心が呼ばないものが自分に近づいてくるはずがない

仏教の教えで「思念が業をつくる」というものがあるそうです。
強く思ったことが現象として表れるということです。
稲盛和夫著『生き方』にはこうあります。

「心が呼ばないものが自分に近づいてくるはずがない」ということを、信念として強く抱いています。つまり実現の射程内に呼び寄せられるのは自分の心が求めたものだけであり、まず思わなければ、かなうはずのこともかなわない。


強く思えばそれが現実になる、とは正直思えません。そもそもそういう考え方は信じていません。
でも、自分の周りに呼び寄せられるのは自分の心が求めたものだけであるというのは、そのとおりかもしれません。
それは、常に自分の関心事にはアンテナをはり問題意識を持っておく。そうしておくことで、それに関連したことが集まってくる。そう意味でタイトルのフレーズは心にとめておきたいと思っています。


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

ノートは汚く使え

最近、15年ぶりに『ソフィーの世界』を再読しました。さらに深めたいと思い、『もう少し知りたい人のための「ソフィーの世界」哲学ガイド』を読みました。










『ソフィーの世界』は西洋の哲学史をミステリー感たっぷりの物語形式にしたもので、楽しみながら哲学史を学べる良書です。たぶん、もっともわかりやすい哲学書といってもよいと思います。

今回の記事はその内容の紹介ではありません。本書をきっかけに気づいた、ノートの使い方に対する姿勢のメモです。

ソフィーの世界は、わかりやすい哲学書とは思いますが、哲学自体が難解なので、スラスラは読めません。

途中、ノートにまとめながら読んでいました。すると、ノートに書く時間ばかりとられて、肝心の読書が進みません。ノートをキレイに書こうとして、手が進まなかったり、書き直したり、思考がとまったりするのが、原因のようです。

そこで、自分の中からこんな言葉が湧いてきました。

「ノートは汚く使え!」

思考がクリアでないときは、ノートの見た目のキレイさを気にせず、自分の頭の中をノートの上に書く。躊躇せず、とにかく書く。そうすることで思考の過程が目に見え、頭の中がクリアになってくる。後で見返したいのであれば、改めてノートにキレイにまとめる。そういうノートの使い方でいいのではないかと思ったのです。

明治大学教授の齋藤孝氏は著書『頭がよくなる図解思考法』の中で、「図解」と「図化」という二つの言葉を使い分けています。前者は、プレゼンで出てくるようなきれいな図。後者はキレイではないかもしれないが、思考の過程を図で表したもの。

ここでいうところの図化をイメージしたノートの使い方を志向してみようと思ったのです。
ひらたく言えば、ノートはキレイにまとまったものだけを書くのではなくて、クリアになっていない頭の中をグチャグチャでいいからノートに書こう、というものです。

本の本論とは全く関係がありませんが、そんなことを思わせてくれました。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【読書メモ】なぜ、「これ」は健康にいいのか?



Point
○自律神経のバランス、とくに副交感神経を優位にすることが健康につながる
自律神経のバランスがよいと
・免疫が高まる(交感神経優位:顆粒球 副交感神経優位:リンパ球)
・血流が増える(交感神経優位:血管が収縮し血圧あがる 副交感神経優位:血管が弛緩し血圧が下がる)
○秋から冬にかけて風邪やインフルエンザが増えるのは自律神経のバランスが崩れるから
 気温が下がる→体温を上げたい(血流を増やしたい)→血圧を上げたい(血管が収縮)→交感神経優位
○交感神経が高く副交感神経が低い→病気 
 交感神経が低く、副交感神経が高い→うつ
 両方低い→やる気が起こらない
○交感神経が優位だと体は活動的になるが、胃腸だけ低下する。


Action
●ゆっくり呼吸し、ゆっくり動き、ゆっくり生きる(副交感神経をあげる)
 深呼吸して「ゆっくり早く」
●やる気がでないときは短くて速く浅い呼吸をする
●4つの運動を定期的に行う
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

半身浴のときにあると快適なお風呂グッズ

冷えとり生活をしている方なら、お風呂グッズは、気になるキーワードではないでしょうか。

冷えとりには、半身浴がつきものですからね。私も、半身浴を快適にするためにいろいろ工夫をしています。

以前、子どもとのんびりお風呂に入るためにiPadを活用 で書いたように風呂でiPadを使えるようにしたり、壁に吸盤で枕をひっつけたり。(東急ハンズで買いましたが、同じ商品は見つけれませんでしたので紹介は割愛。以下で紹介するブログの記事に類似のものがあります。)


他には、水で冷やしたガーゼにラベンダーのアロマをつけて、目に置いて、リラックスしてみたり。

このあたりの私の半身浴中の過ごし方は、また、改めて書きたいと思いますが、今回は、便利で快適なお風呂グッズを紹介している記事を見つけましたので、その紹介です。とくに半身浴している冷えとり生活中の方には参考にしていただけたらと思います。


お風呂が本気で快適になった便利グッズ8選! | nori510.com

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

五感を意識し今していることに集中する

今していることに集中して、五感を意識してみようと思ったのは、この言葉に出会ったからです。

五感に入力されてくるデータを読みとる意識のセンサーを磨くことによって、気がつくと、心からイライラや不安が消え(略)


何をするときも五感を意識すると、イライラや不安が消える。、それは、イライラや不安などの雑念が入り込む余地をなくすほど、目の前のことに集中しなさい、といことなんでしようね。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子育て四原則から気づいた抱っこの解釈

先日、以下のブログの記事を見て、確かに「いつまでも抱っこして」と言われる父親でありたいな、と共感しました。

いつまでも抱っこしてと言われるパパでありたい | あなたのおうち、わたしのおうち。




でも、そう思いつつも、以前、抱っこできなくなる嬉しさと悲しさ で書いたように、抱っこできなくなるということは、それだけ子どもが成長していることなので喜ばしいことです。



さらに冒頭の記事には、抱っこの話とは別に、以下の子育ての4原則が紹介されていました。

1.乳児はしっかり肌を離すな
2.幼児は肌を離せ手を離すな
3.少年は手を離せ目を離すな
4.青年は目を離せ心を離すな


これを見て、ハタと思いました。
抱っこという子どもを包み込む行為は、身体的な行為にとどまらず、精神的な部分、すなわち心を包み込むという行為にも拡大解釈すれば、一生、子どもを抱っこできる、いや、親として抱っこし続けなければならないと。

今、ウチの息子は5歳なので、まだ抱っこをしていますが、今後、息子が成長して抱っこできなくなっても、息子の心を包み込む抱っこをし続けよう。冒頭のブログの記事はそう思わせてくれました。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

■今週のまとめ記事(2013/11/18-11/23)

どんなことがあっても「あわてるな、あせるな、あきらめるな、あてにするな」 --
言うのは簡単ですが•••実行が…。

子どもの夜泣きで寝れないときにも活用したい折りたたみマットレス --
少し誤解を招く表現があったので後日訂正しました。

【絵本】サムはけっしてわすれません --


ひょっとしたら人の足を踏んで生きているかもしれないと思え --
常に謙虚に。それは外でだけではなく、家の中でも、です。

インターネットで注文できる宅配クリーニング「リネット」は、子育て世帯にはありがたい --
便利な世の中になったものです。ただ、便利なものは、その代償に何かを失っていないか考えておく必要があります。

毎週土曜日の「心の処方箋」の終了のお知らせ --
50個たまりましまので、一つの区切りとして。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

毎週土曜日の「心の処方箋」の終了のお知らせ

毎週土曜日、定期的に「心の処方箋」というシリーズで記事を書いていましたが、今後は定期的に書くのではなく、曜日にこだわらず書いていきたいと思います。

よって土曜日の記事は、日曜日(今週のまとめ記事)を除く他の曜日と同じ扱いにしたいと思っています。

もし、毎週土曜日の記事を楽しみにしてくださっていた方にはスイマセン。そしてありがとうございました!

ちなみにこれまでの記事は、以下の記事でまとめていますのでご参照ください。

心の処方箋まとめ【#1~#50】


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

インターネットで注文できる宅配クリーニング「リネット」は、子育て世帯にはありがたい

ネットで買い物をするネットショッピングは、今じゃ当たり前になってきていますが、クリーニングもネットで注文できてしまうサービスがあるんですね。

インターネットで注文できるクリーニングの宅配サービス「リネット」です。

クリーニングの宅配ならリネットのクリーニング

パソコンやスマートフォンから宅配の予約をします。すると、最短で2時間後にクロネコヤマトが家まで衣類を取りに来てくれますので、衣類をドライバーに渡したら、最短2日後に家まで届けてくれる、というサービスです。
料金の総額が3,000円以上で往復送料が無料になります。

家から一歩も外に出ずにクリーニングができてしまう。
子育て世帯、とくに、乳幼児期がいる世帯にはなかなかありがたいサービスですね。
ウチは、春に第二子が生まれるので、それから活用する可能性が大です。


参考
「クリーニング屋さん行かなくちゃ…」の負担がなくなる宅配クリーニング

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

ひょっとしたら人の足を踏んで生きているかもしれないと思え

謙虚に生きたい、と常々思っています。

ただ、謙虚、といっても抽象的な言葉です。先日、自分の中では謙虚につかながる、少し具体的になった言葉に出会いました。会社の研修を受講したときの講師の言葉です。

ひょっとしたら人の足を踏んで生きているかもしれないと思え


謙虚、という言葉とセットで頭の中に入れておきたいフレーズです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【絵本】サムはけっしてわすれません



動物園の飼育係のサムはてきぱきと仕事を漏れなくこなします。でも、「あれ?忘れてるよ」と声をあげたくなるときが来ます。でも大丈夫。

何が大丈夫かは、ぜひ、手にとって見ていただきたいと思います。

起承転結のようなストーリーのフレームがしっかりしているところが秀逸です。また、ほのぼのする絵もいい感じです。

5歳の息子は、読み聞かせを終えると「サムは、忘れてないよ。だって、•••」と理由を説明してくれます。

それほど文字は多くないので、3歳頃から楽しめる絵本ではないでしょうか。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子どもの夜泣きで寝れないときにも活用したい折りたたみマットレス

シングルベッドを2つ重ねて、妻と5歳の息子の三人で寝ています。
ただ、息子の身体が大きくなり、また、寝相が悪いので、狭く感じるようになってきました。それに息子のいびきもあり、私が別の部屋で寝ることにしました。

ただ、ベッドを買うのももったいない。
布団を床におくのも嫌だし。
ということで、これを買うことにしました。





この上に布団をひいて寝ています。
高反発とありますが、固すぎず柔らかすぎず、なかなかいい感じの弾力性です。折りたため、手軽に持ち運びできるので、寝る部屋を変えたり、使わなくなったらしまうのにも最適です。軽いのもグッドです。女性ひとりでも簡単に持ち運びできます。

息子の夜泣きで寝れなかったとき、これがあれば、と思いました。チでは、息子の夜泣きがあった当時、妻が別の部屋で寝たら、と言ってくれましたので。
でも、基本的には父親は夜泣きを母親にまかせっきりにするのはどうかと思います。ですので、もし、奥様に理解があって、別の部屋で寝るときはご検討いただくとよいマットレスではないでしょうか。(赤字追記2013/11/23)

夜泣きで寝れないという悩みを抱えるお父さんには、これを別の部屋に持っていき、この上に布団をひいて寝るのも手軽でいいのではないでしょうか。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

どんなことがあっても「あわてるな、あせるな、あきらめるな、あてにするな」

これも、以前の記事(仕事は「かせぎ」と「つとめ」)で書いた研修の講師の言葉です。


いじめ問題をテーマに、子どもたちを相手に講演する機会もあるそうですが、子どもたちに伝えている言葉だそうです。

4つの「あ」から始まる言葉で覚えやすく、かつ、人生の哲学を感じる言葉で気に入りました。

どんなことがあっても
•あわてるな
•あせるな
•あきらめるな
•あてにするな


自分の暮らしに欠かせない言葉の一つとしてストックしておきたいと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

■今週のまとめ記事(2013/11/11-11/16)

遊びのルールを守ったときこそ子どもが成長するチャンス(年中編) - -
年中は遊びのルールとの向き合い方を学ぶタイミングですね。

最大化人間と満足化人間 - -
満足化学人間になりたい

仕事は「かせぎ」と「つとめ」 - -
「かせぎ」だけでなく「つとめ」も意識します。

昔話は人間の内面の象徴 - -
昔話は深いです。

心の処方箋まとめ【#1~#50】 - -
早いものでもう50個たまったんですね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

心の処方箋まとめ【#1~#50】


毎週土曜日の記事「心の処方箋」が50個になりましたので、ここらで一覧にまとめておこうと思います。(#に重複があり正確には51個ですが・・・。)

「心の処方箋」は、こんな言葉を集めた記事です。

仕事でミスしたとき、立ち直るきっかけを与えてくれた言葉があります。
訳もなく落ち込んだとき、元気を与えてくれた言葉があります。
生きていくことに疲れたとき、生きる力を与えてくれた言葉があります。
生き方に迷ったとき、道標となってくれた言葉があります。
これまでの人生、様々な言葉に出会い、勇気づけられてきました。
そんな言葉たちです。
自分と同じように落ち込んだり、生きていくことに疲れたとき、生き方に迷ったとき、そんなとき心を癒すきっかけになれば幸いです。



他人の視線が気になったときに見返す言葉~自分自身の恐怖を他人に投影~【心の処方箋#1】-


受いれる 【心の処方箋 #2】-


人が落ち込む理由は「自己評価が下がる」ことを気にしている 【心の処方箋 #3】-


~してもいい 【心の処方箋 #4】-


「苦しい」ときにすべきは、他人との比較ではなくて、「自分との比較」 【心の処方箋 #5】-


しあわせはいつも自分の心がきめる 【心の処方箋 #6】-


求めない 【心の処方箋 #7】-


上司はクライアントと思え 【心の処方箋 #8】-


性分を変えるのではなく、対処する方法を学習する方が重要である 【心の処方箋#9】-


試してみることに失敗はない 【心の処方箋#10】-


生きるとは穏やかならざるもの/落ち込んだら大きな声を/期待しない 【心の処方箋#10】-


わずらわしいことはあつかましく体当たり/落ち込んだままでいい、すべてを肯定すれば苦しくない。【心の処方箋#11】-


「縁」という考え方が、自己の安定につながる【心の処方箋 #12】-


人の己を知らざるを患(うれ)えず、人を知らざるを患(うれ)えよ【心の処方箋#13】-


結果がどうあれ、それが今自分のできる範囲【心の処方箋#14】-


何事も良い方には変わらない【心の処方箋#15】-


原因ではなく、その試練が自分に何を与えてくれるのかを考えてはどうか【心の処方箋 #16】-



喜びの収穫【心の処方箋 #17】-


何もかも投げ出したくなったときの切り札【心の処方箋 #18】-


今日も1日なんとか乗り切った【心の処方箋 #19】-


何事も「80パーセント主義」【心の処方箋 #20】-


「あ~ぁ 寝るより楽はなかりけり。うき世のばかが起きて働く」【心の処方箋 #21】-


人生は自分の思うとおりにはならないと覚悟【心の処方箋 #22】-



物事がうまくいかないときは他力の風が吹いていない【心の処方箋 #23】-


人生は自分で放り出すほどにはひどくない【心の処方箋 #24】-


おのずと必ずなるべきようになる【心の処方箋 #25】-


穏やかさはきっと味わうことはない【心の処方箋 #26】-


生きることそのものが大変【心の処方箋 #27】-


すべてに期待しない【心の処方箋 #28】-


時間が解決してくれるのを待つしかない【心の処方箋 #29】-


努力はむくわれない。むくわれたら奇跡。【心の処方箋 #30】-


負けている人を弱しと思うなよ。忍ぶ心の強きゆえなり。【心の処方箋#31】-


日々の生活のひとつひとつの行為に集中する【心の処方箋 #32】-


万事、縁のあるなしに依るものなり【心の処方箋 #33】-


得るだけでなく「手放す」【心の処方箋 #34】-


ただその晩寝るところがあって、今日1日の食事があれば幸せ【心の処方箋 #35】-


欠乏の不満は今あるものへの感謝の欠乏からくるもの【心の処方箋 #36】-


できるときはできるし、できないときはできない。それが天の命なら仕方がない。【心の処方箋#37】-


大きなことは望まず、朝、目がさめたとき、気持ちがほがらかでいられればそれでいい。【心の処方箋 #38】-


飛び込み台の上 僕等は否応無く背中を押され落ちてくんだ【心の処方箋 #39】-


喜び上手と楽しみ上手【心の処方箋 #40】-


不安や迷いと無二の親友になればいい【心の処方箋#41】-


自力更生【心の処方箋 #42】-


生きる為のレシピなんてない【心の処方箋 #43】-


一つ一つの行為を味わい、一瞬一瞬を大切に【心の処方箋 #44】-


自分に嘘をつくのが だんだん上手くなってゆく【心の処方箋 #45】-


夢はなくとも 希望はなくとも目の前の遥かな道をやがて何処かで 光は射すだろう【心の処方箋 #46】-


欠点には理由がある【心の処方箋 #47】-


すべてを何かの手にまかせて生きる【心の処方箋 #48】-


夢や理想にゃ 手が届かないが不満ならべたって きりがないし【心の処方箋 #49】-


「生きている」というだけで価値がある【心の処方箋 #50】-


このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ