オンリーワンもいいけどナンバーワン、自分の中のナンバーワンを目指す姿勢が大事じゃない?!

ナンバーワンにならなくてもオンリーワンでいい?


以前、歌のヒットも手伝って、ナンバーワンにならなくてもオンリーワンに、みたいな言葉がはやりましたね。

子育てをしていると、オンリーワンとナンバーワンという2つのキーワードは、意識せずとも考えさせられることがあります。

そこで、最近、このオンリーワンが意識されすぎて、ナンバーワン、すなわち競争意識が敬遠されすぎているのではないかという違和感を感じます。

運動会しかり、学力テストや通知表しかり、です。

ナンバーワンの必要性



私は子どもの頃からある程度の競争は必要だと思います。社会に出れば競争社会です。社会で自立して生きていけるようにするのが子育てだとしたら、子どものうちから意図的に競争意識を持たせるのは必要です。

ただ、ある程度、です。

ナンバーワンは、自分の中のナンバーワン



もっと大事だと思っているのは、常に今までの自分の中でのナンバーワンを目指すという姿勢だと思っています。他人と比べるのではなく、過去の自分と比べるのです。すなわち自己ベストです。

オンリーワンも大事だけど、ナンバーワンを敬遠するのではなく、常に自分の中のナンバーワンを目指す、常に自己ベストを出す、という心意気を大切にしたいと思っています。それは子どもに対してもそうだし、自分に対してもです。

比べるのは周りとではなく過去の自分です。競争するのは他人とではなく、こまでの自分自身とです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント