人生の優先順位をもつ!【読書メモ】座右の諭吉


福沢諭吉の印象は慶應義塾と一万円札くらいしなかったが、読後は、カラリとした精神をもった超合理主義者、という印象を持った。それは悪い印象ではない。むしろ、 人生の優先順位を持った生き方に共感した。「健康」と「お金」に心を砕く一方、それ以外のこと、例えば、ファッションなどには全く関心を持たない。あれも大事これも大事ではなく、メリハリのあるエネルギーの注ぎ方は見習いたい。


◼︎Action
●精神はカラリと
●自分の基本書をもつ
●人生の優先順位を持ち、どこにエネルギーをかけるかよく考えメリハリをつける

◼︎印象に残ったフレーズ
・人生にグズグズ悩むヒマがあったら勉強
・腹6分目で付き合う(美輪明宏)
・肩書きがなくなったときに何ができるか
・チャンスの女神の後頭部はハゲ
・大切なのは「健康」と「お金」
・根気とマメさ

◼︎引用 ︎・試合の中でしかできないことがある。修正できないことがある(イチロー)
・活用なき学問は無学に等し
・利子で得するならそうしたい気持ちはあるが自分には面倒くさい
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント