子どもと山登りを始めるならまずはこの本『こどもと始める家族で山登り 安全に楽しむコツとテクニック』



今6歳の上の息子が3歳になった頃から家族で山登りをしています。ただ、親の趣味というわけではありません。むしろ、私も妻も山登りなんてしたこともありませんでした。

きっかけは、息子が自然好きということでした。公園に行くと遊具よりも土をいじったり、枝や葉っぱを拾って遊んでいる方ががいきいきとしているのです。遊園地に行ったり街に買い物に行くよりもです。

そこで、山登りとなったわけです。
山登りといっても、大げさなものではありません。ハイキングやトレッキングといった山歩きみたいなものです。

ですので、 ウチはレジャーと言えば、遊園地や行楽地よりも、山登りと公園をまずは考えることになります。
以前の記事(ゴールデンウィークに人混みを避けて子どもと楽しむレジャー先はどこか?)にも書きましたが、今年のGWは山登りに行きました。



ちなみに、1年前に下の子が生まれましたが、首が座ってからは、抱っこして、引き続き家族で山登りを楽しんでいます。

こうして3年以上、家族で山登りを楽しんでいるのですが、山登りの基本も知らずに始めていました。山登り用のシューズは買ったのですが、ただそれだけです。


子どもを連れての山登り、とくに乳児を連れての山登りですので、山登りについて最低限のことは知っておこうと思い、今更ながら、いろいろ本を探しました。

そこで読んだのがこれ。



家族で山登りする基本中の基本がわかりやすくまとめられています。イラストが多く読みやすいです。
山登りを始める前に読むべき本だった、と思いました。
これから子どもと山登りを始める方にはオススメです。


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント