子どもの動画を撮りっぱなしにせず見返すための工夫

子どもの動画を撮りっぱなしで見返していない、ということはありませんか。

動画は写真と違って見返すのに時間がかかりますよね。例えば、子どもが遊んでいる様子を1分撮ったとしても、それが10本あれば、見返すのに10分かかります。

私も6歳の息子と0歳の娘の動画を撮りますが、なかなか見直すことができませんでした。

ただ、このアプリを使い始めてから、見返すのが楽しくなりました。家族で月1回見直すようになったのです。

以前の記事(小学校に入学する子どものために作る応援ムービーはiPhoneアプリ「Film Story」を使ってみる)で紹介したこのアプリです。





私は、月にだいたい50本くらい子どもたちの動画をiPhoneで撮ります。その撮りためた動画を、月1回、このアプリで機械的に最初の5秒だけ切り取ってつなげるのです。最初の5秒でなくていいシーンを切り取ればよいのですが、面倒なので、機械的に最初の5秒にしています。

50本を5秒なので、約4、5分の動画になります。5秒ではありますが、意外に長いものです。これで、1ヶ月の様子を4、5分の動画に凝縮させることができ、見返すと結構面白いものです。家族で1ヶ月を振り返りながら楽しく見ることができています。

Google フォトは、動画や写真を撮りためておくと、自動で複数の動画や写真を編集してつなげて、1つのムービーにしてくれますが、そんなイメージです。

面倒な作業に感じるかもしれませんが、前述したアプリを使って、月1回15分くらいの手間で済みます。

子どもの1ヶ月を4、5分の動画で振り返ることができる、というのは結構いいものですよ。

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント