靴下に穴が開いたのは体の毒素のせい?!

冷えとりをしている方にはよく聞く話だと思いますが、靴下に穴が開くのは毒素のせい、と言っている記事を見かけました。

冷えとりの関連では、当然よく見かける話ですが、特段、冷えとりの文脈ではない中で出てきたのには少し驚きでした。


「靴下の穴」原因は身体の不調かも? 排出した毒素が靴下の繊維を溶かす - Peachy(ピーチィ) - ライブドアニュース



記事によれば、糖分やコレステロール、中性脂肪などの脂分、カドミウム、水銀、ヒ素、アルミニウム、鉛などの有害金属などの老廃物は、自覚のない間に皮膚の毛穴からもたくさん出ていて、特に老廃物を出しやすいのが、足の裏の“指先”。
そのたくさん老廃物が、徐々に足の毛穴から排出され、靴下の繊維を溶かし穴があいてしまうことがある、ということだそうです。






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント