iPad卒業証書を見て、加速するデジタル教育を改めて感じた

12年後に開くタイムカプセルや祝辞を収めた「iPad卒業証書」を多摩市立愛和小学校で卒業生に贈る - ねとらぼ



卒業式で「iPad卒業証書」とは。
愛和小学校は、生徒1人に1台iPadを支給し、3Dプリンタを用いた授業を取り入れているそうです。

今後、デジタル教育は、ものすごいスピードで普及していきそうですね。

親もついていかないと、家庭での子育てや教育が片手落ちになってしまいかねない、そんな懸念を持っています。

デジタルとアナログのよいところを家庭教育に取り入れる「デジアナ教育」を実践していきたいと思っています。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子どもとのレジャーの行き先を調べるならiPhoneアプリ「コモリブ」はどうですか


子どもとのレジャーの行き先を探すときに使えそうないい感じのアプリを見つけました。




見つけたばかりで、まだ、使い込んでいないので、まずは基本的な機能のご紹介です。

▼子育てパパママが投稿したおすすめスポットが閲覧できます。行ったことがある人の生の声が聞けるのはいいですね。
指定した地域の投稿だけ表示されるとありがたいのですが、できるかわかりませんでした。




▼もちろん子育て世帯におすすめスポットの検索ができます。
地域を絞ったり、オムツ替えやベビーカーの利用が可などの条件も絞れます。




▼現在地から探すこともできます。




以上、基本的な機能でした。まだ使い込んでいないので、ある程度、使ったらまたレビューしたいと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

今週のまとめ記事(2015/3/23-3/28)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

今週の気になった子育てニュース&ブログ記事(2015/3/28)

毎週土曜日の記事は、その週の気になった子育てに関連するニュースやブログの記事を紹介しています。
子育て世帯やこれから子育てをする世帯に興味がわきそうな記事を数件ピックアップできれば、と思っています。

児童虐待の通告 最多の2万8000人超 去年 NHKニュース
毎年増えてますが、それでも氷山の一角の気もします。


<どうなるの?子育て支援> 待機児童の数え方:暮らし:中日新聞(CHUNICHI Web)
中日新聞 CHUNICHI WEB MENU SEARCH ...
保育園に入れないから育児休業を延長したのに待機児童として数えない、というのは違う気がしますが。


荒川区が全小中学校にWindowsタブレットを導入、児童1人1台環境は国内初 | エンタープライズ | マイナビニュース
ついに一人一台の時代が来ましたか。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

小学校に入学する子どものために作る応援ムービーはiPhoneアプリ「Film Story」を使ってみる



4月の入学式を経て息子は小学生になります。
親として何ができるか、と考えたときに、少しでも不安を取り除いてあげられないか、と思い至りました。

そこで、応援ムービーを作ることを思いつきました。

生まれてから今日まで撮りためた写真や動画を使ってメッセージ(字幕)つきのストーリー性のムービーです。

小学校は楽しいことがたくさんあるけど、つらいことも出てくる。でも大丈夫。そんなときはこれまでの楽しかった思い出を思い出してごらん。これまで頑張ってきたことを思い出してごらん。どんなことがあってもお父さんとお母さんは味方だし応援してるよ。

という趣旨を伝えるムービーです。


今、このiPhone(iPad)アプリを使って通勤途中の電車の中でちまちま作成中です。4月の入学式までには完成させて、入学式前日に家族で見る作戦です。





また、できあがったら、アプリの使い勝手などをレビューできたら、と思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

卒園式の3つの感謝

今日は長男が5年間通った保育園の卒園式。

担任の先生をはじめ保育園の職員の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!

そして、長男の友だちにも感謝です。お互い育ち合いみんな立派になりました。
ありがとう!

最後に妻に。長男が、ここまで素直で純粋な子どもに育ってくれたのは、妻のおかげです。
ありがとう!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

もうすぐ1歳の子育てPointメモ ~こどもちゃれんじベビーの「おやこですくすく1歳号」より~

もうすぐ1歳になる第2子の娘がとっているベネッセの「こどもちゃれんじベビー」の親向けの冊子「おやこですくすく1歳号」の中で、今後の子育てで意識しておきたい内容がありましたので、メモしておきます。

第1子の子育てのときに学んだことやできていたことでも、忘れてしまっているというか、意識できていないことってけっこうあるんですよね。
こどもちゃれんじの親向けの冊子はそれを気づかせてくれるので、6歳の長男もこどもちゃれんじをとっていますが、下の娘もとってよかったと、改めて思いました。


3つのPointメモ



1歳の子には、先回りせず寄り添う姿勢が大切


危険でなければやりたい遊びを見守る、一緒に夢中になって遊ぶなど、先回りせずに寄り添う姿勢が子どもを伸ばします。

1歳はさわって、試して発見していく時期


1歳頃は、「自分から行動して、結果を確かめる」遊びが盛んになる時期。その繰り返しの中で因果関係を理解する力や予測する力が育つ。

1歳の子のうまく話せないけど「伝えたい」気持ちを受けとめることが大切


1歳頃の子どもは、一生懸命気持ちを伝えようとする。その気持ちを親が受けとめ反応することが赤ちゃんにとっては心地よい体験。こうした「気持ちの交流」が言葉の力を育てる基礎になる。

■言葉の土台を育むコミュニケーションの3つのポイント
○赤ちゃんのまねとやりとりで「伝える楽しさ」を感じさせる
○聞き取りやすく言いやすい言葉かけをする
〈コツ〉 
 ・繰り返しのある言葉を使う
 ・声のトーンを高くする
 ・ゆっくり、はっきり話す
 ・短い文で話す
○赤ちゃんの興味に応じて言葉をかける


さいごに


この時期は、いろいろ難しく考えがちですが、冊子の中にある言葉「今だけを見て心配しすぎず、長い目で成長を見守る」が一番親としては大切なんですよね。改めて気づかされました。

あと、赤ちゃんのかわいい喃語が聞けるのは、この時期が最後、ということを忘れてはいけませんね!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

もう同期が遅いなんて言わせない!「Awesome Note」がEvernoteで日記を書くならオススメな理由

Evernoteを使っている方は、iPhone(iPad )アプリ「Awesome Note」を使っていた方は多いのではないでしょうか?使ってはみたもののEvernoteとの同期が遅すぎて使うのはやめた、という方が多い気がします。



私も3年くらい前まで、以前の記事に書いたように(以下参照)タスク管理やエディタなどで多用していました。
【生活】「AwesomeNote」の使い方


【生活】タスク管理のアプリを「Egrelist」から「AwesomeNote」に変更


【生活】iPhoneアプリ「Tap2Ever」は「AwesomeNote」との連携で文字化け


ブログのエディタはAwesomenoteで決まり


ただ、Evernoteとの同期が遅すぎて使うのをやめました。見た目がかっこよく、多機能というアプリだったので、使い続けたかったのですが、同期の遅さは使えるレベルではなかったのです。


もう同期が遅いなんて言わせない


最近、ひょんなことから、久々に起動してみました。(削除していたのでわざわざインストールして)

すると、どうでしょう。
Evernoteとの同期が恐ろしく速くなっているではありませんか。まさに爆速です。いつの間にやら•••。

そこで何か使い始めることに。


「Awesome Note」はEvernoteの日記管理に最適



なぜなら「Awesome Note」はカレンダーでノートを管理できます。具体的には、カレンダーで何年何月何日を選べばその日のノートをすぐに取り出せるのです。


▼こんな感じで年間カレンダーから特定の日のノートをすぐに探せます。





▼月間でも見れ、月間だとノートの名前が出ます。数字になっているのは、私が日記のノートの名称を日付にしているからです。




日記は読み返してこそ価値があります。昨年の今頃は何してただろうか?
昨年の週末はどこにいっていただろうか?
など、私はよく考えたりしますが、そのときに見返しがしやすいのです。

純正のEvernoteでも検索できないことはないのですが、「Awesome Note」の方が便利なのは間違いありません。

というわけで日記の閲覧をメインに使っています。他には日記の関連ということでこんなふうに使っています。トップページを見ていただいた方が早いでしょう。ノートブックはこんな感じにしています。




「Diary」は今見てきたとおり日記。「教訓決意反省」は、日記と重複するのともありますが、日々の生活から得た教訓や、何かの決意、今後繰り返したくない反省した内容を入れています。また、「Life log」は、日記以外の自分にまつわるログを入れています。


最後に



アプリによっては進化していきますので、使えないという烙印を押したものでも、気に入った部分があったアプリなら、今後のアップデートを期待して削除せずにiPhoneに入れておいてもいいかもしれませんね。

ちなみに、「Awesome Note」は日記の閲覧用に使っていると書きましたが、日記を書くのは別のアプリを使っています。




使っているのはこれです。




私は日記は隙間時間にちょこちょこ書くんですが、その使い方にもってこいなんですよね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

チャレンジ1年生の親向け冊子の特集「1年生スタートの今が肝心!「勉強大好き!」になるほめ言葉」のポイントをまとめてみた

息子が1歳の頃から始めたベネッセのこどもちゃれんじですが、いよいよ進研ゼミ小学講座「チャレンジ1年生」になりました。

今回は「チャレンジ1年生」の親向けの冊子「チャレンジ通信4月号」の中で参考になった内容を紹介します。
特集は「1年生スタートの今が肝心!「勉強大好き!」になるほめ言葉」です。

チャレンジ1年生のコンセプトは「わかった体験」



チャレンジ1年生のコンセプトは、子どもを「わかった体験」へ導く、ということのようで、共感できなかなかグッドです!


チャレンジ1年生で伸ばす力は3つ



チャレンジ1年生では次の3つの力を伸ばすことを目標にしています。

○学力
特に国語と算数の基礎学習、よく考える姿勢を身につける
○学習力
親と決めた学習の約束に従い学習する力
○知的好奇心
身のまわりのことへの興味や疑問から想像力・知的好奇心を育む


勉強大好きになるほめ言葉


さて、前置きが長くなりましたが、ここからが今回の特集記事で参考になりそうな内容です。

■1年生の子どもには、勉強タイムでの親の関わり方がカギ


→勉強へのやる気を伸ばすには親の「ほめ言葉」が大事


■ほめポイント



○勉強に向かう姿勢をキャッチしたら
→なかなか動かなくても叱らず子ども自身に気付かせる声かけを

○字のはねやとめなど、細かい部分をほめることで細部まで丁寧に書く意識につながる

Point
●できてからほめるより、ほめてできるように、という意識
●結果ではなく取り組んでいる様子、プロセスに注目
●できて当然のこともほめる
●できないことを責めるよりできたことをほめる姿勢
●自分でどんどん進められる場合でも、放っておくのはダメ。小さい部分を認め、丁寧に取り組むことの大切さを意識させる
●いろいろな角度からほめポイントを探す


でも、まず大事なのは毎日勉強すること!です。



人間関係で大切なこと



○家庭は子どもにとっての安全基地

○自分の子どもへの声かけが「共感系」が響くのか「励まし系」が響くのかを見極める

○難しいのは不安を表現せず平気そうにしている子。「不安だよね」と声をかけ、「うん、ドキドキする」と表現できる場を作ることが大切。


考える力をどう身につけるか



○なぜだろう?という疑問が出てきたら深く考える意欲を高めるチャンス
→「なぜだと思う?」と問いかけ「答えを出す方法」を親子で見つけ出すことが重要。自分で調べて答えを見つけられたことの嬉しさを味わえ、何事もまずは自分で考えるクセもついてくる

○考える過程に着目する

高学年になってから「なぜだと思う?」という問いかけを始めても素直に自分で考えようとしてくれない
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

今週のまとめ記事(2015/3/16-3/21)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

今週の気になった子育てニュース&ブログ記事(2015/3/21)

毎週土曜日の記事は、その週の気になった子育てに関連するニュースやブログの記事を紹介しています。
子育て世帯やこれから子育てをする世帯に興味がわきそうな記事を数件ピックアップできれば、と思っています。

男性の出産後休暇80%目指す 少子化社会対策大綱決定:朝日新聞デジタル
こういう流れはいいですね。



「泣かなくてえらかったね」が子どもの感情を奪う? 心理学者が指摘する、日本の子育ての問題点|ウートピ
記事のタイトルをみてハッとさせられました。「よく泣けたね」っていう声かけだって必要ですよね。



小中一貫「義務教育学校」 設置しやすく NHKニュース
義務教育学校、初めて聞きました。今後、増えていくのでしょうか。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

ブログのネタに困ったら~「NHK 考える 石田衣良」から学ぶ無意識を意識的に使うということ~

普段、ブログのネタになりそうなことはEvernoteの「アイデア倉庫」というノートブックに入れています。最近、ネタに困って、このノートブックの中の古いノートを見ていたのですが、なかなか興味深い内容が出てきました。

ノートのタイトルは「アイデアの出し方」になっていました。まさに、今欲しい情報です。

内容はというと、2008年1月9日(水)に放映されていた「NHK 考える 石田衣良」のメモでした。
以下が、それです。

●心を2段階に使う
①理性の段階
②さらに下の段階(無意識)
→他人のような感じだから石田衣良さんは「彼」「あいつ」と呼んでいる

※アイデア出しはリラックスが必要
おもしろさの種を探す。必死になるとひらめかない。リラックスが必要。
※①と②の共同作業がおもしろい。
”考えているのは僕のなかの「彼」”

メモは以上ですが、番組を見ていないと何のことかわからないかもしれません。

番組の詳細は忘れてしまいましたが、ポイントは、無意識を意識的に使うということです。

アイデアを出そう出そうとやっきになるのではなく、出したいアイデアのテーマを常に意識しておくことで、ふとした拍子にアイデアがポッとでるというのです。

それを、石田衣良さんは自分が考えている感覚ではなく、他人、「僕の中の彼」という表現をされていましたが、彼が考えているという感覚です。すなわち、アイデア出しを、理性だけではなく、無意識を上手に意図的に使うのです。

無意識という計り知れない力を意図的に使ってみるのも面白そうです。

さあ、「私の中の彼」がネタを考えてくれるでしょうか。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【レビュー】心がざわついたときには『暮らしのヒント集』




◼︎レビュー


暮らしのヒント集は「2」と「3」に続き3冊目に「1」を読むことになりました。いずれのシリーズも日々の暮らしの慌ただしさを見つめ直すきっかけになり、穏やかに、丁寧に、日々を暮らす大切さを思い出させてくれます。
心がざわついてきたとき、暮らしが慌ただしくなったとき、そんなときに読み返したい本です。

新年最初に読む本はおだやかな気持ちになれる本がベスト ~『暮らしのヒント集3』~




◼︎読後の行動・意識


●見て見ぬふりをやめる
●ゆっくり丁寧に暮らす
●何もしない時間を大切にする

◼︎引用


○どんなことでも、まずはお金を使わずにできるかを考えてみましょう
○ときには家のなかでの休暇を楽しみましょう。何もしない一日と決めて、心とからだを休めるのも、充実した休暇のひとつです。
○常に水分を多めにとりましょう。軽い脱水症状で起きる頭痛の予防になります。
○毎日の暮らしのなかで、見て見ぬふりはやめましょう。そういう癖を身につけてはいけません。
○仕事も暮らしも自己中心的になっていませんか。常に周りの人の気持ちやつごうを察してあげることが大切です。感謝の気持ち忘れると、自己中心的になりがちです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

ワイヤレスキーボードは「Universal Mobile Keyboard(Microsoft)」より「リュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボード」がベスト?



3月6日に発売されたMicrosoftのUniversal Mobile Keyboard を早速買って一週間ほど使ってみましたが、不満の残る結果となってしまいました。

不満点



iPad mini2とiPhone5sで使った結果です。

○iPad miniでは、コピーやペーストのショートカット、ホームボタンが使えない。iPhoneでは使えるのに。

○iPhoneでは文字変換の動きが遅すぎて使えるレベルではない。ワイヤレスキーボードを使わないときに問題はない。また、iPad miniでワイヤレスキーボードを使っても問題ない。iPhoneで使ったときだけの問題点。

以上、不満点は2つだけで、それ以外は概ね満足しています。ただ、このの2つってけっこう致命的なんですよね。

対応



結果、金銭的には大変大変痛いですが、カフェなどでブログを書くときにワイヤレスキーボードは大変重宝するので、買い直そうか考えています。

これまで使っていた4年くらい前に買ったリュウドのキーボードが使いやすかったので、その後継機を考えています。最初からこれにしとけばよかった、と少し後悔。



これら2つのワイヤレスキーボードの比較は機会があったら記事にしようかと思います。


ちなみにもったいないけど買い直そうかと思い始めたのはこの記事の次の言葉を見て背中を押されました。

ビジネスタブレットのお供に:長文入力には欠かせない!――Bluetoothキーボードはこう選べ iOS編 (3/3) - 誠 Biz.ID




ありきたりな結論ではあるが、まず1台を懐具合に応じて買い、実際に使う。その上で、気になる機種を比較し、買い直すという道を繰り返さねば、自分にとって理想のキーボードは見つからないのかもしれない。


理想のキーボードを見つけるためにはそれなりの投資と失敗が必要なんだ、と自分に言い聞かせます。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

靴下に穴が開いたのは体の毒素のせい?!

冷えとりをしている方にはよく聞く話だと思いますが、靴下に穴が開くのは毒素のせい、と言っている記事を見かけました。

冷えとりの関連では、当然よく見かける話ですが、特段、冷えとりの文脈ではない中で出てきたのには少し驚きでした。


「靴下の穴」原因は身体の不調かも? 排出した毒素が靴下の繊維を溶かす - Peachy(ピーチィ) - ライブドアニュース



記事によれば、糖分やコレステロール、中性脂肪などの脂分、カドミウム、水銀、ヒ素、アルミニウム、鉛などの有害金属などの老廃物は、自覚のない間に皮膚の毛穴からもたくさん出ていて、特に老廃物を出しやすいのが、足の裏の“指先”。
そのたくさん老廃物が、徐々に足の毛穴から排出され、靴下の繊維を溶かし穴があいてしまうことがある、ということだそうです。






関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ