「ほめる子育て」ではなく、「認める子育て」をしたとしても、それは子どもの重荷になっていませんか?

以前、ほめる子育ての弊害について以下の記事を書いたことがあります。

ほめる子育てにはマイナスの影響が!【書評】ほめない子育て -



「ほめない子育」てというより「評価しない子育て」 -


子どもを褒めればいいってもんじゃない -


子どものほめ方は親として深く考えるべきテーマ -




これらの記事を書くことを通じて、6歳の息子への子育てについて、褒めるよりも認める声かけを意識しようと思いました。

ただ、つい先日こんなことがありました。


6歳の息子から「お父さん、すぐに、すごい、がんばってるね!って言うから嫌だ」と言われました。


そのとき、ハッとしました。

息子が絵や字を上手に書けているときなどに、素直な感想として、そういう声かけをしていました。しかも、あえて少し大袈裟に。

正直な気持ちを言ったまで、といえばそうなのですが、息子にとっては重荷に感じていたのか、と反省させられました。

褒めているつもりは全くなく、認めているつもりだったのですが、がんばってるね、という声かけもあまり言い過ぎると、また、大げさにすると、重荷になってしまうのでしょう。


ほめるのではなく認めることを意識しながらも、認める声かけもほどほどにしなければいけないな、と思いました。

結局は、子どもに重荷にならないような、声かけが必要なんだと思います。が、難しいものです。

がんばってるね、とがんばりを認める声かけも時には重荷になることもあるということを親としては肝に銘じておかなければいけません。

マニュアルどおりというわけではなく、状況や雰囲気をみて、また、子どもの性格や特性を考えての声かけが大事なんだと思います。



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント