ScannableのEvernoteの特定のノートブックへの送信履歴の機能に気づき超絶便利になった

最近、便利過ぎて、毎日のようにiPhoneアプリ「Scannable」を使っています。

Evernote Scannable
無料
(2015.04.24時点)
posted with ポチレバ


以前の記事(保育園や小学校のプリントをスキャンするならiPhoneアプリ「Scannable」がオススメな理由 )に書いた子どもが小学校からもらってくるプリントのスキャンや、領収書や給料明細、雑誌の切り抜き、チラシ類など、スキャンしたいものはすべてこのアプリを使っています。



それは、なんと言っても手軽感がハンパないからです。自動で紙のサイズを認識し、自動でシャッターを押して(スキャンして)くれるんですが、そのスピードといったら全くストレスを感じさせません。

ただ、唯一、ストレスを感じていたことがあったのですが、それはこのアプリを熟知していないだけでした。

スキャンしたデータはEvernoteに送ってるんですが、送信先のノートブックって数パターンしかないので、送信したノートブックの履歴が出るといいのに!とずっと思っていました。

でも、あったんですね。気づかなかっただけで。

私と同じように気づいていない方もいるかもしれないので、やり方を共有しておきます。

ただ、厳密に言うと、Evernoteに送信したノートブックの履歴ではなく、スキャンした後のアクションの履歴なのですが、そこに送信したEvernoteのノートブックが出ます。


▼この画面がスキャンした直後の画面です。右下のレを押します。





▼その後、真ん中下のボタンを押すと、Evernoteへの送信やメール送信、共有など、いろいろアクションができます。ここで、Evernoteを押すと送信先のノートブックを選ぶ画面になります。ただ、これだとノートブックを選択しなければいけないので、いつも決まった送信先がある場合は、面倒です。




▼ここで右にフリックするのです。下の「共有」が白くなっていたのが、「最近」が白くなりました。




ここに表示されるのが、スキャンした後に最近選んだ項目ということです。Evernoteに送信していれば、その送信先のノートブックが出ます。
この例でいえば、700番台のものがEvernoteの子ども関係のノートブックです。

こうすれば、全ノートブックからいちいち送信先を選ばなくても、最近送信したノートブックを手早く選んで送信することができます。

もともとあったとは思いますが、最近、気づきました。それからは、スキャンしてEvernoteの特定のノートブックに送る流れが一段と早くできるようになりました。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント