チャレンジしたがらない子どもに親はどこまで強引に働きかけるのかが悩ましい

行きたがらない息子



6歳の息子に「旅行に行こうか?」と聞いても、「行かない」という返答。
理由は遠いからとのこと。
サッカーのプロの人が教えてくれるサッカー集まりがあるけど行く?と聞いても、「行かない」の一言。
理由は嫌だからとのこと。
山登り行く?行かない。
プール行く?行かない。・・・・


行ってみたら楽しいのに



でも、結局、行くと「今日は楽しかったぁ」と満足そうに言うのです。
行ったら行ったで楽しんでいるんです。
最初のうちは、行ってみたら楽しいということを何度も経験すれば、多少は変わるかな、と思っていたのですが、そううまくもいきません。


行きたがらないしやりたがらない



また、こんなこともあります。
例えば、公園で長い滑り台があるとします。
滑ってみたら?と勧めると「やらない」。
理由は怖いから。
アスレチックがあって、勧めてみても「やらない」の一言。


チャレンジ精神がない?



簡単に言えば、チャレンジ精神がない、というのが私と妻の感想なのですが、それが悪いというわけでもないでしょう。ただ、息子のこれからの人生を考えると、何事にもチャレンジしてほしい、と思うのも親の心というものです。
よく、こういう話になると、成功体験を積み重ねればよい、みたいなことを聞きますが、ウチにはあてはまらない気がしています。

例えば、学校のプールでシャワーが怖くてできなかったので、市民プールに行って練習したら、シャワーが平気になって、学校で先生に褒められたこともありました。ちなみにそのときは説得しつつも半ば強引にプールに連れて行きました。プール以外にも、それなりに成功体験を積んできたはずです。でも、その後のチャレンジする気持ちには変化なしです。


チャレンジ精神のない子どもにどう働きかけるか



こういう場合は、無理にでも連れて行ってチャレンジさせる機会を作るのか、それとも、子どもの意志を尊重して行かないのか。
親としては大変悩みます。例えば、半ば強引に旅行に連れて行ってつまらなかったと言われたり、チャレンジさせて嫌な気持ちになったりするのであれば、あきらめもつきますが、そうでないことも多いのです。
だから、親として強引にいくべきか大変迷うのです。
マニュアル的に言えば、子どもの気持ちを尊重しながらも、チャレンジしてみたいと思わせるような声かけや働きかけをして自らチャレンジする意欲を育むことが大事、といった感じでしょうか。
それが難しいから悩むんです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント