子どもの生きる力につながる親がすべき子どもの写真の整理方法

子どもの写真はたくさん撮ってるけど、保存してるだけ。後で、見返すことなんて、まれなこと。
なんてことは、ありませんか?

それは、もったいない。
せっかくの子どもの思い出は、見返して価値があるものです。



■子どもの1年間の写真をフォトブックとしてまとめる

ウチでは、子どもの誕生日が終わると、1年間の写真を整理して、毎年、フォトブックを作っています。

Photoback|あなたの写真が本になる。フォトブック、アルバム、文庫本作成


9月が4歳の息子の誕生でしたので、3歳のときの写真を整理して、写真に見合った文章を考えて、先日、フォトブックを完成させたところです。



■フォトブックの活用法

フォトブックは、同じものを4冊作ります。
それぞれの祖父母へのプレゼント用として各1冊。
私と妻の閲覧用として1冊。
そして、もう1冊は、息子が、結婚するときに渡すためのものです。
ですので、フォトブックの中の文章は、全て、未来の息子に宛てた形になっています。



■親としてフォトブックを作る意義

将来、息子が独り立ちしている頃は、今以上に生きにくい世の中かもしれません。そんな厳しい世の中を生きていく上で、拠り所となるものは何かと考えたとき、親としてフォトブックを作ることが使命とさえ思えたのです。

少し大げさですが、こういうことです。
これから、今まで以上に時代のスピードは早く、貧富の差が激しくなっていくでしょう。そんなときに心の拠り所になるのは何か。それは、お金でも地位でも名声でも人脈でもないと思います。それらは、この無常の世の中、絶対的なものではないでしょう。

では、何か。

それは「思い出」です。



■思い出の効用

子どもの頃の楽しかった思い出。両親から愛されていたという思い出。それらが「自己肯定感」や「生きる力」、生きることが辛くなったときの「心の拠り所」につながると思います。

また、時代のスピードがどんなに早くても、無常な世の中であっても、「思い出」は、不変的なものです。


そんな想いを抱きながら、魂を込めて、毎年、フォトブックを作っているのです。



■さいごに

今回で、4冊目です。(0歳、1歳、2歳、3歳)また、それとは別に、旅行のときの様子のみをまとめたディズニーリゾート2011編と北海道旅行2012編を作っています。

これらを将来の息子に渡したときが、親としての役目を果たした、という気さえするのです。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

習慣化するのにEverGearのひな型の機能が便利すぎ

習慣にしたいことは、誰でもあると思います。
それをどうやって習慣化させるか、が難しいところですが、iPhoneアプリを使ってこんな仕組みを考えてみました。


■EverGearを使った習慣化

習慣化するために特化したアプリはいろいろリリースされていますが、私はEvernoteと連携するメモアプリ「EverGear」を使います。このアプリのひな型の機能が、習慣化にもってこいなのです。

EverGear - Evernote投稿ツール 1.8.1(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: Lakesoft - Hiroshi Hashiguchi(サイズ: 6.2 MB)



どういうことかというと、私は、毎日、EverGearのひな型の機能を使って日記を書いています。

毎日、「EverGear」のひな型のノートを開き、そこに日記を書くわけです。

そのひな型に習慣化したいこと、毎日、意識したいことを、チェックリスト形式で書いておきます。


▼こんな感じで「EverGear」のひな型を作っています。習慣もしくは意識したい項目はとりあえず10項目から始めています。



日記は、毎日書きますので、毎日、チェックリストを見て、1日を振り返りながら、チェックすることができます。

あとで、できたか、できなかったかを振り返るには、ページごとに見なければいけないので、不便かもしれません 。ただ、毎日、確実に目にして、1日を振り返りながら、できたかできなかったかをチェックすることができるので、かなり習慣化につながると思います。



■こんな別の方法も

今見てきた方法は、すでに日記を書くことが習慣化しているからできる方法です。

日記が習慣化していない場合は、こんな方法もあります。

Evernoteに習慣化したいリストを書いたノートブックを作ります。
そのノートブックのノートリンクのアドレスを取得します。ノートリンクの取得は「smartever」を使います。(もちろん、パソコンのEvernoteでもできます。)


▼こんな感じ。







このノートリンクのアドレスを「Launch+」のリマインダーに設定します。

▼こんな感じ







こうしておけば、毎日、決まったときに、習慣化したいことを確認することができます。これを毎日続けていれば、自ずと習慣化できているはずです。


SmartEver - サクサク使える軽量Evernoteクライアント 1.4(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Makoto Setoh - Makoto Setoh(サイズ: 3.8 MB)


Launch+ 1.2.1(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: devarty.com - ARTEM KHRAMTSOV(サイズ: 3.4 MB)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

自分のブログ内を便利に検索する方法

ブログを長く続けていると、自分が書いた内容をはっきり思い出せないことがあります。

ブログを書くとき、過去に何を書いたか確認したいことが度々ありますが、そんなときに便利なのがこれです。

Quickaには「URLスキームを追加する」という機能がありますが、URLに以下を入れると自分のブログ内の検索ができます。
http://google.com/search?q=<@> site:自分のブログのアドレス
※<@>の後ろは半角スペース

Quicka - Web検索を快適に 1.9(¥85)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: rakuishi - KOICHIRO OCHIISHI(サイズ: 0.2 MB)



手順はこんな感じです。







▼参考にさせていただいたブログです。(いつも拝見させていただき、iPhoneやEvernote関連で有益な情報をいただいております)

Quickaに自サイト検索を入れて、iPhoneでも自由自在に自分ブログを検索する | ごりゅご.com

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

■今週のまとめ記事(2012/10/22-10/27)

今週はiPhone関連の記事ばかりになりました。
ネットやブログは、ほとんどiPhoneなので、自ずとiPhoneを便利に使うネタに対するアンテナが敏感になってきます。

1 手帳と紙copiでTODOを管理
手帳の使い方は仕事の種類やその人の性格によって千差万別。あまり、周りに惑わされず、オリジナルの使い方を構築させましょう。


2 日々のニュースをざっくり把握できるアプリ
こんなアプリを長いこと探していました。


3 自分のためにもブログを書くという視点
ブログを続けるうえでのモチベーションにも大きく関わることだと思います。


4 iPhoneのカメラのフラッシュで撮ったときに白くくもる場合の対処法
フラッシュの機能はデジカメにはかなわないのでしょうか。



5 iPhoneとタッチペンをセットで持ち歩ける驚きの方法
単純な話ですが、自分の中ではかなりの驚きでした。


6 上司はクライアントと思え 【心の処方箋 #8】
上司だけでなく、周りのヒトがみんなそうだと思えば、腹の立つことも少なくなるかもしれませんね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

上司はクライアントと思え 【心の処方箋 #8】

上司がクライアントだと気づけば、リップサービスもできるし、苦手なところをフォローしてあげようという気持ちにもなれるはずです。逆にフォローしてもらえれば、感謝です。
また、お小言も、お客様からのクレームだと思えば腹は立たないものです。


上司は、自分をサポートしてくれるものだ、という思い込みをなくせば、随分、楽になることもあるのではないでしょうか。

上司はクライアント。そう思えば、腹の立つことも少なくなるはずです。


▼引用元

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

iPhoneとタッチペンをセットで持ち歩ける驚きの方法

昨日の記事(iPhoneのカメラのフラッシュで撮ったときに白くくもる場合の対処法 )で書いたようにiPhoneのカメラのフラッシュで撮ったときに白くくもる原因が、iPhoneのカバーだったということで、カバーをするのをやめました。




傷がつくのでは、と思うこともありましたが、傷だらけになってみすぼらしくなったらカバーをつければよいという逆の発想をすることにしました。

落としたときなどの衝撃による破損も心配ですが、元々つけていたカバーもそんなに頑丈なものではないですし。


それよりも困るのが、カバーを付けていないと、他の人のiPhone(カバーなどをつけていないもの)と見分けがつかなくなる、ということです。どこかに置いたときに誤って持って行かれたら大変です。


で、シールを貼ろうかと思い、いろいろ調べたら、ホームボタンに貼るシールがいろいろありました。

ただ、なかなかしっくりくるものがなく、困っていたら、ストラップ感覚で、イヤホンジャックに差すアクセサリーがあることを知りました。


で、さらに、イヤホンジャックに差すタッチペンがあることを知り、うなってしまいました。というのは、タッチペンをiPhoneやiPadと一緒に持ち運べたら便利だなと、常々思っていたのですが、こんなシンプルな方法があったなんて、と驚かされたのです。

というわけで、即決です。




まだ、タッチペンを使う出番はありませんが、常にタッチペンを持っているというのは、いつでもiPhoneで手書きのメモがとれる、(とくに図を書いたりできますので)、安心感につながります。ワンポイントにもなりますしね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

iPhoneのカメラのフラッシュで撮ったときに白くくもる場合の対処法

iPhone4S を使い始めて1年弱が経ちます。その間、カメラでフラッシュを使うと画像が白くくもる現象があり、気にはなっていたのですが、ずっと放置していました。

ただ、最近、息子の写真を撮るのに、デジカメではなく、iPhoneをメインにしようと思い、この白くくもる現象をなんとかしようと考え、いろいろ調べてみました。

結果、何のこともない、簡単な話でした。

iPhoneを買ったときに、裏に張ってあるフィルムをはがしていないのが、影響していたようです。フィルムをはがしたら、白く曇る現象はだいぶおさまりました。

さらに、iPhoneのカバーが影響していたようです。カバーを外したら白く曇る現象はなくなりました。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

自分のためにもブログを書くという視点

このブログは、どんな方が読んでくれているのかなと思うことがあります。

ブログに訪れる方の検索ワードをみてみると、子育て系よりもiPhone系のワードが多いようです。

本ブログは、iPhoneなどのガジェットを活かして「楽しく便利で快適な」子育てにまつわる有益な情報をお届けしたいという想いがあります。

ですので、自分の備忘録的な記事を書くときは、少し躊躇することがあったのですが、以下のブログを読んで、それもありだよな、と思えるようになりました。


覚えておきたいことはブログに書いておくと後でGoogleからすげぇ簡単に見つけ出すことが出来る | ごりゅご.com




自分自身もブログの記事の蓄積を有効に活用するという視点です。本ブログの趣旨と同じ志向を持った方へ有益な情報を届けるのはもちろんですが、それに加え自分に有益になりそうなことも書いておくということです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

日々のニュースをざっくり把握できるアプリ

毎日のニュースを簡単かつ手短に解説してくれるアプリやサイトはないかな、と常々思っていたら、そのニーズに応えてくれるアプリに出会いました。

「スマ町銀座商店街」というアプリです。

スマ町銀座商店街 1.0.1(無料)App
カテゴリ: ニュース, ブック
販売元: THE MAINICHI NEWSPAPERS - THE MAINICHI NEWSPAPERS(サイズ: 4.9 MB)



なんだか、ふざけた名前のアプリだし、アイコンも正直イマイチですが、毎日新聞社のアプリのようなので、とりあえず、ダウンロードしてみました。

数日間、使ってみましたが、これは手放せなくなりそうな感じです。

まず、何がいいって、ニュースの簡潔ぶりです。詳しい解説は省き、ざっくりと要点だけ押さえています。

▼こんな感じでかなり簡潔。





また、わかりにくい旬なニュースや用語の解説を漫画でしてくれます。
これは、取っつきやすいです。

▼こんな感じ。



ほかにも、用語解説や、写真をメインとしたニュース記事など、コンテンツも充実しています。

▼メニュー画面。順番の並び替えができます。





全てのコンテンツに共通しているのが、どれも簡潔でわかりやすく、とっつきやすいということです。もっと詳しく内容を知りたい場合は、毎日新聞のサイトへのリンクが張ってあるのでそちらを見ることができます。

日々のニュースをざっくり把握したい場合にはもってこいのアプリだと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

手帳と紙copiでTODOを管理

手帳界隈が慌ただしくなる時期ですね。

毎年、買ってしまうのが、雑誌の手帳特集。昨年に引き続き、これを買いました。




■手帳の使い方は仕事内容によって多種多様

著名人だけではなく、一般のビジネスマンが使っている手帳の実践例が覗けて、大変興味深いものとなっています。

改めて思うのは、仕事の内容によって、手帳の使い方は多種多様だということ。
ただ、共通項として感じたのは、TODOリストを手帳で管理している方が、結構いるということです。


■手帳とパソコンでTODOを管理

私は手帳でTODOリストを管理しているわけではないので、この雑誌には掲載されていない事例として、紹介したいと思います。


まず、使っている手帳は、「超整理手帳」のバーティカル。1年半前くらいから使い始めました。それまでは、ずっとA5のシステム手帳でした。(10年愛用した手帳の後継は超整理手帳 参照)



日時が決まっている会議やアポイントは、当然、手帳のスケジュールに書きます。
やらなければいけないこと、例えば、いついつまでに資料を完成させなければいけないといった事案は、まず、締切の2日前に、○○資料完成、と書きます。あえて、締切の2日前を自分の中の締切とすることで、余裕を持たせます。

そこから、逆算して、その資料完成のためにやらなければいけないこと、例えば、○○を調べる、などを手帳に書き込んでいきます。

この例で言えば、資料を完成させるために必要なやるべきことのリストを作る場合もありますが、最終的には、やらなければいけないことをすべて手帳のスケジュールに落とし込みます。


■その日のやるべきことはパソコンのメモソフトに集約

毎日、退社前に、手帳を開き、次の日のアポイントや、やらなければいけないことを確認し、パソコンのメモソフト(紙copi)に、次の日のTODOリストとして、優先順に打ち込みます。その日に終わっていないTODOがあれば、次の日のTODOと優先順位を考えて順番を入れ替えます。このあたりはデジタルだから容易です。

ちなみに、この紙copiは、メモ帳としても使いやすいですが、ネットなどの画像を簡単に取り込み管理できるで便利です。Evernoteのように使え、Evernoteに匹敵する便利さです。

で、次の日は、紙copiに書いたTODOリストに沿って業務をするわけです。
その日に急に入る業務は、その日にやらなければいけないことであれば、そのTODOリストに加え、そうでなければ、手帳の然るべきスケジュールに書き込みます。

要するに、その日のTODOリストはデジタル(パソコン)で管理、それ以外はアナログ(手帳)で管理しているということです。

ちなみに、週末のスケジュール管理はiPhoneです。手帳はあくまで仕事だけです。
冒頭の雑誌の中の言葉を借りるとすれば、「手帳は仕事モードのスイッチ」です。


手帳は、常に常備していたいので、シザーバックを活用しています。このあたりは、以前の記事(超整理手帳を常に携帯するためスーツにシザーバッグを合わせてみた -を参照して下さい。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

■今週のまとめ記事(2012/10/15-10/20)

今週は、子育て、iPhoneを使った子育て、冷えとり、と書きたいテーマがバランスよくかけた週でした。


●読書の日(2012年10月)「なぞのたびびとフー せかいりょこうでこんにちは」 - 
毎月、定例化することで、習慣化してきました


●子育ての座右の書2【書評】続 子どもへのまなざし - 
このシリーズはほんと良書です。


●子どもの触覚・視覚・聴覚を育てる知育アプリ「ここタッチ -おなじものさがし」 - 
ふだんはあまり知育アプリはほとんど使いませんが、たまにはいいですね。


●使わなくなったiPhoneを子育てに有効活用 - 
こういった記事をたくさん書きたいのですが。


●治すな直せ、直せば治る - 
体調不良の根本は「生活」。わかっているけど、なかなか改善できないのが痛いところ。


●求めない - 
そう心に言い聞かせるだけで、随分、楽になります。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

求めない 【心の処方箋 #7】

この詩を読むと、いかに自分が他人にも、モノにも求めすぎていたか、と気づかされます。

「求めない」

そう心に決めて、生きていくだけで、随分、楽に生きられる気がします。




求めない-
すると
いまじゅうぶんに持っていると気づく

求めない-
すると
心が広くなる

求めない-
すると
慌てたりしなるくなるよ

求めない-
すると
求めない自分の勇気を知る



求めない-
すると
人から自由になる

求めない-
すると
失望しない

求めない-
すると
比べなくなる

求めない-
すると
頼らなくなる



いまあるものでじゅうぶんだ、
と知るひとだけが、
生きることの豊かさを知るんだよ



▼引用元(上記は各ページの気に入った詩を寄せ集めたものです)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

治すな直せ、直せば治る

治すな直せ、直せば治る


病気を治すのではなくて、生活を直せば病気は自ずと治るという意味合いです。
冷えとり健康法の進藤義晴先生の言葉です。


体調不良のときに、この言葉を見ると、確かに、寝不足や残業による疲労の蓄積、パソコンによる目の酷使など、無理な生活を送っていたなと反省させられます。

体調不良を治すことを考える前に、生活を直すことを考えないと、根本的な解決にならない、ということですね。



▼引用元

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

使わなくなったiPhoneを子育てに有効活用

4歳の息子と出かけるとき、飛行機や電車の中、病気の待合室など、長時間じっとしていないといけないシチュエーションがある場合、以前使っていたiPhone 3GSを必ず持って行きます。

というのは、iPhone 3GSに息子の好きな機関車トーマスやアンパンマンのDVDを取り込んでいるのです。


使わなくなったiPhoneの有効活用です。

よって、iTunesで、今使っているiPhone4Sと、古いiPhone 3GSの2つを管理しています。

iTunesで、複数のデバイスを管理する場合、shiftを押しながらiTunesを起動すると、iTunesの新しいフォルダを作ったり、切り替えたりできます。

詳細は次のブログがわかりやすいでしょう。

iTunesで2台のiPodを共有する方法 | IDEA*IDEA



これにより、使わなくなったiPhoneを子育てに有効活用しているわけです。

ちなみに、DVDをiPhoneに取り込むのに、このソフトを使ってファイル変換しています。

Any Video Converter Gold--DVD変換、動画変換、Youtubeダウンロード、動画編集などの機能を搭載するソフト
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子どもの触覚・視覚・聴覚を育てる知育アプリ「ここタッチ -おなじものさがし」

ココタッチ - おなじものさがし - 1.0.2(¥450)App
カテゴリ: 教育, 教育, ゲーム, キッズ
販売元: Ariane Inc. - ariane Inc.(サイズ: 26.7 MB)

※作者様からご提供いただきました。


指1本でタッチして遊べる幼児用の知育アプリです。対象年齢は、乳児から3、4歳です。

海の中、南極、ジャングル、宇宙など合8つのテーマがあり、テーマごとに同じ絵を3つの絵の中から選んでタッチするという内容です。また、絵をタッチすると動き出したりといった楽しい仕掛けもあります。


4歳の息子と一緒に遊んでみました。

絵がかわいらしく子どもにとっつきやすいものとなっています。音も出ますし、絵に動きがあるので、子どもの興味をひくことは間違いないでしょう。息子も興味津々に画面に釘付けでした。

下の画面にあるように同じ絵を選ぶわけですが、なかなか難しい問題もありました。




息子は、同じ絵を選ぶという知育は、ベネッセの子どもチャレンジで何度もやっているので、得意なはずでしたが、最初の問題でつまづいてしまい、意気消沈してしまいました。


このあたりは、難易度設定ができたり、難易度でコースを分けてもいいのかなと思いました。また、子どもにとっては、最初の問題は簡単で、だんだん難易度があがっていくとした方が、興味を引くのではないかと思います。


ただ、画面の絵を指でタッチすると音といっしょに絵が動き出すなど、触ることにより、音と絵が連動していますので、
触覚、視覚、聴覚といった感覚を同時に刺激することができ、紙にはないデジタルの利点を十分活かした仕様になっている点は一見の価値があるでしょう。

さらに、iPadだけではく、iPhoneでも遊べるので、外出先で子どもが退屈したときや、じっとしていなければいけないシチュエーションにはもってこいのアプリではないでしょうか。

無料のlite版もありますので、一度、子どもの反応を試してみてはいかがでしょうか。

ココタッチlite -おなじものさがし- 1.0.2(無料)App
カテゴリ: 教育, ゲーム, キッズ, ファミリー
販売元: Ariane Inc. - ariane Inc.(サイズ: 10.5 MB)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ