Text Expanderで文字をタグで囲む方法と呼び出しキーの工夫




Text Expanderの小ネタです。
文字をタグで囲む方法とそれを呼び出すときのキーのアイデアです。

文字をタグで囲む方法



例えば、「文字をタグで囲む方法」という文章を書いたとします。そのあと、その文字を強調したいなぁと思ったら、Text Expanderのcontentには、<strong>%clipboard</strong>と設定します。

私は呼び出すときのキーは「。ふと」としています。
太字の「ふと」です。「。」は何かというと後述します。

で、実際の操作としては、この例でいうと、強調したい文字である「文字をタグで囲む方法」をカットします。そのあと、先ほどText Expanderで設定したキー「。ふと」を入力すると、

<strong >文字をタグで囲む方法</strong>

となります。

これは、クリップボードにある文字を指定したタグで囲むという動作です。


呼び出すときのキーのつけ方



文章を書いていると、文字を書いた後に文字を強調したくなる場合と、あらかじめ次に書く文字を強調しよう、と思うときの2つのパターンがあると思います。

この場合、Text Expanderでは操作が異なります。
前者は前項でも書いたとおり、一度文字をカットし、Text Expanderで設定したキーを叩くことで、カットした文字にタグをつけて貼り付けるという挙動になります。
Text Expanderのcontentとしては<strong >%clipboard</strong>です。

一方、後者のあらかじめ次に書く文字を強調したいときは、まずText Expanderで<strong></strong>を呼び出し、そこに強調したい文字を書けばよいということになります。Text Expanderのcontentは、<strong >%|</strong>となります。

要するに、後で文字を強調する場合と、あらかじめ強調することがわかっている場合ではText Expanderで呼び出す内容が違うのです。

そこで、同じ強調という動作なのに呼び出すキーが違うと混乱するので、こういうルールにしています。

カットして貼り付ける挙動をさせる場合の呼び出しキーは、前に「。」をつける。それ以外は「、」をつける。その後のキーは同様とする。

Text Expanderの設定内容は、具体的にはこういうことです。

▼カットして貼り付ける場合の強調


▼単なる強調


おわりに



Text Expanderは、数が多くなればなるほど呼び出しキーがわからなくなります。ですので、いかに覚えやすいキーをつけるかがミソになると思います。



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント