隙間時間の使い過ぎに注意

何もしない時間を過ごす、ということができません。無為な時間がもったいなく感じるのです。

だから、ちょっとでも隙間時間があるとiPhoneをいじってRSSをチェックしたり、ブログを書いたり、本を読んだり、とにかく何かをしないと、時間がもったいない気がするのです。

とくにひどいのが、ほんのちょっとした待ち時間、例えば、電車の改札やレジなどでのわずかな待ち時間でも、iPhoneを取り出して何かをしようとするのです。

こんな感じで、家でも無為な時間は作りません。

隙間時間をうまく使えている、ということなんだと思います。
ただ、それが必ずしもプラスに働いているわけではありません。少しの空いた時間を無駄にしない、という生活を送っているため、ぼーっとする時間や休憩する時間をとらずにしゃかりきになって動いてしまい、知らないうちにどんどん疲れがたまり、あとでまとまってどっと疲れが来ることがあります。

とくに、パソコンやiPhoneをよくさわるので、目の疲れが半端ないのです。

ということで、意図的に何もしない時間を作ろうと思っているのですが、なかなかうまくいきません。

せめて、目を休ませるために、目を使わない時間を作ろうと思い、最近、試し始めたのがこれ。

オーディオブックの活用です。

なかなか何もしない時間を作るのが難しい性格なので、でも、目は休めたいということで、思いついた方法です。

先日、このサイトで「夢をかなえるゾウ」のオーディオブックを、買いました。

オーディオブック配信サービス - FeBe(フィービー)

仕事ではほとんどの時間、パソコンを使うので、1日中、目を使わない、ということはできません。家に帰ってからできるだけ、目を使わず、目をつむってオーディオブックを聞く日をもうけているのです。

パソコンやスマートフォンの発展により、つくづく目を酷使した生活を送っているなと実感していますが、完全に手放すことはできません。

いかにそういったものを使わず、目を休ませるか、ということを意図的に生活の中に組み込んでいなかいといけない気がしています。目をいたわる生活、そんな生活を心がけてみよう、ということです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【隙間時間の使い過ぎに注意】

何もしない時間を過ごす、ということができません。無為な時間がもったいなく感じるのです。だから、ちょっとでも隙間時間があるとiPhoneをいじってRSSをチェックしたり、ブログを書い...