MacBook AirかWindows機か



モバイルのノートパソコンほしい。
できればMacBook Airの11インチ。
用途は、仕事帰りや昼休みでのブログの執筆やその他の文章作成がメインです。

ここ1ヶ月くらいずっと悩んでいます。
悩みは2つ。

1 iPad miniとワイヤレスキーボードの組み合わせで十分では?



1つはそれだけの用途でノートパソコン、MacBook Airがいるのか。
今、持っているiPad miniとワイヤレスキーボードの組み合わせで十分ではないか。

確かにワイヤレスキーボードが便利すぎて文章を書くだけならそれほど不都合を感じません。むしろ手軽で持ち運びも楽です。

ただ、ブラウザで複数のネットの情報を画面を切り替えならが書いたりするときは、明らかにノートパソコンの方が便利です。


2 MacBook AirかWindowsか



iPhoneとiPad miniをもっていることや、デザイン性、Windowsしか使ったことがないのでMacへの興味・関心などからMacBook Airに魅かれます。しかもMacの「MarsEdit」はブログの更新に大変便利そうです。



しかし、仕事で使っているのはWindows機です。仕事的にはMacを使い込んで詳しくなるより、Windowsを使い込んで詳しくなった方がメリットがあります。

しかも、Windowsで使っていたアプリケーションは使えなくなるのがほとんどなので、アプリ代がかさみそうです。すでにほしいアプリを
見積もったところ、2万円弱はいきそうです。

他、気になることとして3つあります。

通勤カバンが重くなる



今、通勤カバンは、iPad mini、Kindle paperwhite、ワイヤレスキーボード、弁当箱、本1冊、他、ノートや文房具など雑貨が入っており、かなり重いです。毎日が筋トレ状態です。














そこにノートパソコンが加わわるとかなり毎日の通勤がキツくなります。仮にノートパソコンを買ったとしても、iPad miniは持ち歩くと思います。電車の中で手軽にネットを見れるのは手放せません。ノートパソコンを買って減るのはワイヤレスキーボードぐらいです。
そうするとカバンの重量は今よりも増します。


別にMacでなくてもよいのでは?



この問いは自分の中でずっとつきまとっています。
MacBook Airにしたいのは、まず、起動が早そうなこと。あと、前述した「MarsEdit」など、ブログ執筆に便利なアプリが多いこと。他、デザイン性やiPhoneやiPad miniとの連携があげられます。しかし、別にMacじゃなければどうしようもない、というわけではありません。Windows 機でも足りると言えば足ります。


Mac初心者が覚える手間暇



就職をしてから15年以上、ずっとWindows機を使ってきました。この先、今のところで働くとすれば、Windows機を使い続けるでしょう。
正直、いまさらMacを覚えるのは面倒です。そんな時間があったら、ブログを書いていたいと思う一方で、MacBook Airを使ってみたいという思いがあります。



3 さいごに



迷います。
失敗が許されない金額だけに。



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

無意識の力

読書後に本の内容をすぐに忘れてしまう、という声をよく聞く。
全く同感なのですが、私は読書メモなるものを作っている。
読後に要点や感想を簡単にメモとして残しておくのですが、それがかえっていけないのでしょうか。安心してなのか内容をすぐに忘れてしまうことが多いのでです。
でも、以前の記事(ブログのネタに困ったら~「NHK 考える 石田衣良」から学ぶ無意識を意識的に使うということ~)でも少し触れた「無意識」に目をむけるようになってから、忘れる、ということに対しての考えが変わりました。



「無意識の力」というか「無意識の効用」の可能性を感じるようになり、それからは、読書した後に内容を忘れたり、他にも経験したことを忘れたり、そんなことがあってもなげくことはなくなったのです。
それは、それらの内容や経験は意識上から薄くなったとしても無意識下に残っていると信じるようになったからです。

無意識の力をわかりやすく人に伝えたいときや、無意識の効用を考えるとき、決まって思い出す話があります。何かの本で見かけた話で内容を正確には覚えていませんが、およそこんな意味だったと思います。

例えば、誰かに「辞書の中にある言葉をできるだけたくさん言ってください」と言われたとします。そのときに言えなかった言葉だとしても、「この言葉は言っていませんが、知らないのですか?」と辞書の中にある言葉を言われたとき、必ずしも知らないというわけではなく、知っているけど頭に浮かばなかっただけ、ということがあります。これは、普段は意識下に現れない言葉ですが、だからといって知らないわけでもないということです。

およそこんな内容だったと思います。
要は普段意識にのぼらないだけで、無意識下にもこれまで目にした内容や経験がたくさん詰まっている、ということです。忘れてしまった、わけではないのです。意識にのぼりづらくなっただけで、完全に削除されてしまったわけではない、ということです。

一度ふれた内容や経験は、例え忘れてしまっても、体の奥の方にしまいこまれていて、さらにそれは少なからず日々の暮らしになんらかの影響を与えていると思うのです。

私はこの辞書のエピソードを見かけてからは「無意識」というものの力を信じるようになり、例え、読んだ本の内容を忘れても、経験したことを忘れても、悲観することなく、無意識下のどこかに蓄積されて、何かしら自分の直感だったり判断だったり、ものの考え方だったり、暮らしのいろんな場面で知らず知らずのうちに影響を与えてくれてるんだろなと思うようになりました。だから、何事もたくさんの経験をすることは大変大切なことだと思っています。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

方位磁針のついた時計なら「[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック MUDMAN マッドマン タフソーラー 電波時計 GW-9300-1JF 」で決まり

先日、16 年間、使っていた腕時計が 壊れました。
日付が1日ズレてしまうのです。また、日付と時間をあわせるつまみが錆びついてまわりが悪くなったのです。

そこで、新たに購入したのがこれ。




時計に求めるもの



私は、時計にはほとんど興味がないのでたいしてこだわりがありません。

買い直すにあたって、唯一、求めたかったのが、方位磁針の機能です。出張や旅行で電車を降りたときに、方向感覚がなくなることがよくあります。最近では、iPhoneの地図アプリがあるので、迷うことはないのですが、例えば、地下鉄の駅を降りたときや、再検索するときなど、アプリの方位がすぐに定まらないことがあります。

そういうとき、方位磁針があると便利だな、と思っていて、常にカバンの中に方位磁針を入れているほどです。


方位磁針の機能がついた腕時計



よって、方位磁針の機能のついた時計を探しました。
でも、意外に方位磁針がついた時計ってないんですね。
方位磁針の機能のついた時計と、自分の好きな色である赤色の時計を基準に探したところ、この時計にいきつきました。
ちなみに、仕事中も腕につける時計なので、ブラックをベースにワンポイントでレッド、というこれにしました。






使い勝手は



使い勝手はまったく問題ありません。
もともと腕時計に求めるものがあまりないというのもありますが、時間を知るのと、方位を知るのにはぜんぜん不都合がありません。ボタンを1回押すだけで方位がはかれるので便利です。ちなみに、温度が測れたり、ストップウォッチになったり、世界の時間がわかったりと、いろいろ機能がついているようですが、普段は、まったく使っていません。

買ってから気づいたのですが、この腕時計はソーラー電池で、よほどのことがない限り、電池切れの心配をしなくてよさそうなのがありがたいです。


おわりに



この先、10年以上、使うと思うので奮発して買いましたが、よい買い物ができたと思っています。使い始めて1週間くらい経ちますが、まったく不満はありません。

方位磁針の機能を腕時計に求めるなら選択肢のひとつにぜひいれていただだきたいと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

褒め言葉が逆に子どものやる気をつぶしてしまうことも

地元の小中学校のPTA協議会と小中学校長会が出版している親向けの冊子を定期購読しているのですが、8月号で印象に残った内容をメモしておきます。

褒め言葉はタイミングが大切



褒め言葉はタイミングによって逆効果になることがあります。冊子には、こうあります。

例えば、歴史に興味を持って歴史の本を読んでいたとする。そこで「偉いね」という声かけは、自分から喜んで走っている子どもの目の前に、いきなり「褒め言葉」というにんじんをぶら下げる行為、だという。すなわち、走ること自体が楽しかったのに、にんじんをぶら下げられると、その瞬間に子どもの目的はすり替えられてしまうということ。
子ども自身の内側から湧いてくる好奇心以上のにんじんなど、そうそうない。タイミングによっては、せっかくのやる気がなくなるだけでなく、「褒められたくてしているわけじゃないのに」と怒らせてしまう。


確かに、自分の子どもの頃に置き換えて考えてみても、楽しいからやっている行為に対して、褒められると、小学生くらいだと、嫌な気分にはならいし、知らず知らずのうちに褒めてもらおうとする気持ちの方が強くなってしまうことがある、と思います。
さらに、中学生くらいになると、特に反抗期にさしかかると、褒められることで急にやる気がなくなってしまう、ということもあると、自分の経験からも思います。


あまり親が前のめりにならないように



親の関心の示す度合いも大切なファクターになります。

冊子にはこうありました。

例えば歴史の本を読んでいて、親の方が子どもより興奮して「武田信玄か、おもしろいよね。知ってる?川中島の戦いは・・・。」子どもの方は、自分の楽しみを奪われたように気持ちになってやる気をなくしてしまうかもしれない。効果的な声かけは「何を読んでいるの?おもしろそうだね。」など、子どものしていることをに興味を示す言葉。子どもは知る喜びを分かち合えたことでうれしい気持ちになる。
あんまり熱心に興味を示しすぎて親が前のめりになるのも考えものです。特に親の趣味だったり、興味があるものですと、注意が必要です。ついつい、ということがありますからね。


子どもにやる気が見えたとき、親にできること



結局、親は見守るしかないんだと思います。冊子にはこうあります。
子どもがやるきをみせたとき、親にできることは、それほど多くない。子どものやる気が、子ども自身の喜びや楽しみの中で大きく育つように願いながら、静かにニコニコと寄り添う。

あとは、環境整備でしょうか。例えば、ウチの6歳の息子はサッカーをしていますが、まだ、夢中とまではいっていません。サッカーに夢中になってきたら、サッカーの本やDVDを息子の手の届くところにおいておいて、好きなときに見れるようにしておく、など、側面的というか黒子的というか、そういった環境を整える支援ができればいいな、と思っています。
くれぐれも前述のように親が前のめりになって息子の楽しみを奪わないようにしなければいけませんね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

チャレンジしたがらない子どもに親はどこまで強引に働きかけるのかが悩ましい

行きたがらない息子



6歳の息子に「旅行に行こうか?」と聞いても、「行かない」という返答。
理由は遠いからとのこと。
サッカーのプロの人が教えてくれるサッカー集まりがあるけど行く?と聞いても、「行かない」の一言。
理由は嫌だからとのこと。
山登り行く?行かない。
プール行く?行かない。・・・・


行ってみたら楽しいのに



でも、結局、行くと「今日は楽しかったぁ」と満足そうに言うのです。
行ったら行ったで楽しんでいるんです。
最初のうちは、行ってみたら楽しいということを何度も経験すれば、多少は変わるかな、と思っていたのですが、そううまくもいきません。


行きたがらないしやりたがらない



また、こんなこともあります。
例えば、公園で長い滑り台があるとします。
滑ってみたら?と勧めると「やらない」。
理由は怖いから。
アスレチックがあって、勧めてみても「やらない」の一言。


チャレンジ精神がない?



簡単に言えば、チャレンジ精神がない、というのが私と妻の感想なのですが、それが悪いというわけでもないでしょう。ただ、息子のこれからの人生を考えると、何事にもチャレンジしてほしい、と思うのも親の心というものです。
よく、こういう話になると、成功体験を積み重ねればよい、みたいなことを聞きますが、ウチにはあてはまらない気がしています。

例えば、学校のプールでシャワーが怖くてできなかったので、市民プールに行って練習したら、シャワーが平気になって、学校で先生に褒められたこともありました。ちなみにそのときは説得しつつも半ば強引にプールに連れて行きました。プール以外にも、それなりに成功体験を積んできたはずです。でも、その後のチャレンジする気持ちには変化なしです。


チャレンジ精神のない子どもにどう働きかけるか



こういう場合は、無理にでも連れて行ってチャレンジさせる機会を作るのか、それとも、子どもの意志を尊重して行かないのか。
親としては大変悩みます。例えば、半ば強引に旅行に連れて行ってつまらなかったと言われたり、チャレンジさせて嫌な気持ちになったりするのであれば、あきらめもつきますが、そうでないことも多いのです。
だから、親として強引にいくべきか大変迷うのです。
マニュアル的に言えば、子どもの気持ちを尊重しながらも、チャレンジしてみたいと思わせるような声かけや働きかけをして自らチャレンジする意欲を育むことが大事、といった感じでしょうか。
それが難しいから悩むんです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

今週のまとめ記事(2015/7/20-7/25)

寝るときにつける冷えとり生活的マスク
寝るときにマスクは手放せません。喉のケアによいですよ。



【レビュー】母性 
湊かなえさんにハズレ作品はありません。



タスク管理のiPhone/iPadアプリ「2DO」のクイック入力モードが便利 
私的なタスクはもっぱらこのアプリを使っています。



【レビュー】アウトラインプロセッシング入門
アウトラインのとりこになりそうです。




iPhoneの画面が大きくなってもiPad miniが手放せない一番の理由
iPad miniは絶妙な大きさです。



今週の気になった子育てニュース&ブログ記事(2015/7/25) 

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

今週の気になった子育てニュース&ブログ記事(2015/7/25)

毎週土曜日の記事は、その週の気になった子育てに関連するニュースやブログの記事を紹介しています。
子育て世帯やこれから子育てをする世帯に興味がわきそうな記事を数件ピックアップできれば、と思っています。

仕事持つ里親に育児休業を 厚労相に要望 NHKニュース
育児するのだからあってもいいよな、と単純に思いますが。



地方の教育予算が4年連続減 子ども一人当たりの学校教育費も 斎藤剛史 - 産経ニュース
教育費って増加しているイメージがありましたが。




幼児教育無償化 子ども多い世帯など優先 NHKニュース
段階的にやるってことでしょうか。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

iPhoneの画面が大きくなってもiPad miniが手放せない一番の理由

今、iPhone5sを使っています。iPhone3GSから約2年ごとに新しい機種に変えているのですが、次は12月を予定しています。iPhone6sという名称なのかはわかりませんが、iPhone6と同程度のサイズになるのは間違いなさそうです。

さて、画面が大きくなると、今、使っているiPad miniは使わなくなるのだろうか?iPhone6が発売されたとき、レビューで、画面が大きくなったのでiPad miniの出番が少なくなった、といったものをよく見かけました。

でも、私にとってiPad miniとiPhoneの2つをもつ利便性はかなりあると思っています。

その一番が、iPad miniにワイヤレスキーボードをつないで、iPhoneで調べながら、また、Evernoteに保存したデータを見ながら、文章を書くときです。

iPad miniで、文章を書いているエディタを閉じてEvernoteを起動させることも当然できますが、やはり面倒です。

iPhoneで見ながらiPad miniで書く環境は、かなり使い勝手がよいのです。もちろん、逆のパターン、iPad miniでネットやEvernote見ながら、iPhoneにつないだワイヤレスキーボードで書くというのもできます。

とにもかくにも、iPhoneとiPad miniとキーボードというのは、私にとって、文章を書くときに大変相性のよい3種の神器になっています。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【レビュー】アウトラインプロセッシング入門



アウトラインは敬遠していました。本書でも紹介されている「WorkFlowy」 が一時、ネット界隈で大変話題になっていたので、iPhoneアプリを試してみたのですが、正直、使いにくかった。(私の無知が故に使いこなせていなかっただけですが。)

それから、アウトラインには興味を持ちながらもよいツールとの出会いがなく、結果的に敬遠していました。
しかし、最近「アイデアツリー」というWindowsのソフトを知り、また、仕事で大量の想定問答を作らなければいけなくなり、試しにアウトライン(「アイデアツリー」)で作業してみよう、となりました。

そんなときに、以前、見かけた本書を読みたくなり、手に取ったのです。

読後は、アウトラインの可能性を大きく感じ、大変興味を抱きました仕事で使っている「アイデアツリー」も使い勝手がよく、さらにアウトラインに興味をひかれたため、30日の試用期間が終わったら有料プランを申し込もうと思ったほどです。


さらに、プライベートでもアウトラインを使ってみたくなり、プライベートでは、やはり、さまざまなデバイスで使えた方が便利なので、以前使いこなせなかった「WorkFlowy」を再び使い始めようと思いました。

このように、本書は、アウトラインを生活や仕事の中に取り入れてみようと思わせてくれる大変説得力のある本でした。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

タスク管理のiPhone/iPadアプリ「2DO」のクイック入力モードが便利

2Do
840円
(2015.07.15時点)
posted with ポチレバ



プライベートのタスク管理はiPhone/iPadアプリの「2DO」を使っています。
最近、たまたま見つけたのですが、新規のタスク入力にクイック入力というものがあります。

いつぞやのバージョンアップで実装されたと思うのですが、ぜんぜん知りませんでした。私と同じような方がいるかもしれないので、共有しておこうと思います。

方法は簡単です。
アプリを起動したら、右上のプラスを押すと新規タスクの入力画面になりますが、このプラスボタンを長押しすると、クイック入力モードになり、入力が手早くできるようになります。

画面で見てみましょう。

▼これが起動後の画面ですね。右上のプラスボタンを長押しします。





▼するとクイック入力モードになります。




▼ちなみにこれがプラスボタンを長押しではなく、普通に押した場合の新規タスクの入力画面です。



どうでしょうか。
画面で伝え切れたかわかりませんが、使ってみるとクイック入力モードの方が入力が楽なのです。
2DOを使っている方、ぜひ、お試しください。

2Do
840円
(2015.07.15時点)
posted with ポチレバ


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【レビュー】母性



■一口レビュー
愛してほしい。私はあなたをこんなに愛しているのに。
これが、この物語の根底にある一環したメッセージであろう。
ストーリーとしては先が気になりどんどんページをめくりたくなるのだが、このメッセージを感じながら読み進めなければいけないのがなじめなかった。もっと言えば、むしずがはしりっぱなしだった。なぜなら、私は、自分が相手を愛したとしても、相手には期待しないからだ。愛だけでなく、そもそも相手には何も期待しないのだ。それは友だちにもパートナーにも子どもにもだ。そうやって、15年ほど前から生きてきた。
だから、冒頭に書いた、本書の根底に流れるメッセージにはなじめない。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

寝るときにつける冷えとり生活的マスク

寝るときは必ずマスクをつけています。喉の乾燥を防ぐためです。
ただ、使っているマスクは、よくある使い捨てマスクではありません。
冷えとりでおなじみのシルクです。

なんと高価な、贅沢な、という声が聞こえてきそうです。冷えとり生活を送っているから天然素材にこだわっている、というのもありますが、使い捨てマスクをバンバン使うよりは、洗って繰り返し使えるシルクマスクの方が経済的だったりします。

以前の記事(寝るときのマスクは肌触りのよいシルク)でも書きましたが、シルクマスクはこれを使っています。




ただ、最近、老朽化してきましたので、買い直そうと思ったのですが、ワンランク上のマスクを購入しました。これです。


冒頭のマスクよりも多少値ははりますが、つけ心地は抜群です。ふんわり肌によりそうような感覚です。耳にかけるヒモの長さを自由に調整できるのは便利です。

毎日使うものには、多少値がはっても、こだわってもいいのではないかと思っています。
ちなみにこのマスク、超人気商品なので、1回につき1つしか買えません。しかも、売り切れのことが多いのでめげずにチェックしてください。夏は比較的、買えますが、冬はなかなか手に入れるのは難しいと思います。
心地よい睡眠のために試してみてはいかがでしょうか。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

今週のまとめ記事(2015/7/13-7/18)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

今週の気になった子育てニュース&ブログ記事(2015/7/18)

毎週土曜日の記事は、その週の気になった子育てに関連するニュースやブログの記事を紹介しています。
子育て世帯やこれから子育てをする世帯に興味がわきそうな記事を数件ピックアップできれば、と思っています。

なぜ大きく報道されないのか? ママ友のいじめで母親2人が自殺 - ViRATES [バイレーツ]
いじめは、子どもばかり注目されますが、大人だってあるんだと思います。大人がそうなんだから子どものいじめをなくすのは難しい。



「子どもいらない」独身の若者、増える傾向 厚労省調査:朝日新聞デジタル
経済的にも精神的にもキツいイメージがあるんでしょうね。子どもはいいもんですよ。


「あなたのため」が「教育虐待」に変わるとき | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
子どもへの愛情が深いほど、この「教育虐待」を気をつけなければいけないと思います。無意識にやっている場合が多いですから。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

ビデオカメラで撮った画像をiPhoneやiPadで見たいならこのビデオカメラで決まり「Canon デジタルビデオカメラ iVIS HF R62 光学32倍ズーム」子どもとの夏のレジャーのお供にどうでしょう




ウチは6歳の息子と1歳の娘がいますが、子どもの写真と動画はすべてiPhoneで撮っています。手早くシャターチャンスを逃さず撮るには、常に携帯しているiPhoneが最適だからです。

ただ、運動会や生活発表会(学芸会)など、遠くから撮るときは、iPhoneでは具合が悪い。望遠というか拡大すると画像が粗くなってしまうのです。
そうはいっても、息子が保育園のときは、なんとかiPhoneでも撮れる距離でしたので、なんとなりました。


今年の4月から小学校にあがり、運動会は、確実に保育園のときよりも、遠くから撮らないといけない。そうなると、ビデオカメラを買うしかないか、となります。

しかも、先日、息子がJリーグのチームのサッカー教室のイベントに参加することになったため、買うならこのタイミングだと思いました。

でも、これまで写真と動画はiPhoneで撮って、Googleフォトに保存し、iPhoneやiPadで見ているため、ビデオカメラもmp4の形式でないと管理がしづらい。

そこで、mp4の形式で保存できるビデオカメラを探しました。
あまり探す時間がなかったというのもあったのですが、特に比較もせず、そもそもmp4で保存できるビデオカメラが少なそうだったので、これにしました。




使い勝手はというと、まったく問題ありません。
初めてのビデオカメラだったのですが、使い方は直感的にわかりますし、何よりも軽いのにビックリ。あたり前ですが、32倍の望遠はiPhoneにはない、ビデオカメラの強味です。

まだ1回しか使っていませんが、素直に買ってよかったと思っています。
mp4で保存できるので、iPhoneやiPadでも問題なく再生できます。


iPhoneやiPadで写真や動画を管理していてビデオカメラで撮ったものもiPhoneやiPadで見たい、と思っている方は選択肢の一つに入れていただきたいと思いました。

特に、夏休みに入り、子どもと出かけることが多くなる時期だと思いますので、夏のレジャーのお供にどうでしょうか。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ