【絵本レビュー】おとなしいめんどり




最初、私が中身をさっと見ました。平坦な話なので、これでは6歳の息子は食いつかないだろうな、と思いながら、息子に読み聞かせをしました。

すると、もう1回読んでと言い、読み聞かせを繰り返しました。さらに、次の日、ベッドの脇に置いていたのですが、リビングにいるときに、わざわざ取りに行き、自分で読んでいました。

わからないものですね。

親が、子どもは興味を持たないかも、と思ってもそのとおりになるとは限らない。逆もしかりです。

というわけで、息子ウケはよかった絵本でした。
「手伝う」「協力する」「見返り•••」といったキーワードが頭に浮かぶ絵本ですが、ラストの協力しなかったらおやつをもらえない、おやつをもらえなかったから協力するようになる、というのは、私としては子どもの解釈が悪い方にいかないか気になるシーンでした。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント