春休みはこれで過ごす『伝説の迷路』と『西遊記』



6歳の息子は保育園を卒園し、今、春休みです。一週間くらいあるので、テレビばかりの生活にならないか少し心配。
そこで購入したのがこの本です。

迷路は迷路なんですが、迷路だけでなく隠し絵があります。これがなかなか難しくて、親でもすぐには見つけられません。

また、絵の世界観も奥深くて引き込まれます。しかも、今、息子がはまっている西遊記をテーマにした迷路もあって息子は夢中の様子。

この本と、以前の記事(子どもが何かに興味を持ったらそれを深めたり広げたりする働きかけをするのが親の役目~妖怪ウオッチの「西遊記」から~ )でも書いた西遊記で春休みを過ごしてほしいと思います。


ちなみに西遊記の上巻は読み終わり、今は中巻です。最初に私か妻が読み聞かせをして、その後は、正直、保育園児には難しいと思いますが、自分で読んでいるようです。






春休みは、別に、読書だけをしてほしい、というわけではありません。また、決してテレビがダメなのではなく、テレビだけにならず、本を読んだり、外で遊んだり、いろいろなことをして春休みを過ごしてほしいのです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント