著者の行動力に脱帽【レビュー】『三国志男』



通勤電車の中で読んでいたのですが、毎日の通勤時間が楽しみでした。通勤ラッシュは嫌だけど、早く読みたいという気持ちが強くて、苦にならない、は言い過ぎですが、楽しかった数日間でした。

ただ、三国志を知らない人はあまり楽しめないかもしれません。三国志演義の名所や遺跡をまわる旅行記ですので、三国志を知らないとありがたみが伝わりづらいですからね。

昔、三国志演義や三国志の正史にはまった私としては、自分も遺跡を見て回りたいと思っていたので、それを実践された本ということで大興奮でした。しかもかなりマニアックな遺跡を、都心から相当離れた場所までバスを乗り継いで行くという著者の行動力に脱帽です。

著者の本を読むのは2冊目なのですが、(以前の記事:【レビュー】感じる科学)1冊目と変わらず、文章がふざけすぎていて(大方よい意味で)、おもしろおかしく読めます。電車の中で笑うのをこらえる毎日でした。



あまりにおもしろく、著者の行動力にも尊敬したので、勢い余って他の著書を、読んだ直後の通勤途中でAmazonで購入してしまいました。






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント