自分の好きなサッカーを息子も楽しんでやっている、ただそれだけで満足しなければいけない

先日、6歳の息子が初めてサッカーの大会に出場した。
息子がボールを追いかける姿を見て思った。

親の好きなことを子どもも好きになってくれるだけで十分



もうこれで十分だと思わなきゃな。自分の好きなサッカーを息子も楽しんでやってくれている。もうそれだけで幸せなのに、大会にも出てその雰囲気を味わせてもらっている。ホント幸せ。

だから、息子のプレイがどうこう、という見方になってはいけない。贅沢極まりないというものだ。

子どもの環境は親が整える



思えば、2014年10月に地元の自治体のようなところがやっているスポーツ教室の中にサッカーがあったので、息子に勧めて申し込んだ。月2回の土曜日というのも通いやすくてよかった。

ただ、実際通い始めると、開始時間になっても始まらいルーズさや、練習の合間の待ち時間の多さ、その日の最後にする試合では20分くらい待たなければいけないこと、コーチの言葉が幼児では理解できない内容が多いことなど、息子にサッカーをやらせる環境としては、私が納得できなかった。

環境の大切さを実感



結局、悩んだ末、5ヶ月後の2015年3月に民間が運営するサッカー教室に入会した。毎週土曜日なので、家族でのレジャーが減ってしまった。しかし、約3ヶ月が経つが、教室を変わって本当によかったと思っている。息子は「早く土曜日にならないかな」とサッカー教室を毎週楽しみにしているし、幼児に対するコーチの指導も上手い。

自分の好きなサッカーを息子も楽しんでやっている、ただそれだけで満足しなければいけない



自分の好きなサッカーを息子もやってくれている。ただ、それだけで満足しなければいけない。サッカーのプレイがどうの、サッカーに対する姿勢がどうの、サッカー教室に楽しく通ってサッカーをしてくれている、それ以上を求めるのは贅沢というものだ。それを常に肝に銘じなければいかない、と思った。

おわりに



ただ、ただ、やはり上手でないと、いずれ楽しくなくなる、というのも一つの真実だと思う。経験上、サッカーチームでは、上手下手で主従関係に似た関係ができあがってしまうのも真実だと思う。

そういうことが頭にあるので、息子のプレイにはモノを言いたくなってしまうのだ。

この葛藤はなかなかツライ。が、結局は、タイトルのとおりなのだ。

自分の好きなサッカーを息子も楽しんでやっている、ただそれだけで満足しなければいけない。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

6歳と1歳の子どもが楽しめるゴールデンウィークの過ごし方やレジャー先を考える

この時期、子どものいる親御さんはゴールデンウィークの計画を立てるのが、毎年の恒例行事ではないでしょうか。大型旅行ですと、もう少し早く計画を立てているかもしれません。

ウチは、ゴールデンウィークは宿泊の伴う旅行はしませんので、この時期、いろいろ計画を立て始めます。

毎年、思うのですが、いかに混雑を避け、子どもが楽しめる場所に行くか、というのがポイントですが、なかなか難しいです。

しかも、今年は1歳になったばかりの娘がいるため、遠出は控えたほうがよさそうです。行けないことはないかもしれませんが、遠出をすると親の体力がもちそうもありません•••。

近場で6歳の息子が楽しめて、1歳の長女も退屈しないところ。

難しい。

難しい、と思い、長男が小さい頃はどこに行ってたっけ、と思い、過去のゴールデンウィークの過ごし方を日記から調べてみました。


過去のゴールデンウィークの過ごし方




■2014年 長男5歳 長女0歳(生まれたばかり)
・隣町のおもちゃ屋が主催するシャボン玉パーティーに参加する
・長男の子どもの日のプレゼントとして、長男と二人でイオンへ行き、プレーンズのおもちゃ買う
・長女が生まれたばかりのため、里帰りしている妻の実家へ行く

■2013年 長男4歳
・長男の子どもの日のプレゼントとして、長男と二人でイオンへ行き、TOY STORYのおもちゃ ウッディとバズを買う
・静岡県の「グリンピア牧之原「お茶の郷」に行き、お茶摘み体験をする。




■2012年 長男3歳
・静岡県の「グリンピア牧之原「お茶の郷」に行き、お茶摘み体験をし、その後「大井川鉄道」を見に行く。





・私の実家の近くの寺院で開催されている「藤まつり」に行く
・長男と二人でイオンに行き、無料のスーパーボールすくいをする
ロフト(LoFt)に買い物に行く


・京都の宇治に行き、散策し、抹茶スイーツを食べる


■2011年 長男2歳
・長男と二人で近所の公園に行く
・長男と二人でイオンに行き、無料のスーパーボールすくいをする
・私の実家に行き、その帰り道、ロフト(LoFt)に買い物に行く


・長男と二人で都心に買い物に行く


■2010年 長男1歳
・初めて自転車の後ろに乗せ、近所の公園に行く


■2009年 長男0歳8ヶ月
・実家の親が来る
・近所の公園の池の周りをベビーカーで散歩
・初節句の写真を写真館に撮りに行く


おわりに


うーん。その時その時、工夫をしながら楽しめるようにいろいろ考えていたな、と思い返されます。
さて、さて、今年はどこに行こうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

卒園式の3つの感謝

今日は長男が5年間通った保育園の卒園式。

担任の先生をはじめ保育園の職員の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!

そして、長男の友だちにも感謝です。お互い育ち合いみんな立派になりました。
ありがとう!

最後に妻に。長男が、ここまで素直で純粋な子どもに育ってくれたのは、妻のおかげです。
ありがとう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子育てに関する有益な情報を得たいならこのブログがオススメ

毎日チェックしているブログがいくつかあるのですが、そこに1つ加えることにしました。

このブログです↓

子育ての本をたくさん読む!ブログ



様々な子育て本に書かれている有益な情報が、簡潔にまとめられており、毎日、更新されているブログです。
1記事につき1つの内容で、最初に概要、その後ろに本の引用からの詳細が記載されており、大変わかりやすく、見やすいです。

6歳と0歳の子どもを持つ私としては参考になります。それに、私も子育て本はけっこう読んで、記事にしてきましたし(以下参照)、これからもたくさん読もうと思っているでよい刺激になります。

子育て本(育児書)の書評・読書メモのまとめ(2012年12月末)


子育て本の書評•読者メモのまとめ(2014年10月末)




これから、毎日、拝読させていただきます!



ちなみに気になるブログの更新は、このアプリで毎日チェックしています。

Sylfeed
200円
(2015.03.04時点)
posted with ポチレバ

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子どもの成長を見てうれしい思いと寂しい思いが共存した出来事

先日、とある公園で開催された雪祭りに6歳の息子と行きました。雪で作られたスライダー(雪の滑り台)が目当てです。

スライダーのあるスペースに入るには入場料がかかります。

息子に「一人で行ける?」と聞くと「一人で大丈夫」と言います。

昨年来たときは「怖いからやらない」と言っていた息子からするとかなりの進歩です。

でも少し不安でした。というのは、息子は怖がりなのでスライダーの上まで行って「怖い」と言って滑れないのではないか。

スライダーは10レーンくらいあって大きな子もいて混み合っているので、順番に並んで滑れるか。


入場料を払って滑れないともったいないので、親も付き添った方がよいか、という貧乏くさい考えも頭をよぎります。さらに、 親が付き添って息子が何の問題なくひとりで滑れたら親の入場料がもったいない、という情けないくらい貧乏くさい思いも出てきます。

結局、妻と相談した結果、息子の言葉を信じてひとりで行かせ、少し離れたところから見守ることにしました。

すると、たくさんの子どもや付き添いの親でごったがえす中、係の人の指示に従い、物怖じした様子もなく、 列にしっかり並んでいます。そして、怖がった様子もなく1人で滑ることができました。
滑った後、次に滑ってくる子とぶつかっていましたが、泣かずに、また並び始め、楽しんで滑っていました。

その姿を見て、 息子の成長を感じて自然と涙が出てきました。
「子どもの自立には、失敗してもいいから一人でやらせ、親は見守ることが大切」というのは頭ではわかっているのですが、つい心配して付き添い、危うく息子の自立する機会を奪うところでした。反省です。

こんなことは普通の6歳の子からしたら当たり前のことかもしれません。
でも、これまでの息子からしたらすごい成長なんです。
4月で小学生になりますが、少し自信がついたんじゃないかなと思います。

こういった成長した姿をみると、親としては大変うれしく思う反面、だんだんと親の手から離れていくんだなと、寂しい気持も湧いてきます。勝手ですね。
子どもが成長するにつれ親も子離れできるよう成長していかなければいけませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

小学校の英語の授業はどうなるのか?&小学校の授業の今とむかし


ベネッセのこどもちゃれんじじゃんぷの親向けの冊子「こどもちゃれんじじゃんぷ通信臨時増刊号」に、小学校1年生を迎えるにあたり、参考になる内容がありましたので、Pointをメモしておきます。

英語の授業はどうなるの?



●英語授業は4年生から必修
2015年度入学の新1年生は4年生から必修となる

□2014年度現在
・5年生から必修。
・英語は、教科ではなく「外国語活動」

□2018年度以降
・3年生、4年生・・・外国語活動として必修(週1~2回)
・5年生、6年生・・・教科として(週2~3回)

小学校の授業の今とむかし



親世代である30年前と比較するとどこが違うのでしょうか?

●1,2年生は「生活科」。「理科」と「社会」は3年生から。

●授業時間数は30年前と同じ。
土曜日が休みのため1日の平均授業時間数は親世代よりも増えている。
宿題の量は増えている。

●知識をただ覚えるだけではなく、その知識を生活の中で活用する力が求められる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

乳幼児のいる家族にオススメなホテル「リゾナーレ」


先日、1泊2日で静岡県の星野リゾート リゾナーレ熱海に行ってきました。
0歳6ヵ月の娘のハーフバースディも兼ねて、6歳の息子と妻の4人での家族旅行です。

星野リゾートのリゾナーレは、国内に4ヶ所あり、今回、3ヶ所目の利用となりました。

このリゾナーレ、何がよいかというと、ファミリー、とりわけ乳幼児がいる家族にとって大変利用しやすいのです。

例えば、今回のリゾナーレ熱海では、部屋にベビーベッド、オムツのゴミ箱や、おしりふき、ほ乳瓶の消毒器、赤ちゃん用のおもちゃなどなどがあり、0歳を連れて行った我が家としては大変ありがたかったです。また、ウチは利用していませんが離乳食のサービスもあります。

乳児だけではありません。幼児にもうれしいサービスがたくさんあります。

アクテビィティと呼ばれる幼児が楽しめる企画が盛りだくさんなのです。

ウチは、海上釣り堀の釣り体験、プール、森の空中基地で森を満喫、ハロウィンの貸し衣装の利用、ホテル内のスタンプラリーなどで楽しみました。息子は大満足です。

リゾナーレ熱海だけでなく、他のリゾナーレも同じようにたくさんのアクテビィティがあります。ホテル全体がひとつのテーマパークのようなイメージなのです。

ウチは、今回の熱海の他には、リゾナーレ八ヶ岳、リゾナーレトマムを利用したことがありますが、どこも大変満足できるホテルでした。

来年には、リゾナーレ小浜島へ行き、沖縄デビューをしたいと思っています。

乳幼児のいるご家庭には、ぜひ旅行の選択肢のひとつに入れてみてはどうかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

息子の6歳の誕生日


今日は息子の6歳の誕生日ということで、有給をとってお祝いです。

プレゼントはというと、今、話題のこれ。




3週間くらい前に近所のイオンで抽選にあたり購入しました。

タイミング的に誕生日よりプレゼントの方が早くなってしまいました。ということで、誕生日当日に渡すプレゼントはありません。


ここまで元気に育ってくれてありがとう!そして、5年間、たくさんの幸せをありがとう!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

「KID-O-KID(キドキド)」のボールネンドストアオープン

このブログの記事でAmazonにボールネンドストアがオープンしたことを知りました。

[N] Amazon「ボーネルンドストア」オープン



ボールネンドとは、「あそぶことは生きること」をキャッチフレーズに知育玩具や育児用具などの輸入、開発、販売を手がける日本の玩具会社です。子どものあそびの「道具」としてふさわしいものだけを世界中から厳選しているほか、本物にこだわったオリジナルの商品(積み木、木琴など)も開発しています。
ちなみに「ボーネルンド」の名称は、デンマーク語の「børne(子ども)」と「lund(森)」から付けられているそうです。

ボーネルンド - Wikipedia参照。


ウチはボールネンドの玩具を買ったことはありませんが、子どもが親子で遊ぶ機会を増やそうと、ボーネルンドがプロデュースした屋内施設「KID-O-KID(キドキド)」に雨の日はよく行っています。

その関係もあり、ボールネンドストアがAmazonにオープンしたことをきっかけに玩具についても、いろいろ物色してみようと思います。


屋内施設「KID-O-KID(キドキド)」については、公式サイトを参照してください。
キドキド(KID-O-KID)- 雨の日も親子で楽しめる室内遊び場 by ボーネルンド -
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

ワールドカップ ブラジル大会の開幕戦を5歳の息子と見る

今日(日本時間)からワールドカップが開幕しました。
朝5時からのテレビ放映でしたが、息子は6時に起きてきたため、後半を一緒に見ました。念願だった息子とのワールドカップ観戦を果たせてよかったです。
次は6月15日(日)10時からの日本対コートジボワールを一緒に見れるとよいのですが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子どもを親が守らずして誰が守る


平成26年6月2日の中日新聞の朝刊のコラム中日新聞:中日春秋:コラム(CHUNICHI Web)を読んで、改めて「子どもを親が守らずして誰が守るんだ!」という想いを強く持ちました。


コラムは先日の神奈川県厚木市の5歳の男の子がネグレクトによって死亡した事件を内容としたものですが、同じ年の子どもを持つ親として大変印象深い内容だったので、全文を引用します。


 「衰弱死」とは恐ろしい言葉だが、それでさえ持って回った言い方でそれはやはり「餓死」なのだ。神奈川県厚木市のアパートで五歳の男の子の遺体が発見された。父親に放置された。食事も与えられなかった。部屋に閉じ込められていた
▼想像する。そのひもじさ、のどの渇き。戦争中でも、飢饉(ききん)でもない。豊かで安全と胸を張る日本で子どもがおなかを空(す)かせて死んでいく
▼父親は供述する。「二〇〇六年秋ごろに家に戻ると子どもが死んでいた」。いつ息絶えたのかも分からない。独りぼっち。散乱し恐らくは真っ暗だった部屋の中で五歳の子が呼吸をやめる
▼孤独は骸(むくろ)になっても続く。発見されるまで七年半。この子の声は生きている時も、生きていない時も、誰にも届かない
▼親や行政の不手際を責めるのはたやすいが、五歳の子ども一人さえ救えぬ世の中をつくり、看過してきたのが日本人であるならば、この子の死に日本人全員が痛みを覚え、腕組みをして「この国はおかしい」と考えるべきではないのか
▼「いるはずなのに、いない子ども」がまだ七百余人いる。捜さねばならない。「たがいの命を大事にしない思想など、思想と呼ぶには価(あた)いしません」(井上ひさしさん作『組曲虐殺』)。「思想」を「国」に置き換え考える。見つけなければならぬ七百余人はわれわれ自身である。日本という国そのものである。



5歳の子どもの状況を想像するだけで涙が出てきます。そして、改めて強く思います。子どもを守るのは親だ、と。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

今年の4月に生まれた第2子は子育て臨時特例給付金の対象外たった


「子育て世帯臨時特例給付金」をご存知でしょうか。

簡単にいうと、消費税率が8%へ引き上げられたことによる子育て世帯への影響を緩和しようというもので、子ども1人あたり1万円支給されるものです。

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

子育て世帯臨時特例給付金 |厚生労働省

この4月に第2子が生まれたので、2人分いただけるんだ、と思っておりましたが、そうではありませんでした。

基準日というものがあり、厚生労働省のホームページには、『基準日(平成26年1月1日)における平成26年1月分の児童手当(特例給付を含む。)の受給者であって、その平成25年の所得が児童手当の所得制限額に満たない方を基本とします。』とあります。

もう1つ注意しなければいけないのは、申請主義であること。
お住まいの自治体に申請しなければいけません。

私の住む市では、6月頃に手続きなどについて広報すると言っていましたが、時期は自治体により異なるようです。
お住まいの自治体の広報誌やホームページを随時チェックした方がよいでしょうね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

子どもに小遣いをあげない方がよいのか?


なんの疑問も持っていなかった小遣い制。今、息子は5歳なので、小学生になったら小遣いをあげようか、と思っていたときに、この記事を見つけ少し考えてみた方がよさそうだなと思いました。

実は間違ってる!? 「小遣い制」が子どもをダメにする危険WooRis(ウーリス)




まずは、この本を読んでから自分なりの考えを固めたいと思います。
そのときは、記事にしたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

大人の「特別なレジャー」は子どもにとって特別じゃない、という悲しさ


今5歳の息子が3歳のときと4歳のとき、ディズニーリゾートへ2泊3日で遊びに行きました。まだ小さいということもあり、近くの関連ホテルに泊まりました。親としては、結構な出費で年に1回あるかないかの「特別な旅行」という位置づけです。

3歳のときは特別な旅行になりました。息子は大はしゃぎで、楽しんでいるのがありありと伝わってきました。満面な笑顔ではしゃぐ様子を見ていると、「あ~来てよかった。幸せだ。結構かかったけど思い切って出費してよかった。」と夫婦で幸せをかみしめていました。

しかし、4歳のときはそうもいきません。
4歳になると怖いという感情が出てきました。乗り物が怖いと言い、ほとんど乗りません。雰囲気だけでも楽しめればと思ったのですが、光を発しているようなスペースや賑やかな場所は怖いと言って近づけません。しかも、イヤイヤ期ということもあり、妻とケンカすることも。さらに、あげくの果ては帰りたい、という始末。2日目が雨だったということもあり、ほとんどホテルで過ごした、という涙がでそうな、ある意味特別な旅行となってしまいました。

そんな悲しい経験をしている身としては、次のブログの記事は痛く共感しました。

「ちょうどいい」は難しい ~子ども向けイベントと遊び施設~ : MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-




記事では「有料の失敗はがっくり度倍増」とありますが、まさにそのとおりです。お財布に痛い、とか、せっかく来たのに~、と言いたくなるのは私だけではなさそうです。
さらに「大人的な「特別」は子供にはない」というのは、身にしみて痛感。

記事にある以下の言葉は、ウンウンと力を込めて頷けます。
『「せっかく来たんだから……」という気合いで空回りするのは大人の方。子どもが「特別さ」を感じていない様子でも、まぁ、気にしないことだ。それはきっと失敗じゃない……と思いたい。』


冷静に考えれば、大人が勝手に特別な旅行として盛り上がっているだけなのかもしれません。それはわかっているのですが、「せっかく来たのに•••」と漏らしてしまう自分が悲しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

鬼は内

昨日の節分は豆まきしましたか?

ウチは、一昨日の日曜日に5歳の息子としました。当然?鬼は父親である私の役目なので、息子が作ったお面をかぶります。
そして、「鬼は外、福は内」。

このお決まりのフレーズ、逆の言い方もあるそうな。

岐阜県美濃加茂市にある臨済宗のあるお寺でのかけ声は「鬼は内、福は外」だそうです。
理由は、厄災が他の家に及ばないよう自分の家で引き受ける。福は自分の家には望まない。その分、他の家にいけばよい。
だから、「鬼は内、福は外」というのです。

なんとも頭の下がる話です。この利他の精神、少しは自分も見習いたい、と思った節分でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ