子どもを本好きなにしたいなら図書館× ブックオフ×購入

以前の記事(絵本の読み聞かせがマンネリ化したときにはこれを『頭のいい子を育てるおはなし366―1日1話3分で読める』 )で書いたとおり6歳の息子の読書の習慣が少し停滞してきました。



これまで「読書の日」(読書の日(2012年5月)とその効用 )という日を決めて読書の習慣を作ってきましたが、新たな仕組みが必要なんではないか、と感じていました。



そんなときに出会ったこの記事。

“子どもを本好きにしたいなら、選ばせてはダメ!”「本好きな子」を育てるたった1つのコツ|「自分から勉強する子」が育つお母さんの習慣|ダイヤモンド・オンライン



この記事でのポイントはこうです。

定期的に図書館へ行き、子どもが少しでも気になった本は、5冊でも10冊でもたくさん借りよう。 全部読めなくてもいい。とにかく子どもが気になった本をたくさん選ぶ。読んでも読まなくても、また、翌週に図書館へ行き、たくさんの本に触れる。

ということです。

 「どんな本を読むか」とか「しっかり最後まで読む」というのはまた次のステップの話で、まずは子どもが好きな本をどんどん選んで、手に取ってみることが大切、ということです。


これには私も同感で、以前の記事(子どもを本好きにさせたいならブックオフという選択肢も )に書いたとおり、同じ趣旨で、私はブックオフを活用しようと考えました。この記事を見て、さらに図書館を活用する、という視点も取り入れたいと思います。




ただ、全部、借りる、というのは味気ないと思っています。ある程度は買いたいです。

子どもが大きくなったとき、絵本を見て、当時のことを自然と振り返ることができます。実際、 今、6歳の息子が1、2 歳のときに読んでいた絵本を見ると、懐かしくて当時の思い出がよみがってきますからね。息子も、記憶がある頃に 読んだ絵本を見て、「これ、小さいとき読んだよね」と言うので、当時を振り返っていると思います。

絵本はそういう思い出を自然とよみがえらしてくれるので、全部が全部借りるのではなくて、買うことも大切だと思っています。

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント