子どもが小学校1年生になるにあたり小遣い制をどうするか ~小遣いの「係制」という考え方~


以前の記事(子どもが小学校1年生になるにあたり「小遣い制」をどうするかの結論)で、今度の4月で息子は小学生になりますが、まだ、小遣い制は導入せず、導入するタイミングをはかっていると書きました。




小遣い制は「定額制」か「報酬制」か



まだいつになるかわかりませんが、小遣い制を導入するとき、「定額制」にするか「報酬制」にするか。

子どもの小遣いは、毎月決まった金額を与える「定額制」と、お手伝いに応じて与える「報酬性」が一般的といわれています。

さて、ウチはどうするか。

「定額制」では、以前の記事(【読書メモ】かわいい子には「こづかい」をあげるな!
でも書いたとおり、お金に対して主体的に考えなくなるというデメリットが潜んでいるかもしれません。かといって「報酬制」は私の考えにはなじみません。手伝いは家族として当たり前にやるものだと思っています。


さて、どうするか。
今の考えとしてはどちらでもなく、オリジナルな考えとして、「係制」というものを考えています。

小遣いの「係制」という考え方



「係制」とは、何か。
簡単に言うと、こういう考え方です。

お金は親が仕事をすることでもらっている。当然、仕事をしなければお金はもらえない。だから子どもも小遣いをもらうには仕事をしなくてはいけない。

子どもの仕事とは学業と遊びである。よって、思い切り遊べばよいが、学業をおろそかにしては小遣いをもらう権利はない。まずはそれが大前提。

また、同じ屋根の下で暮らす以上、家事は家族の一員として当然みんなが係として分担(掃除係、洗濯係、食事係など)するもの。

当然、年齢によってできることとできないことがあるので、各々ができる範囲の係を受け持つ。係として責任を持って分担してやるものなので、その係の仕事を怠れば小遣いをもらう権利はない。

年齢があがり、家事の分担する内容や責任が大きくなれば、それにあわせて小遣いはアップする。

以上の考え方、すなわち前述した「定額制」と「報酬制」をミックスしたような考え方を「係制」と名づけ取り入れてみようと思っているのです。

まずは、小遣い制を導入するタイミングが来たら、この考え方について、しっかりと妻はもちろんのこと息子と話し合って、お互い理解した上で、進めていかなければいけないと思っています。


■参考
これまで読んだマネー教育関連の本

【読書メモ】6歳からのお金入門


【読書メモ】実践マネー教育


【読書メモ】一生役立つお金のしつけ


【読書メモ】お金のルール


【読書メモ】母と子どものマネーじゅく


【読書メモ】お金のしつけと子どもの自立


【読書メモ】12歳までにかならず教えたいお金のこと




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント