一日二食をやめた理由

以前の記事(昼食を抜いて職場での昼休みは自分のやりたいことをすることにした)で書いた一日二食は、約1ヶ月、試してみました。


昼食を抜いて、その時間、読書やブログの執筆にあてていました。それにより空腹感は耐えれたのですが、結果、昼食を抜いた一日二食の生活はやめることにしました。理由は以下のとおりです。

⚫︎体温が上がらない?


これは実感なのですが、昼、食べないと体温が下がっている気がするのです。冷え、とまではいきませんが、冷えとり生活をしている身としては、あまりよくないのでは、という実感を持ったのです。

⚫︎食は楽しみの一つである


改めて、自分は食べることが好きなんだと気づきました。お腹が空いた、という気持ちとは別に、単に食事を楽しみたい、という気持が出てくるんです。

⚫︎夕食を腹一杯食べてしまう


昼食を抜いている分、夕食をたくさん食べたくなるんです。空腹感もさることながら、意識として、昼抜いたからという理由で夕食をたくさん食べないと満足感が得られなくなってしまったのです。

⚫︎間食や夕方カフェでおやつを食べようとしてしまう


仕事中の出先や早く退社したときなど、カフェに寄ってお茶を飲もうとすると、空腹感と昼を抜いているからという意識から、おやつ食べてしまうのです。

⚫︎できないことはないが、ストレス


昼食を抜くことは、この先もできないことはないと思うのですが、少しストレスになっているのは否めません。

以上の理由から、一日二食の生活をやめることにしました。
以前のとおり、 昼は弁当にしようと思っています。

ちなみに、これです。↓
お弁当コース|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす)

そして、毎食、腹八分目を心がけ、週1回、スポーツジムへ行くことにしていますが、そのときの夕食は抜こうかと思っています。

一日二食の生活は、体の浄化という面では魅力的でしたが、一日三食の中で腹八分目による少食を実践して、冷えとり生活で養生していきます!


それにしても、一日二食を体験してみてよかったです。自分の体の反応に敏感になった気がします。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント