仕事はうまくいかなくて当たり前

なぜか仕事ではよく新規事業の担当をします。会社内では誰もやったことのない仕事のため、うまくいかず、ときには心折れることもあります。

そんなときに心に響いた言葉が、以下のブログの記事の中にありましたので、紹介します。



問題の前で、常に前向きであること - Chikirinの日記




何かを成し遂げる人って、ちょっと巧くいかないからって「もうダメだ!」とか思ったりしないんだよね。
「巧くいかなくて当たり前。だって何の問題も起こらないような簡単なコトなら、既に実現できてるでしょ。だったらワザワザ自分がやらなくてもいいわけで」って思ってる。



始めから「うまくいかなくて当たり前」と覚悟するのがミソなんだと思いました。

さらに、以前の記事(仕事は、問題ばかり起こることが前提であり、給料は問題を解決するための対価であるで書いたとおり、仕事は問題ばかり起こるものであり、その解決のために給料をもらっているんだ、という覚悟が必要なんだと思います。



仕事は、問題が起こって当然、うまくいかなくて当たり前。その問題を解決するために給料をもらっている。始めからそう思って仕事に臨まなくてはいけないと心に言い聞かせています。


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント