iPhoneの画面が大きくなってもiPad miniが手放せない一番の理由

今、iPhone5sを使っています。iPhone3GSから約2年ごとに新しい機種に変えているのですが、次は12月を予定しています。iPhone6sという名称なのかはわかりませんが、iPhone6と同程度のサイズになるのは間違いなさそうです。

さて、画面が大きくなると、今、使っているiPad miniは使わなくなるのだろうか?iPhone6が発売されたとき、レビューで、画面が大きくなったのでiPad miniの出番が少なくなった、といったものをよく見かけました。

でも、私にとってiPad miniとiPhoneの2つをもつ利便性はかなりあると思っています。

その一番が、iPad miniにワイヤレスキーボードをつないで、iPhoneで調べながら、また、Evernoteに保存したデータを見ながら、文章を書くときです。

iPad miniで、文章を書いているエディタを閉じてEvernoteを起動させることも当然できますが、やはり面倒です。

iPhoneで見ながらiPad miniで書く環境は、かなり使い勝手がよいのです。もちろん、逆のパターン、iPad miniでネットやEvernote見ながら、iPhoneにつないだワイヤレスキーボードで書くというのもできます。

とにもかくにも、iPhoneとiPad miniとキーボードというのは、私にとって、文章を書くときに大変相性のよい3種の神器になっています。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント