Text Expanderで文字をタグで囲む方法と呼び出しキーの工夫




Text Expanderの小ネタです。
文字をタグで囲む方法とそれを呼び出すときのキーのアイデアです。

文字をタグで囲む方法



例えば、「文字をタグで囲む方法」という文章を書いたとします。そのあと、その文字を強調したいなぁと思ったら、Text Expanderのcontentには、<strong>%clipboard</strong>と設定します。

私は呼び出すときのキーは「。ふと」としています。
太字の「ふと」です。「。」は何かというと後述します。

で、実際の操作としては、この例でいうと、強調したい文字である「文字をタグで囲む方法」をカットします。そのあと、先ほどText Expanderで設定したキー「。ふと」を入力すると、

<strong >文字をタグで囲む方法</strong>

となります。

これは、クリップボードにある文字を指定したタグで囲むという動作です。


呼び出すときのキーのつけ方



文章を書いていると、文字を書いた後に文字を強調したくなる場合と、あらかじめ次に書く文字を強調しよう、と思うときの2つのパターンがあると思います。

この場合、Text Expanderでは操作が異なります。
前者は前項でも書いたとおり、一度文字をカットし、Text Expanderで設定したキーを叩くことで、カットした文字にタグをつけて貼り付けるという挙動になります。
Text Expanderのcontentとしては<strong >%clipboard</strong>です。

一方、後者のあらかじめ次に書く文字を強調したいときは、まずText Expanderで<strong></strong>を呼び出し、そこに強調したい文字を書けばよいということになります。Text Expanderのcontentは、<strong >%|</strong>となります。

要するに、後で文字を強調する場合と、あらかじめ強調することがわかっている場合ではText Expanderで呼び出す内容が違うのです。

そこで、同じ強調という動作なのに呼び出すキーが違うと混乱するので、こういうルールにしています。

カットして貼り付ける挙動をさせる場合の呼び出しキーは、前に「。」をつける。それ以外は「、」をつける。その後のキーは同様とする。

Text Expanderの設定内容は、具体的にはこういうことです。

▼カットして貼り付ける場合の強調


▼単なる強調


おわりに



Text Expanderは、数が多くなればなるほど呼び出しキーがわからなくなります。ですので、いかに覚えやすいキーをつけるかがミソになると思います。



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

Kindleのハイライトを見やすくしたりEvernoteへ送信するには「リーダーモード」を活用するとよい

Kindleで本を読んだ後、ハイライトを活用して、ブログの記事にしたり、Evernoteに保存したり、振り返りをしたりしている方は多いと思います。

ただ、KindleのハイライトってiPhoneで見ると見づらいんですよね。Evernoteにも保存しづらいんですよね。

こんな感じ↓



リーダーモードを使うとKindleのハイライトが使いやすくなる


私はこうしています。
以前の記事(【小ネタ】iPhoneのsafariで文字を選択できないときの対処法)でも紹介した「リーダーモード」を使うのです。

▼これがiPhoneでハイライトを見た画面。矢印のとおり左上の四本線を押してリーダーモードにします。




▼リーダーモードにするとこの画面になります。文字が見やすくなりましたね。コピーもしやすいです。Evernoteへ送ったあとも見やすいです。





▼ここでEvernoteを選べば送れます。



ただ、ここでEvernoteを選んで送るとリーダーモードではなくなってしまうので、リーダーモードで全文をコピーしてEvernoteのノートに貼り付けるのが、見やすくするコツです。

こうするとEvernoteでが見やすくなります。お試しあれ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

iPhoneのGmail公式アプリがオフライン?で受信の表示がされない?ときの対処法

Gmail: Google のメール
無料
(2015.05.13時点)
posted with ポチレバ


iPhoneのGmailの公式アプリが、突然、4G回線では受信できなくなりました。というか、厳密にいうと通知センターには表示されるので受信はされていると思うのですが、アプリを起動しても通知センターに表示された受信メールが表示されないのです。ただ、Wi-Fiだと普通に受信できます。

Gmailの公式アプリを起動したとき、一瞬、オフライン、という文字が出ました。アプリがオフラインになったのか、調べればすぐにわかりそうだたな、と、軽く考えていたのですが、ネットで検索してもなかなか解決できません。

不具合の修正のアップデートでもされるかな、と思ってもなかなかありません。

そもそもiPhoneのGmail公式アプリでオフライン機能があるのかもよくわかりません。パソコンのGmailにはオフライン機能があるようですが。

困ったあげく、アプリを削除して、再度、インストールしてみました。

すると、何もなかったかのように普通に受信できました。
何だったのか。イマイチ原因もわからず、結果的に解決となりましたが、もし同じような症状になってしまった方がいましたら、いったん削除して、再度ダウンロードしてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

「SmartEver」でPDFを開けないときの公式アプへの移動の方法

最近、以前の記事で書いたとおりiPhoneアプリ「SmartEver」を愛用しています。
小学校のプリント類を家族で共用するにはEvernoteとiPhoneアプリ「SmartEver」のセットが便利な理由 -


【小ネタ】iPhoneアプリ「SmartEver」はSmartEverタグをつけたノート以外も表示できる -



ただ、最近、知ったんですが、ショックなことが。

「SmartEver」はPDFを開けないのです。

ちょっとがっかり。

でも、少し手数はかかりますが、以下の方法で、Evernoteの公式アプリに移ることができますので、それほど問題はありません。

▼下の「i」を押します。




▼するとこのページになりますので「ノートリンク」の「i」を押します。




▼こう聞いてきますので「OK」を押せばEvernote公式アプリの該当のページが開きます。




知っている方は多いと思いますが、この方法で「SmartEver」から公式アプリのノートへ簡単に移ることができます。知らなかった方はお試しあれ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

ScannableのEvernoteの特定のノートブックへの送信履歴の機能に気づき超絶便利になった

最近、便利過ぎて、毎日のようにiPhoneアプリ「Scannable」を使っています。

Evernote Scannable
無料
(2015.04.24時点)
posted with ポチレバ


以前の記事(保育園や小学校のプリントをスキャンするならiPhoneアプリ「Scannable」がオススメな理由 )に書いた子どもが小学校からもらってくるプリントのスキャンや、領収書や給料明細、雑誌の切り抜き、チラシ類など、スキャンしたいものはすべてこのアプリを使っています。



それは、なんと言っても手軽感がハンパないからです。自動で紙のサイズを認識し、自動でシャッターを押して(スキャンして)くれるんですが、そのスピードといったら全くストレスを感じさせません。

ただ、唯一、ストレスを感じていたことがあったのですが、それはこのアプリを熟知していないだけでした。

スキャンしたデータはEvernoteに送ってるんですが、送信先のノートブックって数パターンしかないので、送信したノートブックの履歴が出るといいのに!とずっと思っていました。

でも、あったんですね。気づかなかっただけで。

私と同じように気づいていない方もいるかもしれないので、やり方を共有しておきます。

ただ、厳密に言うと、Evernoteに送信したノートブックの履歴ではなく、スキャンした後のアクションの履歴なのですが、そこに送信したEvernoteのノートブックが出ます。


▼この画面がスキャンした直後の画面です。右下のレを押します。





▼その後、真ん中下のボタンを押すと、Evernoteへの送信やメール送信、共有など、いろいろアクションができます。ここで、Evernoteを押すと送信先のノートブックを選ぶ画面になります。ただ、これだとノートブックを選択しなければいけないので、いつも決まった送信先がある場合は、面倒です。




▼ここで右にフリックするのです。下の「共有」が白くなっていたのが、「最近」が白くなりました。




ここに表示されるのが、スキャンした後に最近選んだ項目ということです。Evernoteに送信していれば、その送信先のノートブックが出ます。
この例でいえば、700番台のものがEvernoteの子ども関係のノートブックです。

こうすれば、全ノートブックからいちいち送信先を選ばなくても、最近送信したノートブックを手早く選んで送信することができます。

もともとあったとは思いますが、最近、気づきました。それからは、スキャンしてEvernoteの特定のノートブックに送る流れが一段と早くできるようになりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【小ネタ】iPhoneアプリ「SmartEver」はSmartEverタグをつけたノート以外も表示できる

以前の記事(小学校のプリント類を家族で共用するにはEvernoteとiPhoneアプリ「SmartEver」のセットが便利な理由 )でiPhoneアプリ「SmartEver」を使っていると書きましたが、その「SmartEver」の小ネタです。


「SmartEver」というと、EvernoteのノートにSmartEverタグがついたものでないと、表示されない(同期されない)と思われがちですが、決してそうではありません。

SmartEver
240円
(2015.04.16時点)
posted with ポチレバ



Evernoteに保存された全てのノートを表示でき、それにSmartEverタグを付けることでき、高速で表示できるようにできるのです。
順番に見ていきましょう。

▼「SmartEver」を起動するとSmartEverタグがついたノートが表示されます。この画面の右上の虫眼鏡のアイコンを押します。





▼すると保存された検索が表示されるですが、上をよく見てください。すべてのノートブックとあります。ここを押すと…。





▼Evernoteのノートブックが表示されます。





▼試しに「010 inbox」というノートブックを選択します。





▼すると先ほどの画面になります。ここからがポイントです。ここで上の検索窓をタップします。そして、何も文字を入れず
キーボードに表示されている「検索」を押すのです。




▼すると、SmartEverタグが付いていないのにノートが表示されます。





▼そして、ノートを選ぶとこの画面になり、右下に「SmartEverに追加」というボタンがあります。これを押すと、SmartEverタグが付けられ、「SmartEver」を起動したときに表示される一覧に表示されるようになるのです。





これを知っていると「SmartEver」の使い方が広がりませんか。
Evernoteに保存したノートを見たいときは、SmartEverタグをつけたかどうかにかかわらず、動作が軽い「SmartEver」アプリを起動します。そこで、今見てきた方法で目的のノートを表示させSmartEverタグをつけておくのです。
一度見たノートというのは、また見る可能性が高いですからね。

「SmartEver」はノートの表示が速いため、Evernoteのノートを閲覧するときに強い力を発揮してくれるアプリだと、改めて思いました。


※iPhoneの画像キャプチャの時間がバラバラなのは隙間時間に書いているためです。







このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

iPhoneアプリ「価格.com」で最安値が変動した場合の通知の設定の仕方~MacBookAirが気になるから設定してみた~



先日、新しいMacBookが出たところですが、少し前からMacBookAirが気になっています。



これまで17年間Windowsユーザーで、これからも職場がWindowsのため使い続けることになりますが、iPhoneとiPad、iPad miniを持つ身としては一度Macを使ってみたいのです。

ただ、自宅には愛用のVAIOがありますのでパソコンには不便はありません。しかし、MacBookAirをモバイル機として使いたい。でも、仕事でモバイル機はあまり必要がないため、専らプライベート専用になりますが、想定はブログの執筆がメインです。

それだけで高価なMacBookAirを買うのか、この贅沢者め!と、なるわけです。といっても、買うならこれから貯めなければいけませんが、iPad miniとワイヤレスキーボードがあるから不便はないではないか!となってしまいます。

それでもMacBookAirが頭から離れません。せめて、値段だけでもチェックしようと思い、先日、リリースされたiPhoneアプリ「価格.com」を使うことにしました。最安値が更新されるたびに通知をしてくれるのです。

安くなったら買うのか、と言われればそういう決心ができたわけではありませんが、値段を眺めるだけでも、貯金の意欲が高まるので、とりあえずチェック、というわけです。

というわけで、iPhoneアプリ「価格.com」で最安値に変動があった場合に通知をしてくれる設定を紹介します。


▼まずは検索窓にキーワードを入れて希望の商品を探します。



▼次に、該当の商品のページが表示されたら右上のハートマークを押してお気に入りに登録します。




▼そして、下にあるハートマークのアイコンを押すと、お気に入りに登録された商品の一覧が表示されます。そこで、右上の設定ボタンを押します。




▼すると、この画面になるので該当の商品の「設定」のを押します。




▼いろいろ設定できるのでお好みで。






▼こうやって設定しておくと、最安値に変動があったときに通知センターに通知されるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

【小ネタ】iPhoneのsafariで文字を選択できないときの対処法

iPhoneでネットを見ていて、そのページの文字をコピーしたいときってありますよね。
ただ、私はsafariを使っているのですが、うまく文字を選択できません。
そこで、いろいろ試行錯誤していたら、簡単な方法を見つけました。

どうするかというと、

該当のページを開き、左上の四本線のアイコンを押すのです。




そうすると装飾などがなくなり、こんな雰囲気の画面になります。






リーダーモードって言うらしいんですが、これだと容易に文字を選択してコピーすることができます。


ただ、全てのページがこのリーダーモードになるわけではないようなので、あくまで困ったときの1つの方法ということでお試しください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

もう同期が遅いなんて言わせない!「Awesome Note」がEvernoteで日記を書くならオススメな理由

Evernoteを使っている方は、iPhone(iPad )アプリ「Awesome Note」を使っていた方は多いのではないでしょうか?使ってはみたもののEvernoteとの同期が遅すぎて使うのはやめた、という方が多い気がします。



私も3年くらい前まで、以前の記事に書いたように(以下参照)タスク管理やエディタなどで多用していました。
【生活】「AwesomeNote」の使い方


【生活】タスク管理のアプリを「Egrelist」から「AwesomeNote」に変更


【生活】iPhoneアプリ「Tap2Ever」は「AwesomeNote」との連携で文字化け


ブログのエディタはAwesomenoteで決まり


ただ、Evernoteとの同期が遅すぎて使うのをやめました。見た目がかっこよく、多機能というアプリだったので、使い続けたかったのですが、同期の遅さは使えるレベルではなかったのです。


もう同期が遅いなんて言わせない


最近、ひょんなことから、久々に起動してみました。(削除していたのでわざわざインストールして)

すると、どうでしょう。
Evernoteとの同期が恐ろしく速くなっているではありませんか。まさに爆速です。いつの間にやら•••。

そこで何か使い始めることに。


「Awesome Note」はEvernoteの日記管理に最適



なぜなら「Awesome Note」はカレンダーでノートを管理できます。具体的には、カレンダーで何年何月何日を選べばその日のノートをすぐに取り出せるのです。


▼こんな感じで年間カレンダーから特定の日のノートをすぐに探せます。





▼月間でも見れ、月間だとノートの名前が出ます。数字になっているのは、私が日記のノートの名称を日付にしているからです。




日記は読み返してこそ価値があります。昨年の今頃は何してただろうか?
昨年の週末はどこにいっていただろうか?
など、私はよく考えたりしますが、そのときに見返しがしやすいのです。

純正のEvernoteでも検索できないことはないのですが、「Awesome Note」の方が便利なのは間違いありません。

というわけで日記の閲覧をメインに使っています。他には日記の関連ということでこんなふうに使っています。トップページを見ていただいた方が早いでしょう。ノートブックはこんな感じにしています。




「Diary」は今見てきたとおり日記。「教訓決意反省」は、日記と重複するのともありますが、日々の生活から得た教訓や、何かの決意、今後繰り返したくない反省した内容を入れています。また、「Life log」は、日記以外の自分にまつわるログを入れています。


最後に



アプリによっては進化していきますので、使えないという烙印を押したものでも、気に入った部分があったアプリなら、今後のアップデートを期待して削除せずにiPhoneに入れておいてもいいかもしれませんね。

ちなみに、「Awesome Note」は日記の閲覧用に使っていると書きましたが、日記を書くのは別のアプリを使っています。




使っているのはこれです。




私は日記は隙間時間にちょこちょこ書くんですが、その使い方にもってこいなんですよね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

ワイヤレスキーボードは「Universal Mobile Keyboard(Microsoft)」より「リュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボード」がベスト?



3月6日に発売されたMicrosoftのUniversal Mobile Keyboard を早速買って一週間ほど使ってみましたが、不満の残る結果となってしまいました。

不満点



iPad mini2とiPhone5sで使った結果です。

○iPad miniでは、コピーやペーストのショートカット、ホームボタンが使えない。iPhoneでは使えるのに。

○iPhoneでは文字変換の動きが遅すぎて使えるレベルではない。ワイヤレスキーボードを使わないときに問題はない。また、iPad miniでワイヤレスキーボードを使っても問題ない。iPhoneで使ったときだけの問題点。

以上、不満点は2つだけで、それ以外は概ね満足しています。ただ、このの2つってけっこう致命的なんですよね。

対応



結果、金銭的には大変大変痛いですが、カフェなどでブログを書くときにワイヤレスキーボードは大変重宝するので、買い直そうか考えています。

これまで使っていた4年くらい前に買ったリュウドのキーボードが使いやすかったので、その後継機を考えています。最初からこれにしとけばよかった、と少し後悔。



これら2つのワイヤレスキーボードの比較は機会があったら記事にしようかと思います。


ちなみにもったいないけど買い直そうかと思い始めたのはこの記事の次の言葉を見て背中を押されました。

ビジネスタブレットのお供に:長文入力には欠かせない!――Bluetoothキーボードはこう選べ iOS編 (3/3) - 誠 Biz.ID




ありきたりな結論ではあるが、まず1台を懐具合に応じて買い、実際に使う。その上で、気になる機種を比較し、買い直すという道を繰り返さねば、自分にとって理想のキーボードは見つからないのかもしれない。


理想のキーボードを見つけるためにはそれなりの投資と失敗が必要なんだ、と自分に言い聞かせます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

iPhoneで撮った写真の向きをまとめて簡単に補正してくれるフリーソフト「azure automatic」が大変便利という件

iPhoneを縦向きにして撮った写真をパソコンで表示すると横向きになることってありますよね。

写真の縦横の向きを変更する面倒くささ



そんなとき、対象の画像を右クリックして右回転や左回転させて、写真の向きを整えていました。

ただ、枚数が多いと面倒くさい。
とくにウチは子どもの写真は全てiPhoneで撮って月に1回パソコンに取り込んでいますので、その数、毎月およそ400枚。それをいちいち右クリックで処理していたらイライラしてきました。画像ファイルを複数選択して右クリックして回転、ということもできますが、そうすると処理速度が遅くなり、ときにはパソコンが固まります。


写真の縦横の向きを簡単にまとめて修正する方法




これはたまらん、ということでいろいろ対策を考えたところ、便利なパソコンのソフトを見つけました。

JPEGファイル回転自動処理版 azure automaticというフリーソフトです。

これがスゴイのが劣化なしで写真(JPEGファイル)を回転できることです。しかも、ソフトを立ち上げ、そこに
対象のファイルをドラッグするだけです。




▲矢印の部分にファイルをドラッグするだけです。


400枚のファイルがあっという間に縦横が補正されます。しかも、縦横の補正の必要がないものと必要なものを混在させても、問題なく必要なものだけ補正してくれます。



さらに、保存方法として、別のフォルダに保存したり、元ファイルに上書きしたり、元ファイルを拡張子を変えて保存したりなど、保存方法を選択できます。




▲私は「上書きをして元ファイルはゴミ箱に移動」の設定をしています。


これまで、数百枚の写真を、縦横の向きの補正が必要かどうかを見て、必要なものを一つ一つ選択して、右クリックして、回転させる、しかも処理速度が遅くなったり、固まる、うわぁー!といった煩わしさがありましたが、このソフトのおかげで一気に解決しました。

向きの補正の必要かどうかは関係なしに、ファイルをまとめてドラッグするだけで、あとは自動で処理してくれるのですから。スピードもかなり早いし。ほんと楽になりました。


さいごに



iPhoneでたくさん写真を撮る方には大変おすすめのソフトです。無料ですし、使い方は簡単ですし。ぜひお試しください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

iPhoneアプリ「メモメ」の代替は素早くメールを送れる「Captio」で決まり!



自宅で、ふと、「あ、あれ、やらなきゃ」と仕事でやらなければいけない内容を思いつくことがあります。

そんなときは、iPhoneの「メモメ」というアプリを使って職場の自分宛にメールを送っていました。



このアプリは、あらかじめ登録している宛先(一つだけ)にメールを送るだけという、非常にシンプルなもので、かなり素早くメールを送ることができます。

私にとっては手放せないアプリです。ただ、不具合が起きたので、再インストールしようと思ったら、いつの間にかApp Storeから削除されていて、入手できなくなっていました。

困りました。
そこで、メモメの代替となる手早くシンプルにメールを送れるアプリを探していたのですが、なかなか見つかりませんでした。
最近、ようやくメモメの代替としては満足いくアプリを見つけました。
「Captio」というメモメ以上に満足いくアプリです。
どんなアプリなのか簡単に紹介します。




Captioの起動画面





▲起動させるとこの画面になります。





▲送りたい内容を書いたら右上のsendを押すだけ。それで送信完了です。簡単ですね。手早いですね。




▲写真も添付できます。右下のボタンを押すとカメラマークと四角いマークが出てきます。カメラマークはカメラが起動し、四角いマークはカメラロールから写真を選択できます。




▲ちなみに左上のボタンを押すと送信履歴が見れます。


Captioの設定



次に設定を見てみましょう。




▲設定は送りたい先のアドレスを入力するだけで終わりです。簡単ですね。




▲他には、一行目を本文に含めるか、など設定ができます。お好みで。



さいごに



メモメと同等、いや、写真の添付などそれ以上の使い勝手のよいアプリです。
メモメの代替を探している方は絶対に満足できるアプリだと思います!



このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

携帯の連絡先のバックアップ先はパソコンで大丈夫?~「連絡先バックアップ」アプリの安心さ~


先日、iPhoneで電話をかけようとしたら、連絡先のデータが全くなく、目が点になりました。

「えっ?」という感じです。データが全くないのです。まさかそんなことはないでしょう、と電話アプリを起動し直しますが、やはりデータがない。

ここで初めて焦りました。データがないこともそうですが、今、電話をしなければいけないのです。

データなら、パソコンと同期させれば復旧できるかもしれませんが、今電話をしなければいけない、という状況は解決されません。

焦りに焦ったあげく、思い出しました。
定期的に連絡先をバックアップするアプリでバックアップしていたのです。




これで難なく復旧できました。しかも、1分もかかりません。数秒です。
助かった、の一言です。
ここで初めて、このアプリの偉大さに気づきました。

それは、。パソコンがなくてもバックアップと復旧ができること。
そして、バックアップも復旧も数秒でできてしまうこと。(連絡先に画像を入れていないからということもありますが)
さらに、定期的にバックアップしないと、通知で知らせてくれること。

ホントこのアプリを使っていてよかった、と心から思った瞬間でした。
特に連絡先のデータというのは、出先で必要なことがほとんどです。そのデータのバックアップ先は、自宅のパソコンよりもアプリという方がいいかもしれません。
さらに、このアプリでバックアップしつつもDropboxにも同時にバックアップしてくれるのも安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

気になる日記アプリ「100年日記」


2010年8月から毎日日記を書いています。かれこれ約4年です。

基本はiPhoneで書いてEvernoteで保存しています。これまで、使うアプリの変遷はありましたが、今はATOK Padで書いてEvernoteに同期させています。


気になる日記アプリ



ATOK Padは使いやすいので、よっぽどのことがない限り変えることはないだろうな、と思っていました。しかし、以前から気になっていた「100年日記」というアプリがEvernoteと同期できるようになったようで、それからというもの気になってしょうがありません。




このアプリは、同じ日の各年(例えば、1月1日の今年、昨年、一昨年•••)が表示できるので、昨年の今日って何をしてたっけ?と思ったときにすぐに振り返りできるのです。そこが惹かれます。たくさん日記があればあるほど価値を感じるので、書くモチベーションもあがります。日記を有効に活用できそうな気にもさせてくれます。


100年日記を使い始めるにあたっての懸念




大変気になるアプリなのですが、2つの懸念があります。

1つはEvernoteと同期するときの条件です。
QAにはこうあります。
よくある質問 - NZW31がお届けするiPhoneアプリ

Q:MacやPCからEvernote経由で日記を入力して同期するには?

A:【Evernote上で日記を入力して、100年日記と同期するための条件】
・100YearDiarySyncノートブック内に1日分を1つのノートとして日記を入力して下さい。※文字の装飾等には対応しません。
・必ずノートのタイトルを、年/月/日(YYYY/MM/DD)形式の日付にして下さい。例) 1984/01/01
・タグおよび写真はそれぞれ3個までです。


2つめの日付の形式がネックです。というのは、これまでEvernoteに書きためている日記は、全てがこの形式になっているわけではないのです。同期させたかったら、日付の形式を直さなくてはいけません。かなりの数があるので、相当骨が折れそうです。これまでの日記を同期させないという判断もありますが、過去の比較をしたいからこのアプリを使いたいという思いから考えると、それは有り得ないです。

もう1つはATOK Padに慣れており、Evernoteとの同期をたまに失敗すること以外大きな不満はないのに、新しいアプリに変えるのは少し面倒くささもあることです。


さいごに



使い始めるとなると、過去の書きためたEvernoteにある日記データを同期させることになりますが、前述のようにかなり面倒くさい作業になりそうです。

とくに、万が一膨大な日記データの日付の形式を修正したのに、同期がうまくできない、なんてことになったらシャレになりません。

なかなか踏み切るには迷うところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

ATOKpad とAutoEverの併用が大変便利


iPhoneアプリ「ATOK pad」と「AutoEver」の併用は大変便利です。今回は、その便利っぷりを、少し紹介できたらと思います。
ただ、ATOK padをEvernoteと同期させているのが前提です。



ATOK Pad
1,300円
(2014.04.16時点)
posted with ポチレバ






ATOK padの用途



まず、ATOK padは何に使っているかというと、主に

•ブログの下書き(毎日)
•日記(毎日)
•ブログのネタのストック(随時)
•よく見る備忘録(随時)

として使っています。

備忘録以外は、書いてしまえば、それ以降、それほど使う頻度は少ないので、ATOK padからEvernoteの他のノートブックに移動させています。ATOK padはなるべく軽くしておきたい(軽い方が動作が速いのかは不明ですが•••)のと、文章を書き中という作業中のものと、よく閲覧するノートしか置きたくないのです。


AutoEverの具体的な運用




そのノートブックを移動させるときが、AutoEverの出番です。

AutoEverは、あらかじめ、移動させたい対象のノートブックを設定しておき、その中の条件(例えば、こういうタグがついているノートという条件)に一致したノートを、あらかじめ設定したノートブックに移動できるアプリです。

いちいち、手動で移動させるのは大変手間なので、このAutoEverを使って移動を自動化しているのです。

具体的には、先の例で言えば、日記のノートには、diaryというタグをつけているため、AutoEverに「ATOK」ノートブックの中のdiaryというタグがついているノートをEvernoteの「lifelog」ノートブックに移動、という設定をしています。


AutoEverは、週に1回起動させているので、ATOKには少なくとも1週間分のデータしかたまりません。こうすることで、なるべくATOKには、今まさに作業中のノートか、よく閲覧するメモしか置いていません。

この自動でノートを移動させることができる、というのはATOKpadを使う上では大変便利です。

日記やブログで毎日ATOKpadを使うので、日々のメモや文章は、ほとんどATOKpadを使います。そのままにしておくと、どんどんATOKpadにデータがたまりますので、この自動化は欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ