【育児】子どものビデオや写真を手軽にテレビで見るためにホームネットワークを活用

 子どものビデオや写真を撮りっぱなしでほとんど見ない、ということはありませんか?

 我が家では、1年半前、子どもが6ヶ月頃のときビデオカメラを買いました。ビデオカメラといっても、一般的なビデオカメラとは違い、ポケットビデオカム「vado HD」 という小型のものです。

 ビデオカメラに比べれば、ズーム機能が優れていませんので、運動会や学芸会などのイベントでは不向きかもしれません。しかし、子どもの日常生活を撮りたいという思いから、すぐに取り出せて持ち運びに便利な「ポケットビデオカム」にしました。

 これなら、人目につきませんので、飲食店やデパートなどで撮ってもそれほど周りを気にする必要はありません。子どもの何気ない日常生活を撮るには最適です。

 しかし、これまで、撮ったはいいが、撮りっぱなしでなかなか見ることがありませんでした。動画データとしてパソコンで取り込んでいますので、パソコンで見ることはできるのですが、これまでほとんど見たことはありません。

 見たいと思うときはあるのですが、わざわざパソコンを起動してまでは面倒なのです。妻はパソコンがそれほど好きではありませんのでなおさらです。


 そこで我が家は、リビングのテレビで手軽に見れるようにしました。


 どうしたかというと、まず、撮った動画データをネットワーク対応のHDD(BUFFALO ネットワーク対応HDD LinkStation 1.0TB LS-CH1.0TL)に保存します。

BUFFALO ネットワーク対応HDD LinkStation 1.0TB LS-CH1.0TLBUFFALO ネットワーク対応HDD LinkStation 1.0TB LS-CH1.0TL
(2009/05/02)
バッファロー

商品詳細を見る



 それで、このHDDとリビングのテレビ(sonyのBRAVIA KDL-40W5)を有線でつなぎます。別にこのテレビでなくても最近のテレビであればおそらく問題ないでしょう。

【エコポイント対象商品】 SONY BRAVIA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ W5シリーズ 40V型 KDL-40W5【エコポイント対象商品】 SONY BRAVIA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ W5シリーズ 40V型 KDL-40W5
()
ソニー

商品詳細を見る



 ちなみに、少し話しはそれますが、我が家は、このHDDを私と妻のパソコンのネットワークの中に入れてあり、どちらからもアクセスできる状態にしてありますので、それぞれのパソコンからも見ることができます。

 さらに、リビングにあるDVDレコーダー(sonyのBDZ-EX200)で録画したテレビ番組を寝室のテレビでも見ることができるようにしています。

     sonyの「ルームリンク」です。いわゆる「DLNA」(注)というやつです。

注)Digital Living Network Alliance(デジタル リビング ネットワーク アライアンス )の略でデジタル家電など家庭内ネットワークの相互接続の標準化を推進する団体、またはその仕様。(「はてなキーワード」より)

SONY デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDD搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD2TB BDZ-EX200SONY デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDD搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD2TB BDZ-EX200
(2009/11/07)
ソニー

商品詳細を見る



 話しを元に戻します。

 ここで注意をしなければいけないのが動画データのファイル形式です。

 前述のポケットビデオカム「vado HD」で録画した動画データはavi形式で、リビングのテレビは、avi形式に対応していませんでした。説明書を見たところ、mpeg2形式とavc形式に対応していることがわかりました。


  ということは、avi形式からmpeg2形式やavc形式への変換が必要になってきます。

 そこでパソコンのソフトウエア「Any Video Converter Gold」を使います。動画データ形式を変換するフリーソフトをいろいろ探したのですが、操作性や対応できるデータ形式などから、有料(5,500円)ではありますが、これにしました。

 avi形式からmpeg2形式などへの変換であれば、これの下位にあたる「Any Video Converter Professional」は、レンタルしてきたDVDからmpeg2などのファイル形式でパソコンなどに保存できることから、こちらにしました。


 動画データの変換は、手間と時間がかかると思われるかもかもしれません。ただ、撮った動画データをパソコンに取り込み保存するときにあわせて、前述のソフトを使って変換してしまえば、それほど手間ではありません。

  ただ、変換の時間はかかります。夜寝る前に変換の開始の設定をしておけば、朝起きたときにはできていますので、それほど問題にはならないでしょう。我が家は、ビデオは長くてもせいぜい1分から2分しか撮らないので、それほど変換の時間はかかっていません。


 こうして、mpeg2に変換したデータを前述のHDDに置くことで、テレビからチャンネルを変えるような簡単な操作で見ることがができます。

 これで、見たいときにすぐに手軽に見ることができます。

 ちなみに、このHDDに写真のデータを置いておけば、写真もテレビで見ることができます。

  我が家は、 写真はフォトアルバム(TranscendPF810)で常に流しているので、見る機会は多いのですが、動画はこの方法により、見る回数が増えました。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【生活】メモアプリ「HayaMemo」の使い方


 私は、職場以外の場所で、職場でやらなければいけないことを思いついたとき、すぐにその内容を職場の個人アドレス宛にメールを送っています。

 そのときに使っているアプリがiphoneアプリ「HayaMemo」です。

 このアプリに出会うまでは、ずっと「SpeedMailer」というアプリを使っていました。

 どちらもメモした内容を指定したメールアドレス先に送るというシンプルな機能なのですが、「HayaMemo」の方が送信までの手順が少なく、早く送れるので、先日、のりかえました。

 また、送信先が1箇所であれば、「メモメ」というアプリを使えばかなり早く送れますが、最低でも2箇所、すぐに送る先を設定しておきたいので、「HayaMemo」を使っています。

 登録している送信先としては、前述のとおり職場の個人アドレス。
 もうひとつは、自分のgメールのアドレスです。これは、外出先で、家に帰ってからすぐにやらなければいけないことを思いついたときに、すぐにその内容を送るためです。

 そうすると、自分のgメールにメールが届き、iphoneアプリ「Google Mobaile App」により、未読数の数字が表示されます。

 家に帰り、未読数があれば、必ずメールチェックをするので、そこでやらなければいけないことを忘れずに確認できるわけです。
 
 ちなみに「HayaMemo」は、3つのあて先を設定することができます。私は使っていませんが、twitterとしても設定できます。

 ほかには文字フォントや背景色が変更できたり、メモした内容は保存され、その検索ができたりなど、ほかにも機能があります。使い方は個人のニーズによって変わってくると思いますが、私はこのような使い方をしています。


HayaMemo 1.14(¥230) for iPhone

iPhone および iPod touch 互換 iOS 4.0 以降が必要

HayaMemo 1.14
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥230 App
更新:2010/08/14


imagesimages



SpeedMailer 1.31(無料) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

SpeedMailer 1.31
カテゴリ: ビジネス
価格: 無料 App
更新:2010/05/18


imagesimages



メモメ 1.1(無料) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

メモメ 1.1
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 App
更新:2010/02/04


imagesimages



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【雑記】ブログを書く意味を整理する効用

 このブログを始め、1ヶ月くらい経ちます。毎週、原則、週末の更新を目指してきましたが、わりかし順調です。
 しかし、ブログを続けていると、更新が滞りそうになるときが絶対に来ます。
 そういうとき、「自分にとってのブログを書く意味」を再認識することが、ブログの更新のモチベーションにつながると思います。
 そこで、これまで、いくつかのジャンルのブログを書いてきましたが、現段階での「自分にとってのブログを書く意味」について整理をしておきたいと思います。

■仕事に役立つ
 仕事は文筆関係ではありませんが、行政通知のようなカタイ文書から市民向けの優しい表現を重視した文章など、さまざまな文章を書く機会があります。
 ブログを書くことが、直接、仕事で書く文章に役立っているわけではないかもしれません。ただ、日頃からブログという形で文章に慣れ親しんでいるので、文章を書くことに対する抵抗感は軽減されていると思います。

■思考の明確化
 これは、ブログを書く利点として、一般的によく言われることです。私にとっては、思考を文章にすることで、思考の過程や思考の曖昧さが明確化され、思考が見える化されるということにつながっています。
 思考というのは、当たり前ですが、頭の中で行われますので、記憶がなければ再現できません。思考の「結果」というものは記憶に残りやすいと思いますが、思考の「過程」というのは記憶にとどまりにくいものです。
 また、考えたことや思っていることを、いざ、文章にしようとすると、なかなか表現できないことに気づきます。それは、文章力の問題もあるかもしれませんが、思考が曖昧だからという理由も大きいのではないでしょうか。
 思考を文章という形で残そうとすることは、思考を明確化することにほかならないのだと思います。

■日常生活に張りが出る
 ブログにはネタが必要です。ネタを探そうとすることで、日々の生活の中のこれまで目のいかなかったモノや気づかなかったモノに気づくことができる可能性が広がります。それは、自分の視野が広がるということです。さまざまなものに興味を持つことにつながります。物事を注意深く観察しようとします。
 ネタをキャッチしようと、自分のアンテナを常に立てておことするため、生活に張りが出ることになるのだと思います。

■自分の可能性が広がる
 文章を書くという行為は、考える行為とイコールだと思います。日々、考える習慣がつくと、脳の活性化につながります。
 また、私のブログの内容は仕事とまったく関係がないため、仕事以外の自分を表現する場となっています。
 この時代、数年後の自分の仕事がどうなっているかは、誰にもわかりません。仕事以外で自分の興味を深く掘り下げておくことで、新たな自分の発見や可能性を見つけることができるかもしれないと思います。

■人生の記録として
 これまで、自分は何をどう考えてきたのか。数年後に、それを記憶だけを頼りに思い出すことは難しいことです。
 また、自分が調べてきたことや蓄積してきたこと、これも記憶だけで残すのは難しいと思います。
 メモしておけば、事足りるのかもしれません。しかし、メモというのは自分だけわかればいいという視点で書きがちです。数ヶ月後の自分であれば、それを見てもわかるかもしれませんが、数年後の自分はどうでしょうか。数年後の自分は他人と同じです。他人にもわかるように記録しておくことが、大切であることを考えれば、ブログの活用も意義があることだと思います。

 以上、現段階での「自分にとってのブログを書く意味」を長々と書いてきましたが、これは人によって千差万別だと思います。ただ一つ言えるのは、ブログへのモチベーションが下がったとき、ブログの更新に義務感を感じたときには、なぜ自分はブログを書くのかという意味を考えると、少し前に進めるのではないかと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【生活】iphoneのカレンダーアプリ「refills」と標準カレンダーの使い分け

 基本的に仕事のスケジュールは手帳で管理しています。一方、プライベートのスケジュールは、主に土・日ですが、iphoneのカレンダーアプリ「refills」で管理しています。

 もう一つ、スケジュール以外にカレンダーで管理しているものにリマインダーがあります。

 例えば、毎日、ライフログをiphoneで書いているのですが、忘れないように、毎日、22時頃にiphoneへポップアップされるようにカレンダーを設定しています。他には、毎週決まった曜日にしかアップされないホームページの記事をチェックするために、その日の朝にポップアップされるようにしています。これらは、iPhoneの標準カレンダーで管理しています。

 このポップアップの機能は、前述の「refills」にスケジュールを入れておけばできるのですが、このようなリマインダーの機能としては使っていません。この「refills」は、どこどこへ出かけるなどのイベントだけを管理しています。

 なぜかというと、前述のような◯◯をチェックするといったリマインダーも「refills」に入れてしまうと、肝心なイベントが見えづらくなるからです。特に月間の表示ですとスペースが狭いのでなおさらです。
よって、リマインダー的なものは、標準カレンダーのポップアップの機能を使っているのです。

 また、標準カレンダーに前述のようなリマインダーを入れるときは、Googleカレンダーと同期しないように設定しています。
というのは、同期させてしまうと「refills」がGoogleカレンダーと同期するため、リマインダー的な内容が「refills」に入ってしまうからです。

 イベントやリマインダーでもないもの、例えば、何日に◯◯をするといった期日の決まったタスクは、「Egretlist」というアプリで管理しています。
「Egretlist」は、「Evernote」のToDoリストだけを同期するアプリです。GTD(注)を活用するには使いやすいアプリとなっています。ToDoの期日も入力することができ、標準カレンダーへ反映されます。(同期ではありません)
 基本的には標準カレンダーとGoogleカレンダーを同期させ、(前述のとおりリマインダー的なものは同期させていませんが)Googleカレンダーと「refills」が同期しているため、「Egretlist」に入力したものが「refills」に反映されるわけです。

 このように、イベント系と期日のあるToDoは「refills」、リマインダー系は標準カレンダーといった具合にカレンダーを使い分けています。

(注)GTD(Getting Things Done)とは個人用のワークフローの管理手法


Refills 1.1.2(¥1,200) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

Refills 1.1.2
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,200 App
更新:2010/08/19


imagesimages



Egretlist 1.6.2(¥350) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.2 以降が必要

Egretlist 1.6.2
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥350 App
更新:2010/08/30


imagesimages



Evernote 3.3.10(無料) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

Evernote 3.3.10
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 App
更新:2010/09/25


imagesimages


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【雑記】インプットとアウトプットのバランス

 毎日、通勤電車の往復は本を読む時間にあてていました。往復で、1時間弱ですが、だいたい月4、5册くらい読んでいます。
 しかし、最近、インプット(情報を一方的に得ること)中心の生活であることに危機感を持ち、アウトプット(自分の考えを目に見える形で表現)に対するモチベーションが高まってきました。

 かとって、なかなか実行に移すことが難しいのは言うまでもありません。

 そこで、ごくたまにしか更新していなかったブログをやめ、本当に書きたい内容を自問自答しました。それで、このブログを立ち上げたのですが、仕事で忙しい毎日です。それだけではアウトプットは進みません。

 そこで、インプットとアウトプットの「インとアウトの半分化作戦」を実行しました。意識的にアウトプットの環境を作ったのです。

 「半分化作戦」とは、何のことはありません。通勤時間の半分、つまり、行きはインプット(読書)の時間、帰りはアウトプットの時間としたのです。こうすれば、インプットとアウトプットのバランスはよくなります。

 アウトプットは、具体的にはiphoneで日記やブログを書いています。これで、目標としている週1回のブログの更新も果たせるかもしれません。

 帰りの電車の中では、まず、iphoneを取り出し、作文に使っているアプリ「Awesome Note」を必ず立ち上げることにしています。とにかく意識的にアウトプットの環境を作り出すのです。
 たとえブログを書くネタがなかったとしても、最低限、日記を書くことでアウトプットの時間としています。

 この「半分化作戦」を実行して2週間くらいたちます。一日、30分くらいの短い時間ですが、iphone片手に毎日日記を書き、ブログを更新するための記事をちょこちょこ書けています。机の上でパソコンを前にしているよりも、文章がスラスラ出てくるから不思議です。
 当面、この方法でアウトプット生活を送りたいと思います。

 インプットばかりの生活でアウトプットをしたいと考えている方、ぜひお試しください。電車通勤の方に限定ですが。

Awesome Note (+Todo) 4.5.1(¥450) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

Awesome Note (+Todo) 4.5.1
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥450 App
更新:2010/08/12


imagesimages
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ