【読書メモ】自力と他力(五木寛之)



〇著者の考える他力とは、「阿弥陀仏の本願力にたよって成仏を願う」という仏教用語の他力本願だけではなく、一般的に使われているあなたまかせという意味でもなく、自力と対抗する思想でもない。おのれのはからいを超えた大きな流れをいう。

〇物事は二つ要素の対立と調和である。昼があり夜がある。笑いがあり涙がある。その両方を振り子のように揺れ動きながら世界は成り立ち、動いている。できることとできないこと、変えられることと変えられないことがある。変えられないことは諦める。

〇「そうせずにはいられない、というところへ人はおのずと引き寄せられるのだ」

〇「暗愁とは、こころのなかに横たわっているなんとも言えない根源的な愁い、いきていることの実存的な愁いを表現する言葉です。人生ははなかく、思うにまかせぬものであると感じるとき、私たちのこころのなかにはえもいわれぬ不思議な感覚が湧いてくる。それが暗愁の原因であり、正体です。(略)人は誰しも、夫にも妻にも友人にも語ることのできないことを、ひとり一人抱えて生きていること私は思います。うらやましほど幸福に見える人でも、誰しも見えないところで人生の辛酸を抱えながら生きているものなのです。」

〇「ストレスの多い毎日で気分がすぐれない。このように、こころ萎える気持ちを感じることは、ごく自然なことなのです。」

〇自分とは「自然の中の一部分」である。

〇持っている以上の知恵や能力が発揮できたとき、見えない力が後押ししてくれたような感覚、それが他力の力である。

〇「本当のところ、私にとっては速読も遅読も、どちらでもいいことなのです。年をとればいやでも遅くなってくるということもあるでしょう。本の読みかたは、最終的には自らの選択ではない。読む側の姿勢でもない。「わがはからいにあらず」して、人が本に読まれるというのが真実ではないでしょうか。」

〇私たちの考え方は2つのことで変わる。一つは「感じること」。一つは「知ること」。感じることだけにこだわるのは間違いのもとだし、知ることだけにとどまっていては正しい考え方はつかめない。その対立する2つの世界の間を絶えず往復しながら考え方の中心線をつくっていく。いつも動いていること、それが大事なのだ。

〇「天命に身をゆだねるというのは、一見、安易な運命主義のように見えるかもしれませんが、そうではありません。めぐりめぐった末に、ようやく自分が載せられている大きな掌に気づいた、ということではないでしょうか。」
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

歩きながらのスマホをやめてみる

毎日をていねいに暮らしたい。
そのために、歩きながら、スマホを使うのをやめてみようと思います。

「成功したいなら、隙間時間を有効に使いなさい」。
自己啓発書やビジネス書でよくみかける内容です。隙間時間を有効に使うことは、忙しい日々を生きていく上での大切なノウハウです。

これまで、私もそれなりに隙間時間を有効に使うことを考えてきました。
例えば、電車を並んで待っているとき、人を待っているとき、ランチが来るのを待っているときなど、ちょっとした隙間時間ができると、スマホでニュースを見たり、ブログを見たりします。

さらには、歩いているとき、トイレに入っているとき、食事しているとき、など、何かをしながらスマホを片手にしているということも増えてきました。

スマホは常に携帯していますし、いろんなことができますので、隙間時間の活用と相性がいいんですね。

でも、隙間時間の活用の度が過ぎると、何もしない時間がなくなってきます。何かをしながら、ということが多くなってきます。

こうなってくると、気持ちがせかせかしてきます。何かをしていないと時間がもったいない。何もしないと心が落ち着かないのです。
こうなってくると、つねに神経が高ぶり、ちょっとしたことでも怒りやすくなったり、冷静に物事を考えることができなくなったりします。
これではいけません。気持ちが安らぐ時間は必要です。

そこで、まずは手始めに、歩きながらスマホを見るのをやめることにしました。
スマホはポケットにしまって、景色を眺めながら、季節を感じながら、耳を澄ましながら、歩いてみるのです。

そうするだけで、心に余裕がでてきます。せかせかした毎日にちょっとした余白ができる感覚です。日々の雑事から少しだけ解放された気持ちになれます。

何かをしながら何かをする。効率的な時間の使い方です。でも、ときには、目の前の1つのことを丁寧にやってみる。すると、ゆったりと穏やかな気持ちにつながる気がします。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【読書メモ】人生の目的(五木寛之)



(再読)

○人生の目的は、「自分の人生の目的」「自分だけの生きる意味」を探すこと。

○人間というものは思うとおりにならないもの。この世に生まれた瞬間から不自由なものを背負って生まれてくる。

○自信を失いとことん無力感におしひしがれた人間が「他力」の光を感じることができたならば「自信」とは別の人間らしい姿勢が生まれる。

○「あ~ぁ 寝るより楽はなかりけり。うき世のばかが起きて働く」

○アウシュビッツ強制収容所から生還したフランクルの『夜と霧』によれば、ちょっとした生活の片隅に転がっているようなちいさなことも人間の生命力を支えていることを教えてくれる。

○子どもに親孝行は期待してはいけない。子どもは6歳から7歳までに十分親孝行をしてくれている。子どもによって親は喜びを与えられ、育てられ、生かされてきた。

○幸福に対して私たちは貪欲すぎる。今与えられているものだけで感謝して満足することが必要。それは単にモノだけでなく、内面的な精神の部分についても言える。自分の足で歩けること、自分の耳で聞くことができること、当たり前と思わず、心から感謝してそのことだけでも幸せだと思わなければいけない。足るを知ること「知足」の考え方を持つ。

○生きていくうえで大きな力を持つものは、日々の生活のなかのつつましい喜び、過去の貴重な思い出。

○「あなたもいつか、これという理由もないのに、なんとも言えない心が萎えるような、そういう重いものを体の奥に感じるときがあるものだよ。そういうものは<ハン>というのよ。そういうときには、それをはね返そうと無理に、がんばれ、がんばれ、と肩肘をはってやってもしょうがない。自分はだめだと弱気になったり、不安になったりするのもやめなさい。そういうときはハンの重さを背負ったまま、しゃがみこんで、肩を落として、はーっ、胸の奥から大きなため息をつくといいんだよ。そうすると一瞬ではあるけれども、ハンの重さという、肩の上に鉛の板のようにのしかかってくる不思議な心の萎えるような重さが、ほんのちょっとふっと軽くなるような気がするものなんだ。はーっと大きなため息をつくことで、ハンの重さがちょっと軽くなる。そうしたら、そこでもういっぺん立ち上がって歩いていけばいいじゃないか。」


※本記事は、以前運営していたブログ(books in life ~知識の倉庫~)で掲載した記事の内容を一部加筆修正したものです。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【絵本】ちびゴリラのちびちび




4歳の息子に読み聞かせをしたとき、タイトルの「ちびちび」を強調して読むと、響きがおもしろいのか、ゲラゲラ笑っていました。

つかみはオッケーです。これで、この絵本にはすんなり入ってくれるなと安心して読み始めました。

新しい絵本の読み聞かせをするとき、出だしには少し気を使います。つまらないと思われてしまうと後が続かないので、わざとテンション高めで読んだり、間を大きく入れて関心を引いたり、わざと読み間違えて笑いを誘ったり、と工夫をしています。

この絵本は、最後にチビゴリラが大きくなるのですが、そこでも息子はゲラゲラと笑っていました。確かに、そのすっとぼけたゴリラの表情には、クスクスと笑いがこみ上げてきます。

決してストーリーが笑える話ではなかったのですが、息子には笑いを誘う絵本となりました。

ちなみに、字が少ないので2歳くらいからでも大丈夫そうな絵本でした。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

■今週のまとめ記事(2013/2/28-2/23)

今週は不思議と長いタイトルの記事が続きました。タイトルだけですべてを伝えたかったのです。


【書評】「人間の覚悟」 - -
最近、五木寛之さんの本を精力的に再読しているので、今後も読書メモや書評が続きそうです。

子どもの気持ちを理解することは不可能だからこそ、親は壁になりぶつかり合う - -
ぶつかり合うことにも意義があるのです。逃げたらいけません。

子育ては自分が一生懸命生きているありのままの姿を見せること - -
まずは自分自身がきっちりと生きること。それが子育ての第一歩です。

「今あるもので十分幸せ」と自発的に感じようとする気持ちが大事 - -
>難しいことですが、忘れてはいけないことです

【読書メモ】「今をどう生きるか」(五木 寛之,松原 泰道) - -
再読して改めて気づくことがありますね。

人生は自分で放り出すほどにはひどくない【心の処方箋 #24】 - -
あいかわらず後ろ向きの言葉に惹かれます。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

人生は自分で放り出すほどにはひどくない【心の処方箋 #24】

人生は自分で放り出すほどにはひどくない


人生なんてがんばってどうにかなるものでもない。いっそのこと•••。
メンタルが極限状態になったらこの言葉を見返そう。不幸にも友人が自殺を考えたら、この言葉を教えてあげよう。そう思ってストックしている言葉です。がんばれとか、努力すれば報われるとか、鼓舞されたり励まされる言葉よりも、極限状態のときは、この言葉の方がしっくりくるんですよね。


ちなみに、ロシアの作家、ゴーリキーの言葉だそうです。


▼引用元
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【読書メモ】「今をどう生きるか」(五木 寛之,松原 泰道)




考えてもしょうがないことをついつい考え込んでしまうことはありませんか。「自分は人事異動するのだろうか」「明日の会議うまくいくだろうか」など自分の力ではどうしようもないのだけれど、ついつい考え込んでしまう。そんなとき、次のエピソードが心に響きました。

ブッダは死後どうなるのかについては一切口にしなかったといいます。「もっと大事なことを問え」というのです。だれも経験したことのない死後の世界を議論することは観念の遊戯で果てがない。そんなことに時間を使っていては、いまという大事なときが過ぎ去ってしまう。


また、著者の松原さんは、自分だけに与えられた悲しみや苦しみを味わうことで人々の苦悩がわかるのではないかといいます。そして、他人の気持ちが理解でき、やさしくなれるのです。苦しみを感じることで人さまの役に立てるということです。

自分だけが苦しくて辛いと感じたときは、こう考えるとほんの少しかもしれませんが軽くなるかもしれませんね。



著者の五木さんは、その時代その時代に応じて仏教という宝の山から自分たちの生きる指針を取り出すことが重要ではないかといいます。

私は同じ本を何回も読むことはめったにありません。でも、同じ本を複数回読む意味ってこういうところにあるのかもしれないと改めて気づかされました。
 



科学的に証明されていなからこそ「信じる」ということになる。

客観的に証明されていなくても自分の感覚を頼りに「信じる」ことも必要なんだと思うことができた五木さんの言葉です。宗教的なことや奇跡的なことを科学的に説明しようとする人がいるが、合理的だったら信じる必要はない。納得すればいい。理解できないことだから信じるのである、ということです。



以下、二つは私も実践しているものです。
・ある仏教の学者は、ブッダの最後の説法を一言で言うと「依頼心を捨てよ」と解釈している。
・松原さんは、本当の締切日から一日早い日を締切日と考えたり 10時に出かけるときは9時に出かける心づもりをしているといいます。それを「心の夏時間(サマータイム)」と表現 しています。



※本記事は、以前運営していたブログ(books in life ~知識の倉庫~)で掲載した記事の内容を一部加筆修正したものです。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

「今あるもので十分幸せ」と自発的に感じようとする気持ちが大事

幸福に対して私たちは貪欲すぎる。今与えられているものだけで感謝して満足することが必要。それは単にモノだけでなく、内面的な精神の部分についても言える。自分の足で歩けること、自分の耳で聞くことができること、当たり前と思わず、心から感謝してそのことだけでも幸せだと思わなければいけない。足るを知ること「知足」の考え方を持つ。


今あるもので十分幸せではないだろうか。今の自分で十分満たされているのではないだろうか。

常にそう自問して、求めすぎないように暮らしたいのです。求めれば求めるほどきりがないのですから。

幸せは、受け身的に感じるのではなく、自発的に感じようとする気持ちが必要だと思っています。


▼引用元
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子育ては自分が一生懸命生きているありのままの姿を見せること

子育てなんて、おこがましい。ただただ、自分が一生懸命生きて、そのありのままの姿を包み隠さず子どもに見せる。親ができるのは、それだけであって、それ以上でも以下でもない。

あとは、子どもが何を感じ、何を考え、どう動くかだ。それは親の及ぶところではない。

五木寛之氏の著書「人生の目的」の中の次の一節を見て、そんな思いを持ちました。

一生懸命、時間をつくって子供の話し相手になり、そして子供といろんなことを積極的に語ったり教えたりする。それはそれでりっぱなことでしょう。だけど、そのようにして子供に向かって積極的に語りかけても、その子供のなかに残るものがどれだけあるかということは、ちょっとはかることができません。むしろ自分の人生のなかでのぶざまさ、そしてみっともなさ、弱さ、そういうものをありのままに、赤裸々に、子供たちに見てもらうことで、そこから子供たちが感じるものことこそ、親が子供に伝える大事な遺産のような気がして仕方がないのです。


自分の人生というものに非常に忠実に誠実に生きることこそ、子供のことをかまうよりも、はっきり言って自分の人生を充実させて生きることにすべてのエネルギーをそそぐ。そしてそれが、うまくいけばよし、うまくいかずともよし。それをかたわらで眺めている子供たちは、そのような親の生きかた、そして死にかた、そういうものから、目に見えない、かたちにならない大きな何かを、おのずと皮膚の毛穴から汲み取っていくのではないか。




▼引用元
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子どもの気持ちを理解することは不可能だからこそ、親は壁になりぶつかり合う

学生の頃、理由もなくむしゃくしゃして、親に暴言を吐いたり、粗暴な態度をとってしまった、ということはないだろうか。いわゆる反抗期です。わたしはありました。

自分が反抗期を経験しているから、今4歳の息子が成長して、反抗期を迎えて爆発しても「その気持ち、わかる、わかる。」と、同じ男だし息子の気持ちを理解できるのかな、と漠然と思っていました。

でも、安易にそう考えるのは危ういことなのかもしれない。そう思うようになりました。

きっかけは、「こころの処方箋」という本です。
著者の河合隼雄さんは、子どもは、成長する中で、押えきれない不可解な力を感じる。それを何かにぶつけることで自己の確認をするが、そのぶつける第一の壁は親である。親にさえぎられることで、自己の限界を感じたり、腹を立てたり、くやしがったりすることで、自分を知り、現実を理解していく、と言っています。

また、親は、子どもの力が爆発するとき、それに立ちはだかる壁ではなく「爆発するのもよくわかる」といって衝突を回避してしまうのはどうだろうか。壁がなくなってしまったら、子どもの爆発はどこにむけたらよいのか、壁を求めて暴走してしまう。社会的規範や法律を壁にして、それをぶち破る方に向いてしまうかもしれない。そもそも、子どもの気持ちを理解することは不可能に近い、という意味のことを言っています。

子どもの気持ちをわかった気でいるより、到底理解できないという前提で、子どもと向き合い、ぶつかってくる子どもをかわすのではなく、ぶつかり合うことで子どもの気持ちを理解していく。そういう姿勢が大事なのかもしれません。

子どもの壁になるには、強さが必要です。ぶつかり合うには、親がへなへなでは壁になりません。親自身がしっかりと自分の人生を歩んで、芯がしっかりした壁にならなくてはいけないのです。

子どもの壁となるのを恐れず、子どもとぶつかり合う。ぶつかり合うことで、子どもを理解していく。それが、子どもの健全な成長につながっていくんだろうなと思いました。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【書評】「人間の覚悟」



これまで期待しないで生きてきた。

社会に期待しないし、友人にも恋人にも期待しない。会社にも期待しないし、結婚した今では、妻にも子どもにも期待しない。
 
例えば、妻だから家事をするのは当たり前と期待しない。子どもは親孝行するもんだとは期待しない。社会や国が自分を守ってくれると期待しない。
 
虚無的で後ろ向きな考え方だと思われるかもしれないが、決してそうではない。
期待していないからこそ何事も自分でしっかりやろうと思う。

はなから期待していないので、期待した結果が得られず腹がたつということもない。期待していなから批判的になることもない。もし、何かいい結果が得られたのならば、期待していなかった分、喜びも大きい。
10年以上そうやって生きてきたが、この考え方には随分助けられたと思っている。
こういった考え方をするようになったのは、五木寛之さんのこれまでの著書の影響が大きい。
 
本書は、これまでの著書以上に、「期待しない生き方」に焦点を絞っていると思う。
期待しないと覚悟して生きていく。これが生きにくい現在を生きていく私の哲学である。
本書を読んで再確認できた。


《ポイント》

○諦める(明らかに究める)覚悟をもつ。

○自分が信じると選択したことに裏切られても後悔しないと覚悟する。

○善意は伝わらないと覚悟する。

○人生は不合理だと覚悟する。

○一件落着主義はウソであると覚悟す。

○国や法律は守ってくれないと覚悟する。

○健康な体は決してないと覚悟する。

○最低限から考えてみる。

○体の声に従うことが大切。

○「中道」の考え方が大事。一方に偏らないという意味ではなく、両方大事という考え方。

○人は生きただけで偉大なのだ。

○いいことをしてもひけらかさない。(中国の「隠徳」という考え方)

○資本主義は終焉の時期が来ている。

○統計などの数字よりも自分の実感を信じる。

○「格差」は、あることが問題ではなく定着することが問題。

○躁から鬱の時代(下降していく時代)に入った。

○下降する社会と上昇しようとする摩擦が若者が感じる閉塞感につながっている。

○日本人は文明は西洋から取り入れたが魂までは取り入れていない。



※本記事は、以前運営していたブログ(books in life ~知識の倉庫~)で掲載した記事の内容を一部加筆修正したものです。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

■今週のまとめ記事(2013/2/11-2/16)

今週は、10年以上も前に読んだ本の再読の記事が2つありました。これからも増えてきそうです。

自分の土台を固める再読のススメ --
最近、再読にはまっています。

ご褒美は最初にあげたほうがよい? --
一般論をくつがえすような実験結果は、いろいろ考えさせられますね。

マイナス思考からの出発「大河の一滴」 --
自分の中の原点です。

【読書メモ】他力 --
他力を持つだけで人生変わります。

子どもへの愛情を感じたセリフ ~ドラマ「とんび」より~ --
心のこもった演技とセリフは胸をうちますね。

物事がうまくいかないときは他力の風が吹いていない【心の処方箋 #23】 --
常に他力を感じて暮らしたいものです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

物事がうまくいかないときは他力の風が吹いていない【心の処方箋 #23】

物事がうまくいかないときは他力の風が吹いていないと思えばよいのです。反対に、思った以上に物事がうまくいったときは、過信するのではなく謙虚に他力の風に感謝すべきなのです。(「他力」)



運命、天命、縁など、言葉はどれでもいいのですが、人知を超えた大きな力というものがあるんじゃないかなと思っています。「他力」もその一つ。

自分は大きな力に生かされている。そう感じながら日々暮らすことで落ち込んだりすることが減るかもしれません。傲慢な気持ちが減り、謙虚な姿勢がたくさん生まれるかもしれません。



▼引用元
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子どもへの愛情を感じたセリフ ~ドラマ「とんび」より~

父親と息子の愛情を描いたTBS日曜ドラマ「とんび」を毎週楽しみに見ているのですが、前回の放送(2/10 第5話)で心に響くセリフがありましたので、紹介します。

日曜劇場『とんび』|TBSテレビ


親が子どもを甘やかさなかったら誰が甘やかすんだ


自分の息子が野球部の後輩にしごきをしていて、それに対するクレームをつけてきた後輩の父親とのやりとりの中でのセリフ。


親の責任より愛の方が大事だ


これも同じ場面ですが、息子の後輩の父親に、親の責任はどうするつもりなんだ、みたいなことを言われたときに言い返したセリフ。


息子を持つ親としては、どちらも愛情に溢れた言葉でウルッときました。
ドラマを見ていない方は、言葉を見ただけでは伝わらないかもしれませんね。子どもがいらっしゃる方にはオススメのドラマです。

また、福山雅治さんが歌う主題歌「誕生日には真白な百合を」の歌詞も心に響きますよ。

↓こちらで聴けます。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【読書メモ】他力




1998年読了。再読。

《印象に残った内容》

○「他力とは、目に見えない自分以外の何か大きな力が、自分の生き方を支えているという考え方なのです。自分以外の他者が、自分という存在を支えていると謙虚に受けとめることが重要なのです。他力とは言葉を替えると、目に見えない大きな宇宙の力と言ってもよく、大きなエネルギーが見えない風のように流れていると感じるのです。自分ひとりの力でやったと考えるのは浅はかなことで、それ以外の目に見えない大きな力が自分の運命に関わり合いをもっている。」

○「わがはからいにあらず」という「他力」の思想を思うとき、「なるようにしかならない」という安心感が訪れてくるのです。

○「他力」の思想はヨットにたとえられる。エンジンのついていないヨットは無風状態では走ることができません。ヨットの上でどんなにがんばっても無駄。しかし、風が吹いてきたときにヨットの帆をおろして居眠りをしていたのであれば走る機会を失ってしまいます。だから無風状態が続いても、じっと我慢し、注意深く風を待ち、空模様を眺めて風を待つ努力が必要なのです。他力の風が吹かなければ、ヨットのように私たちの日常も思うとおりに動かないものなのでしょう。

○物事がうまくいかないときは他力の風が吹いていないと思えばよいのです。反対に、思った以上に物事がうまくいったときは、過信するのではなく謙虚に他力の風に感謝すべきなのです。

○正直者がばかを見るのは当たり前、努力は報われるものではないのです。

○人間はただ無為に生きるだけでも大変なことです。生きることそのものが大変なことなのです。どんな人生であってもそれなりに一生懸命必死で行き続けてきたに違いないのです。

○「マイナスの勇気、失うことの勇気、あるいは捨てることの勇気。現実を直視した究極のマイナス思考から、本物のプラス思考が出てくるのです。」

○諦めるは明らかに極める、勇気を持って現実を直視すること。

○「ぼんやりと自分の意識の外を流れていくような聞き方をしながらも、なお心に残るものこそ忘れないし、これこそ大事なものであるということではないでしょうか。」

○「慈悲」という言葉の「慈」はパーリ語で「マイトリー」といい、「悲」は「カルナー」という。
たとえるなら、父親が息子に罪を償って立派に更正しろ、共によりよい生をいきていこうと激励するのが「慈」であり、お前が地獄に行くなら、自分も一緒についていくよと黙って涙を落とす母親のような感情が「悲」です。


《印象に残ったキーワード》

・委任社会
・暗愁
・人は泣きながら生まれてくる(シェイクスピアの戯曲「リア王」の台詞)
・同治と対治(仏教用語)



※本記事は、以前運営していたブログ(books in life ~知識の倉庫~)で掲載した記事の内容を一部加筆修正したものです。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ