子どもとのんびりお風呂に入るためにiPadを活用

子どもってお風呂に入りたがらなかったり、すぐに出たいと言うことはありませんか?
我が家では、3歳の息子を私が週3回お風呂に入れているのですが、こういうことはよくありました。
ありました、というのは、今はなくなったのです。

どうしてかというと、お風呂の中での過ごし方です。

■お風呂での過ごし方
お風呂では、借りてきたDVD、DVDレコーダーで録画したテレビ番組をiPadやiPhoneで一緒に見ます。
今は、機関車トーマスやアンパンマンをよく見ています。

■YouTubeではダメなのか
当初はYouTubeで見ていたのですが、YouTubeだとどうしても話の途中で終わるものが多く、断片的になってしまいます。
話を全部見ることで、ストーリーのつながりや他のストーリーとの違いなど、いろいろ考えてもらいたいので、DVDを借りてきたり、テレビを録画したりするようにしました。

お風呂でテレビなんて、とか、テレビの見過ぎはよくないとか、いろいろ意見はあると思いますが、ウチでは平日はお風呂でしかテレビやDVDを見ませんので、よしとしています。

■iPadでどうやって見ているのか
で、iPadでどのように見ているかというと、こんな感じです。ちなみにiPhoneで見ることもできます。

○借りてきたDVDを見る場合
ちょっとした準備が必要です。
方法はいろいろあると思いますが、まず、借りてきたDVDを、iPadで見ることができるファイルに変換してパソコンに保存します。
ファイルの変換はこのソフトを使っています。これは有料版ですが、無料版もあります。

Any Video Converter Gold 

変換したファイルをiPadに保存するか、ネットストレージに保存します。私はiPadの容量に余裕がないのでNドライブに保存しています。
iPhoneやiPadの専用アプリもあります。

Nドライブ App 2.0.3(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: NAVER Japan Corporation - NAVER JAPAN(サイズ: 10.3 MB)
全てのバージョンの評価: (567件の評価)



○DVDレコーダーで録画した番組を見る場合
これは、VULKANO FLOW(ボルカノフロー)という機器を使っています。
なかなかすごい機器で、一人でお風呂にはいるときもDVDレコーダーにとりためたドラマなど、半身浴をしながら見ています。
どうすごいかというと、メーカーの解説を抜粋しておきますので参考にしてください。
かなりおすすめです。iPhoneやiPadの専用アプリもあります。
正直、買うときすごい迷いましたが、買う価値は十分あると思います。買ってよかったです。

VULKANO FLOW(ボルカノフロー)は自宅などに設置したテレビチューナーやビデオ/HDDレコーダーなどの映像をインターネット経由で離れた場所に転送し、iPhoneやiPad、Android、パソコンのソフトで見ることができるストリーミングTVアダプターです。インターネット経由で遠隔リモコン操作も可能なので、HDDレコーダーなどを接続すれば予約録画を行って、さらに録画した映像を見ることも可能です。iPhoneやiPadはもちろん、TVチューナーを搭載していないAndroidでもテレビやビデオの映像を手軽に見ることができます。

・iPhoneやiPad、Android、パソコンでテレビを見られる!
・いざという時に地元のテレビ映像などを遠隔地から見ることもできる!
・HDD/DVD/BDレコーダーをつなげれば外出先から録画予約もできる!
・D3(フルハイビジョン)入力だから文字くっきり♪動きの激しいスポーツ映像もなめらか!
・ハード・ソフト共に当社でカスタマイズして国内各法規制に対応済み!




Vulkano Player for Flow and Blast 1.15.305(¥1,100)App
カテゴリ: エンターテインメント, スポーツ
販売元: Monsoon Multimedia - Monsoon Multimedia(サイズ: 14.8 MB)
全てのバージョンの評価: (95件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応


というわけで、お風呂での楽しみがあるので、息子は喜んでお風呂に入ります。
私ものんびりお風呂につかれますし、ときには息子と半身浴しながらのんびりバスライフを楽しんでいます。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

本ブログのテーマ

2010年9月から書き始めた本ブログですが、これまで書いてきた記事や今後書きたい記事をふまえ、本ブログのメインテーマは次の2つとしました。

1 楽しく便利で快適な「子育てハック」
iPhoneやEvernote、デジタル家電などのガジェット、ライフハックを活用した、パパ目線による『楽しく便利で快適な子育て』を行うための実践や考え方を書いていきます。

2 「冷えとり健康」の実践
子育てには健康が第一です。そのための健康法として実践している、医師の進藤義晴先生が考案した「冷えとり健康法」の実践や冷えとりに関連した豆知識、冷えとりグッズの紹介などを書いていきます。

上記の2つをメインテーマとして書いていきたいと思っていますが、子育ての土台となる生活や仕事について、とくに生活や仕事を快適に効率的に行うためのライフハックに関することも書いていきます。(その他、書評、雑記などなど雑多なものもあり。)

以上、これまで書いてきた内容と大きく反れるわけではありませんが、今一度、ブログの趣旨を明確にした上で、記事を書いていこうと思います。

これに伴い、ブログのタイトル、リード文、テンプレートを、心機一転、変更しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

『社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!』の書評で当選しました

2012/6/14の記事で書いた『社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!』の書評ブログコンテストへのエントリーですが、見事、15エントリーの中に選ばれました。ちきりんご本人によるセレクト、Editor's select(編集者によるセレクト)、Marketer's select(営業担当の方)の3つの賞があり、それぞれ5エントリー、計15エントリーが選ばれるというものです。
本ブログは、Marketer's select部門で選ばれました。
ありがとうございます!ものを書くことに対するモチベーションがあがりました。

エントリーした本ブログ記事はこちら↓
【書評】社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! 2012.06.14(Thu)



書評ブログ コンテスト結果発表! - Chikirinの日記



ちなみに以前の記事「自分が伝えたいことを見失ってしまった」で書いたとおり、今、本ブログで書きたいことを再考しています。以前より更新頻度が下がっておりますが、だいぶ方向性が固まってきましたので、そろそろ書き始めることができそうです。実はタグの整理はほぼ終わっています。タグはすでに新バージョンになっているのです!あとはリード文とタイトルの変更をしようか検討中です。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

自分が伝えたいことを見失ってしまった

最近、ブログの更新頻度を高くすることを重視するあまり、このブログで伝えたいことは何なのかという、根本的なことを忘れがちになっていた気がしています。

ブログの更新が目的になってしまっていて、ブログという媒体を使って自分が伝えたいことを伝えるという本来の目的がこぼれ落ちてしまっていたのです。

さらに、更新頻度を高くするため、ネタの間口が広がり、自分の本当に伝えたいテーマというのを見失ってしまっている感があります

幅広くネタを集めることや多様なテーマで記事を書くことを否定するつもりはないのですが、自分の伝えたい軸というか、柱みたいなものを、再確認して、土台を固め直したいのです。

少し更新頻度が減るかもしれませんが、今までブログの執筆に使っていた時間をそういったことを考える時間にあてようと思っています。

ただ、それをブログで表現できれば更新できるんですがね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【言葉】舟は帆まかせ、帆は風まかせ、辿る船路は潮まかせ

冷えとり健康法の考案者である進藤義晴先生の言葉が胸にしみましたので紹介します。
講演録に掲載されていました。


「舟は帆まかせ、帆は風まかせ、辿る船路は潮まかせ」


物事は何でも無理矢理に突き進むんじゃなくて、周りの潮とか風とか、そういうものに合わせて適当にやって行きながら、それで、だんだんと目的地のほうへ目指すと。そういう意味です。何をやるにしたって、パッと思うとおりにはいかないわけだから、妥協をしたり、時には後退をすることもあるだろうし、色々しなきゃいかんでしょ。


進藤義晴先生講演録「人類よ驕るなかれ」より
※「宿り木の会」で購入可。


///////関連記事///////////
冷えとりの肝 - 育児パパのライフハックへの道

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【書評】社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!

自分の常識はある一定の範囲での常識でしかない。
読後に改めて感じたことです。

というのは、日本を飛び出し、海外へ行くと、たくさんの異なる視点や価値観があることを著者の豊富な海外旅行の実体験を通して、この本は教えてくれます。

一例をあげてみましょう。
フィリピンのレストランで紅茶を注文したところ、出てきたのは「透明のお湯の入ったカップ」と「封もあけていないリプトンのティーバッグ」でした。日本人なら手抜きだ、失礼な、と思うところでしょう。

でも、それには理由があるのです。
フィリピンにとっては、ティーバッグは茶葉より高級な品です。レストランとしては、茶葉ではなくティーバッグを出すことはそれだけでステータスが高いのです。さらに、ティーバッグが未開封というのは、リプトンという高級ブランドのティーバッグを使っていますよという証明なのです。

日本人の常識とは違います。
海外では、このような常識が違う、考え方が違う、価値観が違う、という場面にたくさん遭遇します。

ただ、それを非常識だ、と一蹴してしまっては、何の楽しみもありません。
なぜ?どうして?、と自分のアタマで考える。そうすることで、楽しみながら、自分の常識の枠が広がり、懐の深い人間になることができる、そんなことを考えさせられる本です。

なんといっても、著者の豊富な海外での体験と鋭い洞察がたくさんつまっているので、それを読むだけでも海外旅行に行きたい気持ちが高まることは間違いないでしょう。

著者は、「同じことを全く異なる視点からみる世界の存在に気がつくことがなによりも楽しく、海外旅行をする大きな理由となっています」といいます。

これから、海外旅行をしようとしている方、海外旅行に行きたいと考えている方、ぜひ、海外に行く前に手にとっていただきたい本です。そうすれば、自分のアタマで考える海外の旅が実現できるのではないでしょうか。


■本記事は、『世界を歩いて考えよう!』の書評コンテストに応募しています。
『世界を歩いて考えよう!』 新刊発売キャンペーンのお知らせ! - Chikirinの日記



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

読書の日(2012年6月)

今日は家族の「読書の日」でした。
読書の日とは、月1回、3歳の息子に読ませたい絵本を妻か私、または息子自身が選んで、息子が新しい絵本を月1回読む機会を持とうというものです。息子にはたくさんの絵本にふれさせたいという思いがあります。

今月は私が絵本を選びました。
これです。



どういうお話かというと、まっくろなネリノは、きれいな色をした兄たちに、まっくろだからという理由で遊んでもらえず、いつも一人ぼっちでした。あるとき、兄たちは、きれいな色だから捕まってしまったのですが、ネリノは兄たちを助け出します。それからというもの、兄たちと仲良くなり、一人ぼっちでなくなる、というものです。
大人が読んでも、どこか示唆深いお話で、いろいろ考えさせられます。

息子が気に入るかわかりませんでしたが、1回読むと、「もう1回読んで」とせがまれ、結局、5回以上読みました。なかなかウケがよかったので、明日からも何回も読んであげれそうです。
絵がかわいらしい、というのがポイントだったかもしれません。


///////関連記事/////////

家族の読書の日 - 育児パパのライフハックへの道


読書の日(5月)とその効用 - 育児パパのライフハックへの道


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

雨の日でも傘の持ち運び楽な方法をお教えします

雨の日でも傘の持ち運び楽な方法をお教えします
梅雨ですね。
電車通勤の自分にとっては、この時期、傘が邪魔でしょうがありません。

電車の中では、毎日、読書をしているので、傘があると、片手がふさがり、不都合極まりないのです。

そこで、両手が自由になるためにどうしたらよいか。いろいろ考え、試した結果、定着したのが次の方法です。

傘は折りたたみ傘にします。
折りたたみといっても、よく見かける大きさではなく、大きめの折りたたみ傘です。通常の長い傘よりもちょっと小さめくらいのものです。これです。



これを電車の中など使わないときは、収納ケースに入れ、鞄の手で持つ部分にひっかけるのです。
こうすることで傘の持ち運びが格段と楽になります。また、鞄を肩に掛ければ、傘があるのに両手があきます。
こんな感じです。



これで、傘があっても苦にならず、梅雨の時期を乗り切れます。
収納ケースはこれです。色はブラックですが。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

半身浴をしながらブログを書くならこのキーボードがおすすめ

以前の記事(半身浴中のブログ執筆用ワイヤレスキーボード
)で書いた、半身浴をしながらブログを書くために買ったワイヤレスキーボードですが、コストパフォーマンスが良すぎです。
iPhoneでもiPadでも問題なく使えます。
これで、送料込みで2000円とは。
値段も使い勝手も快適です。



半身浴のときにiPhoneやiPadを使うときは、この防水ケースを使っています。どちらも使いやすくて重宝しています。
これで、半身浴をしながらガシガシ文章を書ける環境が整いました。

あとは、残業が続いたときのブログを書く時間の確保と、残業で疲れているときの書く気力の維持が課題です。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

半身浴中のブログ執筆用ワイヤレスキーボード

最近、ブログの優先順位をあげています。そのかいもあってか、以前は週に1回程度の更新だったのが、今では週3〜4回は更新できるようになりました。

そうはいっても、子持ちのサラリーマンにはなかなかブログを書く時間を捻出するのは難しいところです。

今は、仕事帰りの電車の中で書くのを基本にしていますが、書ける時間はせいぜい20分程度なので、なかなか1本の記事を完成させるには時間が足りません。

そこて、新たにブログを書く時間を入浴中に設けることにしました。
半身浴しながら書くということです。
冷えとり的にもよいことですし、一石二鳥です。

ただ、平日は、だらだら半身浴しているわけにもいかないので、ブログを書く時間に確保できるのは20分程度になりそうです。

iPhoneのキーボードで書いてもよいのですが、少しでも効率的に書こうと思い、ワイヤレスキーボードを導入することにしました。
カフェなどでブログを書くときは、ワイヤレスキーボードを使っているのですが、それをそのまま、お風呂で使うとなると、壊れる心配 があります。

そこで、防水機能のあるこのワイヤレスキーボードを買ってみました。



まだ、2回程度しか使っていませんが、コンパクトなので、持ち運びには便利です。ただ、キーが小さいため、ブラインドタッチには少し難があります。それに、持ち運びに便利とはいっても、お風呂に持っていくだけなので、それほどメリットは感じられません。
これだと、iPadのキーボードとそんなに変わらない感じなので、iPadを使えばいいやという感じになってしまいます。

ここで妥協はしたくないと思い、さらにキーボードを探しました。

防水機能のついたキーボードはあまりないし、値段もそこそこするので、今度は、発想を変え、防水機能がなくてもいいから安価なものを探すことにしました。壊れても仕方がないと割り切るのです。

そこで、このブログがきっかけでこれを買うことにしました。

[を] ポケモンタイピングDSのBluetoothキーボードをiPhone/iPadで使う
ポケモンタイピングDSのBluetoothキーボードをiPhone/iPadで使う ...





まだ商品が来ていないので、使い勝手はわかりませんが、半身浴をしながら快適に文字が打てる環境を整えていこうと思っています。


ちなみに、たまにカフェで書くことがありますが、そのとき使っているのはこれ。
かなり使いやすく気に入っています。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【まとめ】2012年5月読書のまとめ

今回から月の初めに1ヶ月の読書のまとめをします。

書評でもなく内容紹介でもなく、基本は、読了後に行動や実践をしようと思ったことをメモ程度に書いています。(文中の★Actionとは行動や実践しようと思ったこと)

興味を抱いたものがあれば、恐れ入りますが本の内容は、他の書評サイト、Amazonや楽天などで確認してみてください。

2012年5月は、4冊読みました。ちょっと少な目です。





「人から教わっても見聞きしても、結局、一番大事なことは、時間をかけて自分で感じ発見するしかない」という言葉が印象に残りました。





★Action

●自分のセーフティネットの構築
<キーワード>
ありそうでなかったもの、経験からくるニーズ、ターゲット、パートナー、チャネル、ブルーオーシャン、ロールモデルからのずらし、戦略、継続

●戦略と継続の精神
<キーワード>
じゃんけんじゃんけん、またじゃんけんの精神、仮説とPDCAサイクル

●スルー力





哲学とは何か、を明快にしてくれました
・ 存在とは何かを問うことが哲学の根本問題
・人や生物、モノが「ある」とはどういうことかを研究する学問
・自然を超えた超自然的な視点から物事を考える考え方が哲学という思考法






★Action
●固定した場所にいるときは、ひざ掛け湯たんぽ、ダンボール箱、を使い頭寒足熱を徹底。

●その日の冷えはその日のうちに。→半身浴とマッサージ

●心グセや食事制限は気にせず、まずは冷えとりと食事への感謝。そうすれば食欲は適量になる。


/////////////関連記事////////////////

行動の源泉となる読書メモ
考える読書術





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【読書メモ】働くパパの時間管理術



本ブログと趣旨が似てそうなタイトルだったので、タイトル買いしました。

内容は、ビジネス書に書かれていることを、パパ目線に置き換えて書かれているといったところでしょうか。

これまで、それなりにビジネス書は読んできているので、既知の内容が多かったのですが、その内容に対するキャッチフレーズの付け方は斬新で興味を惹かれました。

例えば、
・「時間のボーダーレス化」・・・平日と休日の時間を区別しない
・「二毛作」・・・何かをしながら何かをして時間を有効活用
・「仕事の初球打ち」・・・与えられた仕事はすぐにとりかかる。
・「早起早寝」・・・早く起きることで早く寝ることができ、結果的に早寝早起きになる

など、内容は、どこかで読んだことがあるものなのですが、このキーワードのおかげで頭に残りやすくなります。

本書を読んで実践しようと思ったことは以下の3つでした。

○アフター5の内容を曜日ごとに決めておく
  あらかじめ時間を「天引き」しておく

○「作業興奮」を意識
  とにかくとりかかれば、エンジンがかかってくる

○効率<思いやり
  効率が悪くても夫婦が笑顔になるならあえて非効率を選ぶという選択肢もあり得る


/////関連記事/////

行動の源泉となる読書メモ
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

湯たんぽデビューで冷えとり生活バージョンアップ

昨日の夜から、寝るときに湯たんぽを使い始めました。
これまでは、湯たんぽは面倒くさいという理由で昔ながらのの電気あんかとこれを使っていました。



面倒くさいと思っていた湯たんぽをどうして使い始めたのか。
きっかけは、「きょうからはじめる冷えとりレッスン入門ノ書」(進藤幸恵著)のこの言葉からです。





●電気やカイロなどの人工的な熱源は、温かくなりすぎて体の表面ばかり温めてしまうえ、水分の発散が大きくのどが渇いたり、皮膚がカサカサになったりします。表面だけ体温高くなると、体はバランスをとろうとして、逆に体の芯は冷えてしまいます。

●自分の体には素晴らしい自然治癒力があるだということを信じましょう




先日、ひさびさの風邪で苦しんでいたときにこの言葉を見て思いました。
冷えとりでいいとされていることはとにかくやってみよう。とにかく素直に愚直に冷えとりをすることが、ひいては自然治癒力が高まり、体調を崩しにくくなるんだと、改めて思ったのです。


ですので、これまで面倒くさいと敬遠していた湯たんぽに目が向いたというわけです。

では、面倒くささを軽減するためにどうしたらよいか。
ここが悩ましいところです。

とりあえず、生活の導線にケトルを置くことでスムーズに湯を沸かすことができるようにしました。

まず、ケトルを洗面所に置きます。
洗面所は必ず風呂に入る前に通りますので、そのタイミングでケトルに水を入れ沸騰させておきます。
風呂から出たときには、湯が沸いています。
着替えを終えてから、前日に使った湯たんぽを寝室に取りに行き、洗面所で冷めた湯を捨て、ケトルから湯を注ぎます。
湯が入って温かくなった湯たんぽを寝室に持っていき準備完了、といった感じです。
寝室とキッチンは離れているので、洗面所で湯沸かしから湯たんぽへの湯の注入までを完了させているのがミソです。
風呂に入る前、すなわち寝る前に必ず洗面所に行きますので、そのときに湯沸かしを設定しておけば効率がよいですし、寝室と洗面所が近いので移動距離が少なく面倒くささが軽減されます。

この流れだと、それほど面倒に感じず、続けれそうな気がしています。
それに、湯たんぽは電気あんかに比べものにならないほど、心地よいのです。この心地よさは続けるモチベーションになります。

生活の導線に着目して湯たんぽの面倒くささを減らし、湯たんぽデビューしてみてはいかがでしょうか。
心地よさが待っていますよ。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【読書メモ】今日もていねいに。

あわただしい毎日に流されていると自然と心がすさんでいきます。心に余裕がなくなりイライラし、頭に血が上り、冷えとり的にもよくありません。
今まで、忙しく感じるときほど、つとめてのんびり丁寧に生活することを心がけていましたが、本書からさらにいろいろヒントをもらったのでキーワードをメモしておこうと思います。
気になるキーワードがあったら、ぜひ本書を手に取ってみてください。



●自分プロジェクト
 1日に1つささいなことでもいいので何かに挑戦。
 著者は「毎日、おいしいハーブティを淹れる」
 →お茶を淹れる5分が工夫と発見のひとときになる

●楽しみは発見するもの。喜びは工夫から生まれるもをの。

●ありふれた今日に潜む新しさをみつける好奇心

●嘘のしっぽ
 人と付き合うとはその人を100%受け入れること。
 →嘘をつかなければいけない相手の理由もまるごと受け入れる

●気品ある静かなしぐさ
 誰もいないときの態度が自分自身の根っこ

●暮らしの引き算
 生活の中でなにか増やしたら減らす。それが丁寧に暮らす秘訣。

●お金という種
 お金を使えば通帳の残高は減るが、自分の中の価値はお金であったときより増えている
 お金は自分の価値観で使う

●あえて手間をかける
 あえて面倒くさいことを丁寧にすることで、それをその日のトピックスにする

●自分のデザイン
 八分目は腹だけではなくて仕事、人間関係、眠りなど人生のすべてにおいて。

●欲張らないルール
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ