MacBookAirを買おうか悩んでいる方に伝えたい私が購入に至るまでの思考の流れ



1 さんざん悩んだ末にMacBook Airを購入した



先日、ついにMacBook Air(11インチ)を購入しました。購入に至るまでは3ヶ月以上悩みました。
本当に必要なのか?
ワイヤレスキーボードとタブレットの組み合わせではだめなのか?
MacかWindowsか?
買ったはいいけど結局使わなくなったということにはならないか?
など、いろいろ悩み、迷いました。

でも、結論的には買ったのです。

MacBookAirを購入しようか迷っている方も同じような悩みがあるかもしれません。そういった方に少しでも参考になればと思い、私がさんざん悩んだ末に購入した思考の経緯を書きたいと思います。


2 モバイルのノートパソコンが本当に必要なのか?



MacBook Airがほしい、と思ったとき、まず頭に浮かんだのが「モバイルのノートパソコンが本当に必要なのか?」でした。
というのは、外出先で、パソコンで仕事をすることは想定していません。よっぽどのことがない限り、職場から外に仕事を持ち出すことはありません。

ですので、モバイルのノートパソコンを使う目的は専らプライベートです。

では、プライベートでそんなに必要なのか?そもそも何のために使うのか?
まずは根本的な問いです。


(1) 自分の思考を表出するために文章を書く



自分の思考を記録しておきたい、というのがその答えです。

私は、けっこう考えるのが好きなのですが、思考の経過というのは書き留めておかないと忘れてしまいます。そのときそのときの自分は何を考えていたのかを残しておきたいのです。思考の日記みたいなイメージです。そのために文章を書きたいのです。


(a) 思考を文章に表すにはQWERTY配置が最適



文章を書くだけだったら、iPhoneでもいいではないか。今持っているiPadminiとワイヤレスキーボードの組み合わせでも十分ではないか、と自問自答が始まります。

答えはこうです。そもそも自分の思考を表出させるにはキーボードすなわちQWERTY配置が一番考えたことを脳から手に伝えやすいと感じています。

世代的にスマートフォンよりパソコンを触ったのが先だったのでQWERTY配置の方が手に馴染みやすいというのがあるのかもしれません。
iPhoneでもQWERTY配置のキーボードはありますが小さく打ちにくく思考のままに文字を打つには適しません。


(b) iPad miniとキーボードの組み合わせでなぜいけないのか?



パソコンは、iPad miniとワイヤレスキーボードの組み合わせに比べると、ウインドウを複数開けて作業、例えばネットを見ながら文章を書くという動作が圧倒的にやりやすいです。
iPadminiとキーボードの組み合わせがダメではありませんが、やはりパソコンがいいです。


(2) 家で子育てに専念するためにもモバイルのノートパソコンが必要だ



家で6歳の息子と1歳の娘がいるときはパソコンを自粛しようと思っても、なかなかうまくいきません。いっそのこと、仕事帰りの電車の中や退社後のほんのわずかな時間を駅のベンチやカフェでノートパソコンを使い、なるべく家では使わないようにしたいのです。


3 なぜMacなのか?Windowsではだめなのか



私はこれまで約16年パソコンを使ってきましたが、入社した会社のパソコンがWindowsだったということもあり、これまでパソコンと言えばWindowでしか使ったことがありません。

では、なぜMacなのか。


(1) Macのアプリケーションに惹かれた



アウトラインプロセッサの「OmniOutliner」を使ってみたい、というのが大きな理由です。あと、ブログの執筆に便利な「MarsEdit」も気になります。


(2) iOSを使っているので、Macを使ってみたい



iPad、iPadmini、iPhoneを使っていると、iOSの洗練された操作性やアプリケーションに惹かれ、単純にMacを使ってみたいという気になります。

しかも、Windowsは、選んで使っているというより、たまたまた最初に使い始めたから使っているという気持ちがあるので、このままMacを使わずしてWindowsを使い続けるのもどうかと思うのです。


(3) 機動が早くボディが薄い



出先でパソコンを開き、すぐに文章を書く環境を整えたいと思っています。すると、素早い起動と軽くてコンパクトであることが望まれます。
MacBook Airは起動が早いとの評判を聞きましたし、実際、Apple storeで触ったら、確かに早かった。しかも薄いので通勤かばんに入れやすい。


(4) スタイリッシュなデザインに惹かれた



無駄なものをそぎ落としたシンプルな感じが気にいっています。やはり毎日持ち歩くものは愛着がないといけません。


(5) 安くはないが、格別に高いわけではない



Macは高いイメージがありますが、MacBookAirは、まだ納得いく金額です。というのは、Windowsでも安いノートブックはありますが、MacBookAirと同じようなWindows機を探すとそこそこ金額がいきます。


4 買ってどうだったのか



買ってから2週間ほど経ちますが、結論を先に言うと、買ってよかったです。

正直、最初の数日間は、Windowsとの違いに戸惑うことが多く、使いにくいのでは、との不安感がありました。ただ、慣れるにしたがってWindowsよりも使い勝手がよいという印象を受けました。まだ、使い込んでいないので、この先どうなるかはわかりませんが、使いたい、という気持ちが湧いてくるパソコンです。

また、起動が早く、席についてMacBookAirを机の上に出したら、ものの1秒で文章を書く環境が整うのは、自然と笑みがこぼれます。また、ワイヤレスキーボードとは比較にならないほどキーボードが打ちやすいです。

とにかく買ってよかったです。これから金額の価値を見出すかは、自分次第です。商品としては、この金額を出しても満足いくものだと思います。


5 さいごに



MacBookAirを買うときの最後の決めては「何事もチャレンジだ。失敗したと思ったらそこから何かを学べばよい」という言葉でした。別に誰の言葉でもない、私が迷ったときに頭の中に湧いてくる言葉です。

これからはMacBookAirを


  • 文章を書くため

  • 思考するため


  • のマシーンとして洗練させるため、いろいろ使い込んでいきたいと思っています。



    関連記事
    スポンサーサイト
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
    にほんブログ村


    子育てパパ ブログランキングへ

    コメント

    非公開コメント