手がついていないことと、見た目がおしゃれでない、という理由で却下しましたが、コストパフォーマンスはよさそうです。




6 インストールしたいアプリをあらかじめ考えておく



 MacBookAirを購入した後、なるべく早く自分の望む環境にしたいと思い、あらかじめインストールしたいアプリを整理しておきました。

 購入前には以下のアプリをインストールする予定を立てました。

  • ・Evernote(無料)

  • ・OmniOutliner(6,000円)iOS版(3,600円)

  • ・Googlechrome(無料)

  • ・Simplenote(無料)

  • ・Dropbox(無料)

  • ・Text Expander(44.95ドル 約5500円)

  • ・Mind node 2,000円 iOS版 (1,000円)

  • ・Marsedit (4,000円)

  • ・Scapple (1,300円)

  • ・Skitch(無料)

  •  MacBookAirを買ってから一番使いたかったOmniOutlinerの使い方を覚えるのとMacBookAirに慣れるのに必死で、まだ、全部入れれていませんが、今後の見通しとして、あらかじめ整理しておいたのはよかったと思っています。


    7 おわりに



     今述べてきたことにあわせ、MacBookAirを購入する前に、買った後のことを具体的にイメージしておくと、早く自分の作業環境が整えられてよいと思います。
    関連記事
    スポンサーサイト
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
    にほんブログ村


    子育てパパ ブログランキングへ

    コメント

    非公開コメント