【絵本】ウィリーをすくえ!チム、川をいく





絵本としては、けっこうな長編だと感じました。

ただ、6歳の息子に読み聞かせをしていると、長いので飽きるかな、と思いきや全然そんなことはありませんでした。むしろ、もう1回読んで、と言うくらいウケはよかったようです。

親でも、こういった大冒険のストーリーは先が気になりわくわく感があります。子どもも一緒なのでしょうか。息子は、鼻歌交じりにバックミュージックを歌います。何の歌?と聞くと、自分で考えたといいます。
そのメロディーは冒険ものに合うもので、絵本を読んでインスピレーションで出たメロディーのようです。
6歳になり、そんなこともできるようになったんだな、と感慨深いものがありました。

話が絵本とそれてしまいましたが、ボリュームのある絵本なので、6歳くらいからが最適でしょうか。読んでて、親もわくわくさせられると思います。また、ネズミがカエルを助けにいくというストーリーで、子どもは正義感も感じてくれるのではないかと思っています。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント