制約があるからこそ生まれてくる何かを見つける


脚本家の三谷幸喜氏の笑いの世界観が好きで氏の創作の過程に興味があり読んでみました。




ドラマや映画などの脚本を作る上で、制約があるから面白いものを作れる、といった内容が随所に出てきます。自由であるより「制約」があった方がよい、というのです。
制約をマイナスにとらえるのではなく、むしろプラスに考える姿勢が印象的でした。

以前、何で見たのか忘れましたが、誰かが言っていた「サッカーは手を使えないという制約があるから面白いのだ」という言葉を想起しました。スポーツ全般そうですが、ルールという制約を設けているから面白いのです。

「制約」を不自由さではなくプラスにとらえる考え方は、日頃の生活に取り入れられないだろうか。「制約」を感じたら、制約があるからこそ生まれる何かを気にしてみたい。そう思いました。


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

■今週のまとめ記事(2014/3/24-3/29)


子どもの初めての自転車を「ラクショーライダー」にした理由
この自転車ホントいいです。

子どもに小遣いをあげない方がよいのか?
これからじっくり考えていきます。

スマホを活用したベビーモニターなどの子育てサービス
これからこういったいろんなサービスがでてきそうです。

【読書メモ】3日食べなきゃ7割治る
食べなきゃ元気が出ない、という考えは改めた方がいいと思っています。

他人に腹がたったら相手の言動の意味を探してみる
こちらに心の余裕がないと、なかなかできませんが。

■今週の気になった子育てニュース&ブログ記事(2014/3/29)


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

■今週の気になった子育てニュース&ブログ記事(2014/3/29)


毎週土曜日の記事は、その週の気になった子育てに関連するニュースやブログの記事を紹介しています。
子育て世帯やこれから子育てをする世帯に興味がわきそうな記事を数件ピックアップできれば、と思っています。

「ベビーカーマーク」作成 交通機関などに NHKニュース
もうすぐ第2子が生まれる私としてはうれしいです。


「子育て世帯臨時特例給付金」とは 15歳までの子供1人につき1万円
申請を忘れないようにしなくては。


ママの工夫次第! 子どもに片付けや掃除を習慣化させるポイント3つ | ライフ | マイナビニュース
ビデオにとる、というのはおもしろい。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

他人に腹がたったら相手の言動の意味を探してみる


自分には理解や納得できない他人の言動に遭遇し腹が立ったとき、最近、こう思うようにしています。


理解や納得できない他人の言動に遭遇したときは



①それに対して何も考えないようにする

②その言動の意味を考えてみる


①何も考えないようにする



理解や納得できない他人の言動に遭遇したら、それに対して何も考えないようにする。何も思わないようにする。
それができれば苦労はない、のですが、まずはそうしてみる。試してみる、というステップを踏んでみたほうがいいと思います。



言動の意味を考えてみる



①ができなければ、相手の立場になって、その言動にどういう意味があるのか、なぜ、そういう言動をとったのか、または、そういう言動をとらざるを得なかったことは何か、を考えてみます。

もともと理解や納得できない相手の言動なので、なかなか難しいですが、頭をひねって考えてみます。ひねり出してみるのです。探してみるのです。無理やりにでも答えを出してみるのです。

出てきた答えが、正しいかわかりませんが、そう考えているうちに、腹立たしい気持ちも少しは薄れてくることがあります。

さらに、相手の立場に立って、相手の気持ちをくんで、物事を考える習慣にもなります。


おわりに



もともとこういう考え方を持っていたのですが、最近は、より努めてこう考えるようにして、心の平穏を維持しています。

また、相手の言動の意味を相手の立場に立って考える、というのは子育てにも通じるものがあると思っていますが、それはまた別の記事で。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【読書メモ】3日食べなきゃ7割治る





読後、行動しようと思ったことなどは以下のとおりです。
読後は、その本をきっかけに「何をしようと思ったか」や「どう行動したいのか」を「Action」として3~5つ程度にまとめるようにしています。
他、「keyword/keyphrase」は印象に残ったキーワードやキーフレーズ、 「impression」は印象に残った内容、「discovery」は発見や気づき 、「quotation」は引用したくなったフレーズ、「Point」はその本のポイントを、本によってですが、まとめるようにしています。

Action
●6つの養生を実践する
①頭寒足熱
②少食(腹八分)
③長息(数息観)
④感謝
⑤他人本位(利他)
⑥笑い
●週1回のファスティング(断食)
●空腹を楽しむ

keyword/keyphrase
•食べない工夫

impression
食べたい量だけ食べるのが正しい食生活ではなく、「食べたい量の半分」が正しい食生活である。

point
○カロリー至上主義は誤りであり、食べる量を半分にすれば2倍長生きするという実験結果がある
○5つの奇跡の療法
①少食②笑い③感謝④長息⑤筋トレ
筋肉量と運動量に起因する若返りホルモン「マイオカイン」
○ファスティング(断食)
消化よりも治癒、免疫、排毒(宿便の排泄など)にエネルギーを使うことができる
他の遺伝子を傷から守る長寿遺伝子が発動する

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

スマホを活用したベビーモニターなどの子育てサービス


興味深いスマホの子育てサービスを見かけましたので紹介します。

スマホを活用した子育てサービスをソフトバンクが開始



ソフトバンクがソフトバンクグループの母親社員サークルと共同で開発したものだそうです。

サービス内容を記事から抜粋しておきます。
スマホなどで赤ちゃんの様子が見守れる“ベビーモニター”や、“写真や成長記録を一生分(容量無制限)残せるサービス”、“妊娠・育児情報”や“専門家への電話無料相談”、“月齢にあわせたレシピの閲覧、食材宅配”など多彩なコンテンツを取りそろえている。



もうすぐ第二子が生まれるので、サービスとしては興味ありますが、月額800円というのが•••。

ただ、母親目線で開発されている、というのがいいですね。今後も、母親でなくてもいいのですが子育てしている父親や母親目線で開発されたサービスが増えるとありがたいと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子どもに小遣いをあげない方がよいのか?


なんの疑問も持っていなかった小遣い制。今、息子は5歳なので、小学生になったら小遣いをあげようか、と思っていたときに、この記事を見つけ少し考えてみた方がよさそうだなと思いました。

実は間違ってる!? 「小遣い制」が子どもをダメにする危険WooRis(ウーリス)




まずは、この本を読んでから自分なりの考えを固めたいと思います。
そのときは、記事にしたいと思います。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子どもの初めての自転車を「ラクショーライダー」にした理由


2013年3月、5歳の息子が自転車デビューをしました。

三輪車は乗ったことがありませんし、バランスバイクは1回だけ乗った程度なので、果たして自転車に乗れるか大変不安でした。私も子どもの頃、かなり苦労した苦い記憶があります。

子どもが自転車を乗れるようになるには補助輪が本当に必要なのか



最初は補助輪をつけて、慣れてきたら補助輪をはずす。

これが、一般的な子どもが自転車を乗るまでの過程だと思います。
私もそうでした。
私は補助輪をはずしてから相当苦労しました。何度も何度も転んで嫌になりました。
結局、何度も練習して乗れるようになったのですが、果たして子どもが自転車を乗れるようにするために、このアプローチしかないのだろうか。このアプローチというのは、補助輪をつけて慣れてきたらはずす、という乗り方です。この方法しかないのでしょうか。

そんな疑問をもちながら、息子の初めてとなる自転車を買うためいろいろ探しました。



子どもが自転車に乗れるようにするための新しい発想



これなら息子でも自転車に乗れるかも、というのが、この自転車の紹介をみたときの第一印象です。あるようでなかった素晴らしい発想だと思います。

その名も「ラクショーライダー」。正直、ネーミングには首をかしげましたが、まずは商品説明をみてください。

足けりバイクを卒業したら、ウチの子補助輪パスして自転車イチバン乗り!
2、3歳で足けりバイクに乗っていて、4歳になりそろそろ自転車への乗り換えを検討された際に市販の補助輪無しの自転車だと大きさや足が着かないなどの不安生じます。
ラクショーライダーなら4歳のお子様の足がピッタリ着く特別設計で、本物の自転車の走りに慣れることが出来ます。
4歳で足けりバイクをマスターしたお子様にピッタリの自転車は現在ありません。ピープルのラクショーライダーは30分もかからず補助輪無しで自転車こげます。また、ハンドルとサドルを上げれば小学生まで長ーく乗れるのも魅力です


どうでしょうか。最初はバランスバイク(足蹴りバイク)のように乗って自転車に慣れます。これは一般的な自転車よりも軽量なためなせる技です。慣れてきたらペダルをつけて、足蹴りバイクの勢いをもって乗れてしまう、というものです。

▼こちらには動画もありますので、これを見ればイメージがわくと思います。





子どもの初めての自転車を選ぶ基準



この「ラクショーライダー」を見たとき、即決しました。

決め手は2つです。

1つは、これなら息子も乗れるかもと思わせる前述した斬新な発想。これまでの補助輪が当たり前の子どもの自転車に一石を投じている姿勢も感じます。
もう1つは、ハンドルとサドルを調整すれば9歳まで乗れるという点。これは親にとってはありがたい。

息子が赤色がいいと、以前から言っていたので、多少迷いましたが、説明して、これを購入することにしました。


おわりに



結局、息子は自転車を乗れたかというと、まだです。というか、まだペダルをつけていません。今は、まだバランスバイクの状態で自転車に慣れる期間にしています。それほど、運動神経がいい方ではないので、焦らず、じっくりといきたいのです。失敗して自信喪失しても困ります。

ただ、最近、バランスバイクのように乗りながらも、ペダルをこぐ真似をしています。大変、可能性を感じます。でも、焦らずじっくりと進めていきたいと思っています。







関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

■今週のまとめ記事(2014/3/17-3/22)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

■今週の気になった子育てニュース&ブログ記事(2014/3/22)


毎週土曜日の記事は、その週の気になった子育てに関連するニュースやブログの記事を紹介しています。
子育て世帯やこれから子育てをする世帯に興味がわきそうな記事を数件ピックアップできれば、と思っています。

子育てママ必見!些細なことで「子どもを怒らなくてすむ」秘訣はコレ - Ameba News [アメーバニュース]
子どもは「連載漫画」という考え方はおもしろい。

夜9時から家でスマホ・携帯禁止 愛知・刈谷、全小中学校が対象 - 47NEWS(よんななニュース)
禁止なんてできるんでしょうか。

2歳児遺棄:「保育室」を捜索 男の母「シッター勉強中」 - 毎日新聞
痛ましい事件ですが、インターネットによるサービスが悪い、という流れにはなってほしくないです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子どもにYouTubeを見せない理由


子どものスマホ利用調査 - 1歳で7割超、2歳で8割超が使用 | エンタープライズ | マイナビニュースの記事を見かけて、少し考えるところがありました。

調査の概要を記事から抜粋します。

ママ向けコミュニティサイト「ママスタジアム」で、2014年1月23日~2月6日に実施された。有効回答数は582件で、子どもの平均年齢は4歳となっている。表によると全体の85%の人が、「子どもがスマートフォンを使用することがある」と回答している。0歳児の利用率は24%で、1歳児は74%、2歳児は85%となっている。また、「子どもがどのように利用しているか」を尋ねた質問では「YouTubeなどの動画視聴」が最も多い。


YouTubeはなどの動画試聴が最も多いようですが、ウチはYouTubeを一切見せていません。

ウチは5歳の息子がいますが、スマホを使うときは、息子の写真や動画を見るのが大半です。
過去にはYouTubeを見せていたこともありましたが、今は一切見せていません。妻にも見せないように言っています。

なぜか。

それは、YouTubeだと、ストーリー性がなく、あくまで、断片的な内容しかみれないからです。断片的な内容をつなぎ合わせればストーリー性があるのかもしれませんが、だったらYouTubeを見ずともDVDなどで見ればいいと思います。

だから息子が何かのアニメがみたいと言えばYouTubeではなくDVDをレンタルし、最初から最後まで、すなわちストーリーをすべて見せるようにしています。物語全体からストーリー性を感じ、話の展開を読み取る力をつけてほしいからです。

YouTubeは見たい映像をすぐ見れるというメリットはありますが、そのインスタントさが故に失うものもあると思っています。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

家族が増えるので洗濯機(日立 BD-ST9600L-V)と冷蔵庫(パナソニック NR-F518XG-N )を買う


12年前に購入した洗濯機と冷蔵庫を買い換えました。
とくに壊れたわけではないのですが、以下のブログの影響です。

新しい省エネ冷蔵庫に買い替えると、年間の電気代はどれぐらい安くなる?




しっかり試算したわけではないですが、10年以上前の冷蔵庫と最近のエコ機能のついた冷蔵庫の電気代の差は月1万円程度あるようです。

また、世間に流されるようでイヤですが、増税前に購入した方が、金額が大きいのでお得です。

さらに、来月、家族が増えるので大きなものに買い換えた方がいいかなとも思っていました。

こういうったことが重なり、今回、冷蔵庫と洗濯機を思い切って買い換えたのです。

買ったのはこれ。まずは洗濯機。


洗濯機





今回、初のドラム式にしましたが、洗濯物を取り出すのがホント楽ですね。洗濯当番の私としてはありがたい。毎日のことですから。
容量は迷いました。もうすぐ生まれる第2子含め子ども2人の4人家族ですが、10キロにしました。今後、体操着やらジャージやらでけっこう量が増えそうですから。
あと、この機種はタッチパネルでの操作なのですが、説明書をいちいち見なくても体外のことはわかるので便利です。
色も自分の好きワインレッドに近くてグッドです。
1週間使いましたが、不満はいっさいなありません。

仕様は以下のとおりです。
・容量:洗濯脱水10kg / 乾燥6kg
・標準使用水量・・・
 洗濯:72L
 洗濯~乾燥:53L
・消費電力量(50/60Hz)・・・
 洗濯:69Wh
 洗濯~乾燥:840Wh
・目安時間(約)・・・
 洗濯:33分
 洗濯~乾燥:165分
・総外形寸法:幅(排水ホース含む)630×奥行715×高さ1,050mm
・設置可能防水パン(奥行内寸):540mm以上
・質量(約):83kg



冷蔵庫





私にとっては、冷蔵庫は各社それほど大きな違いはありませんでした。
決め手は冷凍庫が広いのと、冷蔵内にパーシャルといって冷凍寸前の状態にできる機能があることでした。冷凍ほどではありませんが、肉や魚は一週間はゆうに持ちそうですし解凍せずに包丁で切ることができます。これがなかなか便利。あと、他の機種にもある機能てすが、急冷機能があります。これはご飯を冷凍するときに冷まさずに入れることができます。炊いたご飯を必ず冷凍する我が家としてはかなり使えます。
あと、容量は家族4人で505Lにしました。
仕様は以下のとおりです。

定格内容積:505L
各室容量
 冷蔵室:254L
 製氷室:13L[4L]
 新鮮凍結ルーム:29L[16L]
 冷凍室:104L[64L]
 野菜室:105L[77L]
※[ ]内の数字は食品収納スペースの目安
外形寸法(幅×奥行×高さ):685×692×1828mm
質量:106kg


以上、大きな買い物をしましたが、使い勝手は上々です。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

常に小さい目標を立てては達成する積み重ねができる子育てを目指す


今、フジテレビのドラマ「僕のいた時間」を見ています。三浦春馬さん演じる主人公がALS(amyotrophic lateral sclerosis 筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱え、必死に生きている姿に、毎回、胸をうたれます。

主人公は、だんだん体が動かなくなり、自分でやれることが少なくなる中、小さい目標を立てては達成するという小さな積み重ねを大事にして生きています。

その姿勢を感じたとき、子育てにも活かさなければいけない精神だ、と思いました。

小さな目標を立てては達成するという繰り返しを蓄積していく。その成功体験の積み重ねが自信になり、自分のことを自分で認めることができるようになるのだと思います。
そうやって、自分自身で小さな目標を立てそれに向かっていく習慣を息子につけてやりたいと思うのです。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【読書メモ】『モチベーションで仕事はできない』





読後、行動しようと思ったことなどは以下のとおりです。
読後は、その本をきっかけに「何をしようと思ったか」や「どう行動したいのか」を「Action」として3~5つ程度にまとめるようにしています。
他、「keyword/keyphrase」は印象に残ったキーワードやキーフレーズ、「quotation」は引用したくなったフレーズ、「Point」はその本のポイントを、本によってですが、まとめるようにしています。



Action
●やる気やモチベーションよりも「技術」を磨くことに専念
●慌てても現状は変わらない、という「意図的な鈍感」こそが高度な感度と考える
●黙々とたんたんと今に集中してやるだけ

keyword/keyphrase
・「職場は1つの舞台」「ビジネスマンは1人の演者」
・赤えんぴつサラリーマンと黒えんぴつサラリーマン
  ※前者は批判ばかりする人、後者は自分で創造できる人
・「やりたい」だけで仕事を選ぶ基準にすると「やる気」だけで仕事を変えることになる

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子育てしている助けてもらって当然という認識を持ってはいけない


今、妻は妊娠中ですが、よく二人で「妊娠しているから当然のように周りが助けてくれると思ってはいけないよね」と話しています。

実際、マタニティマークをつけていると、電車の中では席を譲ってくれるそうです。
でも、それを当たり前と思ってはいけない。譲っていただけたなら、心からありがとうございますと思わなければいけない、ということです。

他にも、例えば、小さい子どもがいるから電車で席を譲ってくれるとか、飲食店でおもちゃやおやつをもらったりとか、家電量販店で風船をもらったりとか、当然とは思ってはいけません。子どもがいるから金銭的な支援、例えば、子ども手当て(平成24年4月から児童手当)をもらって当然と思うのも違うと思います。

妊娠中や、子育て中ですと、周りがいろいろ助けてくれたり優遇してくれたりしますが、決して当たり前と思わず、素直にありがとうございます、という気持ちを持つことが大切なんです。そういう心持ちでの5歳の息子の子育てを私は心がけています。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ