【言葉】舟は帆まかせ、帆は風まかせ、辿る船路は潮まかせ

冷えとり健康法の考案者である進藤義晴先生の言葉が胸にしみましたので紹介します。
講演録に掲載されていました。


「舟は帆まかせ、帆は風まかせ、辿る船路は潮まかせ」


物事は何でも無理矢理に突き進むんじゃなくて、周りの潮とか風とか、そういうものに合わせて適当にやって行きながら、それで、だんだんと目的地のほうへ目指すと。そういう意味です。何をやるにしたって、パッと思うとおりにはいかないわけだから、妥協をしたり、時には後退をすることもあるだろうし、色々しなきゃいかんでしょ。


進藤義晴先生講演録「人類よ驕るなかれ」より
※「宿り木の会」で購入可。


///////関連記事///////////
冷えとりの肝 - 育児パパのライフハックへの道

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【【言葉】舟は帆まかせ、帆は風まかせ、辿る船路は潮まかせ】

冷えとり健康法の考案者である進藤義晴先生の言葉が胸にしみましたので紹介します。講演録に掲載されていました。「舟は帆まかせ、帆は風まかせ、辿る船路は潮まかせ」物事は何でも無理矢理に突き進むんじゃなくて、周りの潮とか風とか、そういうものに合わせて適当にやっ...